MMA
インタビュー

【DEEP】元谷友貴と対戦する7連勝・米山千隼「僕の日になる」=11月1日(日)18時生配信

2020/11/01 17:11
 2020年11月1日(日)、DEEPが東京竹芝・ニューピアホールで昼夜2大会を開催。  昼大会(12時開始)の「DEEP 98 IMPACT」のメインは、ウェルター級で阿部大治(フリー)が悠太(ALLIANCE)に1R TKO勝ち。夜大会の「DEEP 99 IMPACT」メインでは、バンタム級で元谷友貴(フリー)と米山千隼(マルワジム横浜)が対戦する。大会は「SPWN」にてライブPPVで配信される。  DEEPバンタム級&フライ級王者の元谷友貴と対戦する24歳の米山千隼は現在7連勝中。  2016年11月に「Zst54/Swat! 157」でデビュー後、GRACHANで坂巻魁斗、中村謙作に判定勝利するなどMMA9勝1敗1分(※2017年8月に清水俊裕に判定負け)。2018年12月から主戦場をPANCRASEに移し、後藤丈治、JOEY BOY相手にいずれもTKO勝ち。前戦2019年10月にDEEPに初参戦し、王座挑戦経験のある石司晃一を首相撲からのヒザ蹴り連打で1R TKOに下している。  当初は、5月6日『DEEP 95 IMPACT』で高野優樹と対戦予定だったが、新型コロナウイルスの影響で大会が中止となり、約1年ぶりの試合で、元谷との対戦が決定した。  石塚戦後、ケージの中で、「UFCに行くつもりです。次も石司選手のようなヒリヒリする強い選手とやりたいです。ぜひ厳しい相手を待ってます」と語っていた米山にとって、元王者との対戦は待望の一戦となる。 ──元谷選手は米山選手にとってどんな存在でしょうか。 「元谷選手はいままで厳しい試合を経験してきている選手で、間違いなく積み重ねてきた実績があり、たしかな強さがある選手だと思うんですけど、僕が今までやってきた格闘技に対する取り組みの密度は負けてないと自分では思っています。さらに言えば、この試合に賭けている気持ちと、この先に向かって賭けている気持ちは、僕の方が間違いなく上だと思っています。なので、試合の日は僕の日になると思います」 ──計量のフェイスオフで向き合いました。身長差を感じましたが、実際に対峙していかがでしたか。 「もともと情報で身長は分かっていたので、練習もそういう想定でやってきました。向き合って何かが変わるということは無いです」──5月は一度、高野優樹戦が決まっていながら新型コロナウイルスの影響で大会が中止に。昨年10月に石司晃一選手に跳びヒザ蹴りで1R TKO勝ちして以来、約1年ぶりの試合となります。 「やっぱりずっと……何度か発表されている以外の試合もあったんですけど、試合が無くなってということを何度か繰り返していて、100パーセントを常に維持できたかと言えば、多少の上がり下がりはあったとしても、格闘技に対する向き合い方、練習への対応は何も変わってないので、最後にこうして元谷選手という相手と試合、という話をいただけたのは素直にありがたいなと思っています」 ──元谷選手は相手の構えによって、左右どちらでも構えを変えて戦えます。対策練習もされてきたのでしょうか。 「古い試合からチームで全部見て、ここ最近の試合の試合も見ています。オーソドックス構えの扇久保選手との試合では常にサウスポー構えで戦っていたのも見ています。それへの対策もしましたし、僕が元谷選手だったら、長身の選手に何をするか、ということもチームで話合いながら考えてきたつもりです」 ──MMA25勝8敗、現在2連勝の元谷友貴選手をどのようにとらえていますか。 「技術面で言えば何でもできる選手で、ひとつ……試合前なので細かくは言えませんが、ここは明確に弱いんじゃないかなという部分は僕の中であります。気持ちの面で言えば……おそらくわざわざ気持ちを作る必要もなく、もともと備わっている力で最後まで戦い切れる、勝負にこだわれる選手だと思うので、僕が作ってきたものがそこを越えられているか、が勝負の別れ目だと思っています」 ──年末、大晦日も視野に入れる元谷選手と、海外を経てUFCを目指す米山選手とでは目指すところが異なります。どんな試合でこれからに繋げたいですか。 「僕にとってはフィニッシュして勝って、明らかなはっきりとした結果が欲しい試合で、僕は年内とかそういう……僕と元谷選手は見ている場所が違うので、そういう意味でも負けた方が全部、無くなる、奪われる試合ですし、勝った方が次に行ける試合なので、しっかり元谷選手と向き合って、しっかりフィニッシュして勝ちたいと思います」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事