SirikaSirika
MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉未来、UFC挑戦も「できるならしたい気持ちはあります」vs世界用に空手の技も

2020/11/11 13:11
【RIZIN】朝倉未来、UFC挑戦も「できるならしたい気持ちはあります」vs世界用に空手の技も

まずはRIZINのタイトルを獲得することが先決だが、いずれは海外に挑みたいとの気持ちも明かした朝倉

 2020年11月21日(土)大阪城ホール『RIZIN.25』で、RIZINフェザー級(66.0kg)王座決定戦(5分3R ヒジあり)を修斗世界フェザー級王者・斎藤裕(パラエストラ小岩)と争う朝倉未来(トライフォース赤坂)が、11日(水)都内所属ジムにて公開練習を行った。


「2月から、4月も8月も9月も全部試合に出ようとしていたので、タイミングが合わず試合はなかったんですが、タイトルマッチとかはどうでもよくて純粋に俺の強さを証明したいって感じで。ずっと追い込んでいるので2月から凄い強くなっているんですよ。その強さを証明できる機会がなかったので、ようやく試合ができるなって感じですね」と、2月の試合からさらに強くなった自分を試したいと朝倉。

 その強くなった要素とは何なのかと問われると「レスリング力が上がったことと、打撃もYouTubeでK-1のチャンピオンたちとコラボをさせていただいて、だいぶレベルが上がりました。総合の選手とやっていて気づかない場所とか境地に達した部分がある。それは(MMAを)超えた部分ですね」と、レスリングと打撃だとした。


 打撃勝負でそれを見せたいのかと聞かれると、「それを魅せられたらいいなって感じです。寝技の展開になるかもしれないし、相手がタックルに来て俺が取り返して寝技で極めるかもしれないし。試合展開は相手に合わせるしかないので、絶対に打撃でやろうとは思ってないですけれど」と、打撃にこだわらず臨機応変に戦いたいとする。

 公開練習では後ろ蹴りも見せ、「いろいろな技を取り入れているので頭の中には入っているんですね。空手の世界チャンピオンの足技とか掛け蹴りとか練習では使っているので、機会があればこれから出していきたいなって思っています」と、YouTubeでの格闘家とのコラボで学んだ技も頭の中に入っているという。


 その中でも朝倉が注目しているのは“空手”の技のようだ。「vs世界に対して空手って日本のものじゃないですか。その動きに対応できないのかなっていうのがあって。そういうものを取り入れたら日本らしく強い選手なのかなと思って取り入れました」と、vs世界用に有効ではないかと話した。

 また、ケージを設置するジムが作られることも明らかになっており、弟・海と共に世界を見据えてさらに上を目指していくのかとの質問には「弟がアウトサイダーの時もそうですが、UFCでチャンピオンになれるって自分を信じているので。俺もUFCの試合を見ていても、マックス・ホロウェイの試合を見ていてもぶっちゃけ戦いたいと思うんですよ。シンプルに。そんなに差があるとは思えない。そういう夢を追うのもありかなと思っています。RIZINとの契約があるので簡単には言えませんが、挑戦できるならしたい気持ちはあります」と、UFCに挑戦したい気持ちもあると明かした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事