GLORIOUSGLORIOUS
MMA
ニュース

【DEEP】体重大幅超過のKINGレイナが判定負け「夢遊病で寝ている間に食べてしまった」レイナに佐伯代表は「ペナルティ与える」

2020/09/20 22:09
 2020年9月20日(日)、「DEEP 97 IMPACT」が後楽園ホールにて、有観客で開催された。 ▼DEEP JEWELS KICKルール 63kg以下→64.5kg 3分3R×KINGレイナ(K-Clann)64.9kg→64.5kg※[判定0-3] ※26-30×2,25-30〇熊谷麻理奈(WSRフェアテックス札幌)62.5kg ※レイナが再計量1.50kg体重超過のため、減点2とイエローカード2枚提示で試合開始。熊谷が勝利した場合のみ公式記録に残り、KINGレイナが勝ってもノーコンテストとなる。  2020年8月23日以来の再戦。前戦では、ローキックを当て、オーバーハンドフック、アッパーで前進するKINGレイナに対し、熊谷が捌きながらジャブ・ストレート。さらに相手を掴まないテンカオ・ヒザ蹴りをボディに突き刺す展開に。KINGレイナも金網に詰めて熊谷が避けきれないところに左右の連打をまとめていった。  判定は2-1のスプリットでKINGレイナが辛勝。的確な打撃を当てたと見られた熊谷の敗北に、関係者、現場観戦者、ネット生配信の視聴者から様々な意見が上がるなど、物議をかもす判定となっていた。  今回の再戦決定に、KINGレイナは、「8月23日の試合内容が納得していませんので、早い段階でDEEP事務局に再戦をお願いしました。今回は圧倒する試合をさせていただきますので、皆様応援よろしくお願い致します」と、自ら再戦を望んだとするコメントを発表。  一方の熊谷も、「こんなにも早く再戦のチャンスをいただき、DEEP事務局には感謝しています。本当にありがとうございます。そしてKINGレイナ選手と、もう一度戦える事をとても嬉しく思います。今回は誰が見ても分かる様な、そして楽しくて目が離せない試合にします。必ずKOしますので、どうぞ皆様、応援宜しくお願いいたします」と、「誰が見ても分かる」内容での完全決着を誓っている。  KINGレイナは、2019年10月大会で63kg契約のMMAの試合を2.3kgの体重超過により失格に。2020年2月24日の前戦ではタイのアンドレ・ザ・ロケットを相手にフェザー級(66.3kg※王座戦以外は+0.5kg含む)契約で戦い、1R3分29秒、マウントからのパウンドでTKO勝ちしている。物議をかもした8月23日大会は、半年ぶりの復帰戦の立ち技ルールだった。  対する熊谷麻理奈はWSRフェアテックス札幌所属。“北の女武芸者”と呼ばれるマルチファイターで、元々はアマチュアボクシングで活躍しキックボクシングに転身。さらに2018年5月にはMMAにも挑戦(Road FC 47で女子バンタム級(-61.2kg)でジン・インチャオに判定負け)、同年9月には、素手にバンテージのみで戦うラウェイにも出場し、4R判定無しのドローとなっている。  2019年6月30日の「ノースエリア格闘技イベントBOUT37」では、57kg契約でチェ・ウンジ(MAXFC/FEARLESS-GYM)に判定勝利。-57kgでも戦える熊谷にとって、-63kg契約での立ち技はそもそも階級上での戦いとなる。  しかし、前日計量でレイナが初回計量1.9kgオーバー、さらに3時間以内の再計量で1.5kgオーバーと大幅な体重超過。レイナに減点2とイエローカード2枚提示で試合は行われ、熊谷が勝利した場合のみ公式記録に残り、KINGレイナが勝ってもノーコンテストとなることが発表されていた。  1R、ともにオーソドックス構え。前回の轍を踏まないよう、序盤から積極的に詰める熊谷。左ジャブを当てて右! いきなりバランスを崩すレイナも右を返すが下がりながらで勢いにかける。レイナのローにワンツーは熊谷。さらに前蹴り。右アッパー、左フック、右も当てる熊谷。さらにワンツー! 下がるレイナに熊谷は跳びヒザ。右ストレート! そこにレイナは右オーバーハンドを返す。前蹴りの熊谷。レイナは右のダブルで前に出る。研究のあとがうかがえる熊谷の攻め。  2R、ここも前に出るのは熊谷。右ミドルを当てる熊谷。さらに左を当てる。レイナはジャブも踏み込みが浅く届かない。右ストレート、左ローは熊谷。レイナはローを打つが届かない。右ミドルは熊谷、右ストレートから左ヒザも! さらに右ストレートから左の逆ワンツー。レイナの右オーバーハンドをかわして左を当てる。  3R、右ローから右オーバーハンドを当てるレイナ! 左フックを返す熊谷もレイナの重いクリンチにスタミナを削られる。しかし、押し込んでの左、さらに右から左のワンツーは熊谷! 右の相打ちから右ボディは熊谷。レイナも右を当てる。近距離での打ち合いは熊谷も退かず。レイナの押し込む右にカウンターの右は熊谷。ダーティボクシングでも熊谷は細かいアッパーを突く。  判定は、レイナは体重超過の減点2点もあり、大差3-0(30-26×2,30-25)で熊谷が勝利。レイナは下を向いてケージを降りた。試合後、ケージのなかで熊谷は、「今日はお忙しい中、応援ありがとうございます。いろいろありましたが、ここで勝てたことが自分は嬉しいです。KINGレイナさん、大丈夫です。一緒に頑張りましょう」と敗者にエールを送った。  試合後、DEEPの佐伯繁代表は、レイナについて、「昨日、コメントをFacebookに出したんですけど、最低半年間は試合をさせない。それ以上かもしれない。まだ大会が終わったばかりなので、ペナルティはこれから考えます。結局昨日も1.5kgオーバーでしたが、ルールに従ってやるしかない。それを止めさせることもできないし、もしももう1回、となってもその後で考えます」と語った。  計量失敗についてレイナとはまだ話せておらず、「周囲によると体重超過の原因は、『夢遊病で寝ている間に食べてしまった』ため」だという。  佐伯代表は、「前々日の時点でKINGは63kgを切ってるんですよ。それがなんか、『夢遊病で寝ている間に食べてしまった』みたいで。僕もまだ詳しいことを聞けていないんだけど。もう(DEEPでは体重超過が)2回目でしかるべき処置をしないといけない」と、今後のレイナの起用について再考することを語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事