MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉未来の挑発に斎藤裕は「そういう感じなんだろうなと思っていた」

2020/10/25 14:10
 2020年11月21日(土)大阪城ホールにて『RIZIN.25』が開催されることが10月19日の記者会見で発表された。今大会のメインカードではRIZINフェザー級(66.0kg)王座決定戦(5分3R ヒジあり)として、朝倉未来(トライフォース赤坂)vs.修斗世界フェザー級王者・斎藤裕(パラエストラ小岩)が決定。  その記者会見直後に収録された選手インタビュー動画が、RIZIN公式YouTubeチャンネルにて公開された。RIZINガール2020のセンターを務める“黒”担当の東海林里咲が、斎藤裕に突撃取材。記者会見では聞きにくい質問も飛び出した。  試合が決まったことには「正式に発表されて嬉しく思います。試合へ向けて頑張っていこうと思っていますね」と斎藤。朝倉の印象を聞かれると「ずっと勝ち続けているので強い選手かなと思いますけれど、頑張って勝ちたいと思います」と多くは語らない。  会見では朝倉から挑発的な発言が繰り返されたが、それにイラっとしなかったのかとの東海林の質問には「特にないですね。そういう感じなんだろうなと思っていたので大丈夫です」と、予測していたと笑って答えた。  試合については「どの試合もそうなんですけれど、勝ちに行くっていうところでもちろん勝つつもりでやるので。どういう展開になるか分からないですけれど最後まで気持ちを切らさないで、集中力を切らさないでやりたいなと思っています」と、勝利へ向けて集中して戦いたいとする。  最後には「11月21日、大阪城ホールでフェザー級王座決定戦やってきます。会場に来られない方も映像でもなんでも勝つところを見ていただけたらと思います」と、自分の勝利を見せるとファンにメッセージを送った。同動画では斎藤のほか会見に出席した選手と榊原信行RIZIN CEOのインタビューも公開されている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事