EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
キックボクシング
ニュース

【RISE】失意の寺山日葵に対戦したerikaがエール「頑張った自分を褒めて。絶対優勝してね」

2020/10/12 12:10
 2020年10月11日(日)神奈川・ぴあアリーナMMにて開催された『Cygames presents RISE DEAD OR ALIVE 2020 YOKOHAMA』。同大会ではキックボクシング最強女王決定トーナメント「RISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020」が開幕。8名の女子キックボクサーが最強の称号と優勝賞金300万円を目指して戦った。  第10試合ではRISE QUEENミニフライ級王者・寺山日葵(TEAM TEPPEN)が、RISE初参戦のerika(=名前の後にハートマーク/SHINE沖縄)を迎え撃ち、延長戦の末に振り切った。  しかし、圧勝をテーマに試合に臨んでいた寺山は「もう嫌になっちゃいますね、本当に。このままだどsasori選手に負けてしまうので3週間後に仕上げて、弟とさっきセコンドについてくれた天心と3人で大阪大会いい結果を出せるように仕上げて、次こそは圧倒的な試合を見せられるように、そして優勝した姿を見せられるように仕上げます」と、自分に呆れたような口調で“次こそは”と誓った。  その後、自身のSNSには「本戦負けと言われても妥当の試合でした。TEPPEN判定と言われてもしょうがない試合でした。すいません。自分の弱さを見つめ直して3週間後に備えます。すいません」と“すいません”を連発。悔しさをにじませる。  これに対し、対戦したerikaが「寺山選手強かったです! たくさんのものを背負ってるのを感じました。チャンピオンでした。たくさん学びました。寺山選手のおかげで毎日練習足りないくらいやりました。ほんとにありがとうございました。自分を褒めてあげてください。輝いてます。負けた私がリツイート失礼致しました」と、“顔を上げて”とエール。 (写真)寺山は11月1日の大阪大会での準決勝でsasori(右)と対戦する そして寺山の「自分の弱さを見つめ直して、erika選手の分まで優勝します。erika選手ありがとうございました。また試合お願いします」との投稿にも、「お願いします! 絶対絶対優勝してね。そして、頑張った自分を褒めて。かっこよかったよ。わたしも負けないようにがんばる。最高にたのしい時間でした。またよろしくお願いします」と、戦えたことに感謝する返信を送った。  試合が終わればノーサイド。敗れた選手も勝った選手の今後を応援する爽やかな幕切れとなった。  また、女子キックボクサーとして2人の先輩にあたり、、現在沖縄在住でerikaの指導もした元J-GIRLSミニフライ級王者・田嶋はるは「勝ったのに悔しい想いをしてるであろう選手を、周りが追い詰めないでほしい」と苦言を呈した。寺山にも「今日勝ったのは寺山選手です! 周りに何を言われても気にせず胸を張って下さい」とのメッセージを送っている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント