キックボクシング
ニュース

【NO KICK NO LIFE】全対戦カード&試合順が決定、メインは石井一成vs岩浪悠弥の軽量級トップ対決

2020/10/26 00:10
 2020年10月29日(木)都内某所で開催される『NO KICK NO LIFE~新章~』の全対戦カード&試合順が決定した。  第1試合から初代KING OF KNOCK OUTライト級王者・森井洋介(野良犬道場)が登場。元ルンピニージャパン認定フェザー級王者・翔貴(岡山ジム)と大会の火付け役を担う。森井は2016年9月、小野寺が初代プロデューサーを務めた『KNOCK OUT』の旗揚げ発表記者会見にて行われた初の公式戦に出場して歴史の扉を開けたことがあり、今回も『NO KICK NO LIFE』の新章の扉を開ける。  セミファイナルは、今大会唯一のつかみ(首相撲やキャッチ、引っ掛けなど)無制限で行われる元チェンマイスタジアム認定バンタム級王者&前ジャパンキック バンタム級王者・馬渡亮太(治政館)vs福田海斗(ウォーワンチャイ・プロモーション/キング・ムエ)のムエタイ対決。10月の『BOM』でタイ人を相手に圧倒的な強さを見せた、本場タイで活躍する福田に馬渡はどう対抗するか。 (写真)第3試合には唯一の女子マッチとして小林vs後藤が組まれた そしてメインには、初代KING OF KNOCK OUTフライ級王者・石井一成(ウォーワンチャイ・プロモーション)が登場。元WBCムエタイ日本統一フライ級王者、INNOVATIONバンタム級&スーパーバンタム級王者・岩浪悠弥(橋本道場)と軽量級国内トップ対決に臨む。  石井は2019年2月にKO勝ちでWPMF世界フライ王座も奪取。6月にもKO勝ちでIBFムエタイ世界フライ級王座を獲得し、2020年6月にはHIROYUKI(RIKIX)を降してBOMスーパーフライ級王者になるなどタイトルを総なめ状態。スーパーフライ級国内最強の座は揺るがないのか、それとも岩浪が勢力図を塗り替えるのか。  なお、今大会は配信プラットフォームのダイヤモンドフェスにてライブ配信される。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事