MMA
ニュース

【RIZIN】リオ五輪レスリング銀メダリストの太田忍が大晦日参戦、デビュー戦の相手は所英男

2020/11/21 19:11
 2020年11月21日(土)大阪城ホールにて開催された『Yogibo presents RIZIN.25』で、2016年リオ五輪レスリング男子グレコローマン59kg級銀メダリスト、太田忍(26歳)のMMA転向&大晦日参戦が正式発表された。  太田は素早い身のこなしから“忍者レスラー”と呼ばれ、2016年リオ五輪ではグレコローマンスタイルで2000年シドニー五輪の永田克彦以来の銀メダルを獲得。2019年の世界選手権では63kg級で優勝したが、67kg級で出場した全日本選手権で人生初の初戦負けを喫し、東京五輪の代表を逃していた。  そしてそのデビュー戦の相手は、RIZINには3年半ぶりの参戦となる所英男(リバーサルジム所プラス)に決定。 大阪のリングに登場した太田は「始めまして、レスリング界から来ました太田忍です。大晦日RIZINで所選手と対戦することを聞いた時は、正直驚きました。というのは、ずっと小さい頃から戦いを見てきた、自分自身本当に好きな選手だったので戸惑いもありましたけれど、試合となると別なので勝てる準備をしていきたいと思います。最近総合格闘技を練習していて、いろいろな人とやらせてもらって、総合で勝つのは難しいと本当に感じているので、少し不安はありますがしっかり準備して負けるつもりはないので、大晦日の試合で勝って次につなげたいと思います」と挨拶。  同じくリング上に登場した所は「RIZINファンの皆様、大阪のファンの皆様、ご無沙汰しています。所英男です。自分はアスリートに凄く憧れがありまして、ここへきてレスリングの、しかもメダリストの太田さんと試合をさせていただくのは光栄です。ありがとうございます。太田さんが格闘技を続けてくれればRIZIN、日本の格闘技を引っ張ってくれる選手になってくれると思います。そんな太田さんのデビュー戦を戦わせていただくのは凄く光栄です。年末、元気の伝わる試合を太田さんとしたいと思います。ぜひ応援よろしくお願いします」と語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事