GLORIOUSGLORIOUS
K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】ハイキックで壮絶逆転KOの朝久泰央「デカいヤツとやるのが格闘技の一番いいところ」とカリミアン戦を熱望

2020/09/23 20:09
 2020年9月22日(火・祝)エディオンアリーナ大阪・第1競技場で開催された『K-1 WORLD GP~K-1秋の大阪決戦』。その一夜明け会見が23日(水)大阪府内で行われた。  第4試合で行われたスーパーファイトK-1ライト級3分3R・延長1Rは、1Rに弘輝(team ALL-WIN)が飛びヒザ蹴りでダウンを奪うが2Rに朝久泰央(朝久道場)が左右ストレートの連打でダウンを奪い返す。最後は電光石火の左ハイキックで朝久が逆転KO勝ちを収め、前半戦の大きな山場となった。  会見に出席した朝久は「試合は激しい打ち合いで周りからの反応が良かったので嬉しかったです。これからも頑張ります」と、試合の評判に上機嫌。  1Rにダウンを喫したシーンを振り返り「その前に小さな動きがあって、飛びヒザが来る直前に“うわっ、やってしまった”と思いながらひっくり返った感じで。倒れる前に走馬灯のようにじゃないけれどいろいろな情報が頭の中に入って来る感じがあったんですが、立ってそこからは“俺がやり返す番だ”って思いました」と冷静だったと言い、その先の逆転KOも「特に変化はなかったですね。いつもの練習で培ってきた技術やそれに近い動きはできたかなと思います」と、練習の成果が出ただけとクールだ。  前日計量では一触即発の場面もあった弘輝については「K-1 JAPAN GROUPでのキャリアは少なかったんですが、背負っている者の強さを感じました。向き合った時に人柄の良さも強さも感じました」と、強さを認める。  今後もライト級で戦っていくのかとの問いには「体重はライト級(62.5kg)より60kgでも戦えないことはないですが、はっきり言ってやる相手がいない。昔の負けを持ち出されても(=Krushライト級王者レオナ・ペタスのことだと思われる)今さら相手にならないので。これから62.5kgでやっていくのはもちろんなんですけれど、試合直後に言ったようにシナ・カリミアンであったり、一番デカいヤツとやるのが格闘技の一番いいところだと思っているので、とにかくデカくて強いヤツとやりたいですね。古川会長(カリミアン所属ジム会長)には隣で聞いていて笑われたんですけれど」と、なんとK-1 WORLD GPクルーザー級王者(90.0kg)のシナ・カリミアンと戦いたいとぶち上げた。  また、11月3日(火・祝)に地元の福岡で開催される『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』への出場はと聞かれると「やっぱり地元いいですよね。でも地元では僕よりもっと強い兄貴が試合するし、僕はタロー君のコーナーを昔から狙っているので僕はそこに出たいです。やりたいことは何もないですが、ああいうゆるキャラが好きでタロー君と一緒にいたいなってくらいで」と、試合の合間に行われるK-1非公認キャラクターのタロー君のコーナーに出演したいと笑った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事