MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉未来vs.斎藤裕の反響次第で2021年にフェザー級世界GP開催も。クレベル・コイケは大晦日参戦で調整中

2020/10/19 20:10
 10月19日、RIZINが次回大会についての会見を行い、2020年11月21日(土)大阪城ホールにて『RIZIN.25』を開催することを発表した。  同大会では、RIZINフェザー級(66.0kg)王座決定戦(5分3R・ヒジあり)として、朝倉未来(トライフォース赤坂)vs.修斗世界フェザー級王者・斎藤裕(パラエストラ小岩)が決定。会見後、榊原信行CEOは、王座決定戦の反響次第で、フェザー級の国内外の強豪選手を集めたフェザー級GP開催のプランがあることを明かした。  会見後の囲み取材で榊原CEOは、「大晦日は海外勢を全部戻してこようと思っていて、いまビザを申請していますけど、現状のフェザー級のNO.1決定戦としては、斎藤裕vs朝倉未来のタイトルショットでいいかなと思っています。未来が『RIZINのベルトの価値を高める』と言っていて嬉しかったです。YouTuberの価値でリングに上がることを計算するとファイトマネーは高くなるのかもしれないですが、リーズナブルに話はまとまりましたし、本人に条件があるとしたら『強いやつと戦いたい』というものなので、現状、日本人しか対戦相手としてチョイスが無いというなかで言うと『斎藤でいいんじゃないですか』と(納得している)」と語り、11月の段階としてはベストのカードとした。  その上で、「本人的には、『ほかの日本の団体のトップ選手とやることも厭わない』と言っていましたし、これから外国勢がいっぱい入って来れれば、フェザー級の猛者たちを集めて、磨いていけたらいいかなと思っています。そういうなかの一つとしてクレベル・コイケ選手の参戦も大晦日でいま最終調整をしていますので、面子が集まってきたら、未来vs斎藤のハネ方次第では、来年(2021年)フェザー級GPに繋げていってもいいのかなと思っています」と、大晦日に元KSW王者のクレベル・コイケの参戦、2021年のフェザー級ワールドGP開催のプランを語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事