キックボクシング
ニュース

【REBELS】“若き暴君”龍聖が聖域王者・光太郎ZLSと対戦「KO以外求められていないし、倒して勝つだけ」

2020/10/26 23:10
【REBELS】“若き暴君”龍聖が聖域王者・光太郎ZLSと対戦「KO以外求められていないし、倒して勝つだけ」

対戦相手の光太郎のパネルをわざと逆さまに持つ龍聖。まさに若き暴君

 2020年12月6日(日)東京・後楽園ホール『REBELS.69』の記者会見が、10月26日(月)都内にて行われ対戦カードが発表された。この日は昼夜大会として行われ、昼の部の『REBELS.68』は本戦が全試合REDルール(ヒジ打ちあり)、夜の部の『REBELS.69』は本戦が全試合BLACKルール(ヒジ打ちなし)となる。

 -57.5kg契約3分3Rで、龍聖(TRY HARD GYM)が光太郎ZLS(チームゼロス)と対戦。


 龍聖は小学1年生でキックボクシングを始め、HIROYAの指導を受けアマチュアで多くの経験を積んで2019年4月にプロデビュー(KO勝ち)。“HIROYAが送り込む刺客”として同年8月のREBELSに初参戦し、強打で2R53秒KO勝ちすると、5戦5勝全KO勝ちと快進撃を続ける19歳。

 対する光太郎は12勝(5KO)7敗の戦績を持ち、2017年12月には立嶋篤史から勝利。『聖域』(サンクチュアリ)のフェザー級タイトルを持つ。パワーと気持ちの強さが持ち味で、自らを“ストロングスタイル”と称する。

 会見には龍聖のみ出席。同席した宮田充プロデューサーは「こんなファイターが出てきていたんだと、8月の後楽園ホールで試合を見ていました。今回も楽しみ。間違いなく上がっていくファイターだと思う」と太鼓判を押す。

 龍聖は「まあ、今年最後の試合だと思うんですけれど、来年自分の中でやりたい目標が2つあるので、達成できるようにKOで倒したい。僕のKOを見に来てください」とコメント。


 今回はヒジなしルールでの2戦目となるが「両方できるけれど、ヒジありの時から首相撲やヒジを出していなかったのでヒジなしの方が自分の良さが光るし、やっていても楽しい感じ。今の日本の格闘技界はそっちが旬だと思うのでそっちにいきたいと思っています」と、今後はヒジなしルールに専念したいという。

 宮田Pを横にして「ずっと宮田さんが(KrushとK-1の)プロデューサーをやっていて、HIROYAさんも大雅さんも松倉さんもみんな宮田さんにベルトを巻いてもらうところを観客席から見ていたので、次は俺の番だと思っています。目標のひとつはベルト。KNOCK OUTの黒いベルトが欲しい。もうひとつはRIZINに出て大きい舞台で戦いたいと思っています」と、宮田Pにベルトを巻いてもらうことが夢だったという。


 対戦相手については「映像はちょっと見ました。まず名前がダサいなというのと、弱いなと思った。(そのベルトは)どこのだよって感じです。でもベルトを持っているし、自分よりも上だと思っているので今回はムカつきません(笑)。いつも通り練習していれば何でも倒せます」と、タイトルを持っている相手との対戦が楽しみのようだ。

 そして「KO以外求められていないし、判定はつまらないし、倒して勝つだけです。面白い試合をします」と、今回もKOしてKO連勝記録を伸ばすと話した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事