GLORIOUSGLORIOUS
MMA
ニュース

【UFC】“コリアンゾンビ”がオルテガ戦を前に「打撃だけで勝負しようとは思っていない」、プレリムで日本育ちのストリーグルvs.ヌルマゴ従兄弟、KSW王者ガムロが登場!

2020/10/17 20:10
 2020年10月17日(日本時間18日)、アラブ首長国連邦・アブダビにて「UFC Fight Night: Ortega vs. Korean Zombie」が開催される。  ファイトアイランドで6回目となる同大会では、UFCでメインイベントを張ることができる数少ないアジア人ファイターの1人であるジョン・チャンソン(韓国)が登場。MMA14勝1敗のブライアン・オルテガ(米国)と対戦する。  因縁のビッグマッチに向け、試合前のバーチャル・メディアデーに参加したチャンソンは、コロナ禍での練習について、「社会性を求められることなく、自分のトレーニングに集中できたって点ではよい事づくめだったかな」と笑顔を見せた。  今回、名将エリック・アルバラシン(ヘンリー・セフードやピッチブル・ブラザースのコーチ)からは、スカイプによりアドバイスを仰ぎ、ファイトキャンプでは、米国からジョニー・ケースとボビー・モフェットをトレーニングパートナーとして呼び寄せ練習を行って来た。両者はMMA LABのチームメイトのために、米国から韓国入りし、2週間の隔離生活を経てキャンプに合流したことになる。  UFCで4勝2敗、RIZINで3勝1敗のケースは身長175cmのオーソドックス構え。同じオーソで173cm、懐も深いオルテガを想定し、ケースは“仮想”オルテガとして主に打撃部門でチャンソンをバックアップ。LFAからUFC入りしたブラボーチョークの使い手モフェットは、グラウンド面をサポートしたという。 「ケースはストライカーとしてオルテガより優れていて、身長的にもオルテガを想定するのに適していたし、モフェットとは寝技対策が出来た」とチャンソンは語る。 日本の戦極等で活躍し、小見川道大、石渡伸太郎にも勝利しているチャンソンはMMA16勝5敗。キックボクシングでも15勝6敗の戦績を誇るストライカーで、MMAではオルテガより3年長いキャリアを持つが、UFC参戦中に兵役で2年間ファイターを休業していたこともあり、2011年からの9年間でまだ8試合。打ち合い上等のスタイルと見られがちだが、戦いに幅の広さがあり、息の長さも見せている。  14日に行われたバーチャル・メディアデーでは、オルテガが前戦でマックス・ホロウェイを相手に初黒星を喫したことを引き合いに出され、「ストライカーにとって有利な相手か」と問われ、「打撃だけで勝負しようとは思ってない」と、かつてダースチョークやツイスターでの一本勝ちもマークしているチャンソンは答えている。  ともにボディ打ちも得意とするなど、ホロウェイと異なり、チャンソンの打撃はよりアグレッシブで距離が近く、テイクダウンの展開でも、一方的にオルテガから逃げる必要が無く組むことが可能だ。  2018年11月に1年9カ月ぶりの復帰戦でヤイール・ロドリゲスに敗れるも、2019年にはヘナート・モイカノ、フランキー・エドガーの両者を1R TKOに下しているチャンソンは、「ランキングシステム的に自分が2位で、彼が4位になるべきだよね」と気負うことなく語る。  16日のオッズでは2.6倍のオルテガに対し、1.54倍のチャンソンが有利と見られているが、「彼が2年試合をしてないからってパフォーマンスが落ちているとは思わない。むしろハングリーだろうし、事実、ケージで結果出さなきゃいけないのはあっちの方だ」と、3試合連続のパフォーマンス・オブ・ザ・ナイト受賞者は、油断することも無い。  29歳のオルテガに対し、キックも含むプロキャリア15年のチャンソンはまだ33歳ともいえる。「まあとにかく、自分がチャンピオンになるためには、目の前の敵を倒すしかない、それだけのことだ」──“コリアンゾンビ”はアブダビのメインでトップファイター相手に健在ぶりを証明し、頂点にたどり着くことが出来るか。 [nextpage] サイード・ヌルマゴメドフvs.マーク・ストリーグル! KSW二冠王マテウス・ガムロにも注目  プレリミナリーにも注目のカードが並んだ。ハビブ・ヌルマゴメドフの従兄弟で13勝2敗のサイード・ヌルマゴメドフ(ロシア)がバンタム級に参戦。UFC初参戦となるマーク・ストリーグル(フィリピン)と対戦する。サイードはオクタゴンでジャスティン・スコッギンス、リカルド・ラマスに勝利も、2019年12月にラオニ・バルセロスに判定負け。今回が再起戦となる。  対するストリーグルは、日本の和術慧舟會GODSでMMAキャリアをスタートさせ、PXCやONEで戦っていたMMA18勝2敗のグラップラー。スカーフホールドアームロック、リアネイキドチョークなど14の一本勝ちを誇る。プレリミながらバルセロスと非常にハイレベルな攻防を繰り広げたサイードを相手に、持ち味を発揮することが出来るか。厳しい初陣が用意された。  さらにプレリミのメインでは、KSWの二冠王マテウス・ガムロ(ポーランド)がUFCデビュー。MMA17勝0敗1NCのガムロは2020年8月の前戦「KSW54」でマリアン・ジュコフスキを判定で退けライト級王座を防衛。無敗のままオクタゴンに参戦する。  対するジョージアのグラム・クタテラーゼはMMA11勝2敗。2015年6月から8連勝でオクタゴンに初参戦となる。2019年11月の前戦では元UFCのフェリペ・シウバを1R 44秒、逆転の左フックで下しており、粘り強い戦いが持ち味だ。  グラップラーながら喧嘩ファイトも辞さないガムロは、これまでKO負けの無いクタテラーゼを相手にどんな戦いを見せるか、注目だ。 「UFC Fight Night: Ortega vs. Korean Zombie」は、日本時間18日(日)朝5時にスタートするプレリム6試合がUFC公式サイトおよびYouTube公式チャンネルにてライブ配信。プレリムから8時開始予定のメインカード5試合を含む全試合がUFC FIGHT PASSでライブ配信される。 UFC Fight Night: Ortega vs. Korean Zombie 2020年10月17日(日本時間18日)UFCファイトアイランドアラブ首長国連邦・アブダビ 【メインイベント】 ▼フェザー級 5分5Rブライアン・オルテガ(米国)146lbs/66.22kgジョン・チャンソン(韓国)146lbs/66.22kg 【セミメインイベント】 ▼女子フライ級 5分3Rケイトリン・チョケイジアン(米国)126lbs/57.15kgジェシカ・アンドラージ(ブラジル)126lbs/57.15kg 【メインカード】 ▼ライトヘビー級 5分3Rジム・クルート(豪州)206lbs/93.44kgモデスタス・ブカウスカス(リトアニア)206lbs/93.44kg ▼ウェルター級 5分3Rクラウディオ・シウバ(ブラジル)171lbs/77.56kgジェームス・クラウス(米国)171lbs/77.56kg ▼フェザー級 5分3Rトーマス・アルメイダ(ブラジル)146lbs/66.22kgジョナサン・マルチネス(米国)146lbs/66.22kg 【プレリム】 ▼ライト級 5分3Rマテウス・ガムロット(ポーランド)156lbs/70.76kgグラム・クタテラーゼ(ジョージア)156lbs/70.76kg ▼女子フライ級 5分3Rジリアン・ロバートソン(カナダ)125.5lbs/56.93kgポリアナ・ボテーリョ(ブラジル)125lbs/56.70kg ▼ミドル級 5分3Rパク・ジョンヨン(韓国)185lbs/83.91kgジョン・フィリップス(ウェールズ)186lbs/84.37kg ▼ライト級 5分3Rジェイミー・ムラーキー(豪州)156lbs/70.76kgファレス・ジアム(フランス)156lbs/70.76kg ▼ライトヘビー級 5分3Rガジムラド・アンティグロフ(ロシア)206lbs/93.44kgマキシム・グリシン(ロシア)205.5lbs/93.21kg ▼バンタム級 5分3Rサイード・ヌルマゴメドフ(ロシア)136lbs/61.69kgマーク・ストリーグル(フィリピン)136lbs/61.69kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事