K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】11・3福岡の全対戦カード&試合順が決定、メインはシナ・カリミアンvs K-Jeeのタイトルマッチ

2020/10/26 15:10
 2020年11月3日(火・祝)福岡国際センター『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』の全対戦カード&試合順が決定した。  新生K-1では初となる福岡大会の記念すべきメインイベントを飾るのは、K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ3分3R延長1R、王者シナ・カリミアン(イラン/POWER OF DREAM)vs挑戦者K-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning/Krushクルーザー級王者)。  当初はスーパーファイト(ワンマッチ)として行われることが発表されていたが、武尊の欠場でレオナ・ペタスとのK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチが中止となり、カリミアンがタイトルマッチへの変更を承諾して実現する一戦。K-Jeeは地元での劇的戴冠を狙う。  セミファイナル(第9試合)にはK-1 WORLD GP女子フライ級王者KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が登場。壽美(NEXT LEVEL渋谷)とスーパーファイトの女子フライ級3分3R延長1Rで対戦する。3月大会以来の試合となるKANAは「今年は全試合KO」を目標に掲げており、壽美は「憧れのKANA選手を超える」と宣言している。  第8試合ではスーパーファイトのK-1ウェルター級3分3R延長1Rで、野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)がヴィトー・トファネリ(ブラジル/ブラジリアンタイ・闘英館)と対戦。他団体の強豪とも対戦しているトファネリを相手に野杁がどのような試合を見せるかが注目される。  今大会では本戦10試合とプレリミナリーファイト4試合が行われる。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事