MMA
レポート

【修斗】SASUKEが環太平洋新王者に「斎藤チャンピオン、テレビの前で売られた喧嘩を片付けてから俺とやりましょう!」

2020/09/19 18:09
プロフェッショナル修斗公式戦 第2部 PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.6 Supported by ONE Championship 第2部9月19日(土)渋谷TSUTAYA O-EAST 18時30分開始 ▼環太平洋フェザー級チャンピオンシップ 5分3R×仲山貴志(王者・初防衛戦/総合格闘技津田沼道場)[2R 2分05秒 TKO]〇SASUKE(挑戦者・同級1位/マスタージャパン)※SASUKEが新王者に  2020年1月に、ライバルTOMA(直心会TK68)が持つ環太平洋王座に挑戦し、一進一退の攻防の末、スプリット判定で悲願の初戴冠となった仲山貴志(総合格闘技津田沼道場)が初防衛戦。挑戦者は4連勝でトップコンテンダーとなったSASUKE(マスタージャパン)に決定した。  王者・仲山は2019年1月の青井人戦のリアネイキドチョークでの一本勝ち以降、3連勝中。同7月に稲葉聡に判定勝ち、2020年1月の前戦でTOMAを破り、環太平洋フェザー級のベルトを巻いた。 “武闘派”が多い事で知られる津田沼道場の中では珍しく理論派として通っており、フェザー級トップランカー達と激闘を重ね6年目にしてようやくベルトを手に入れた言わば苦労人。僅差の判定でタイトルを獲得したが、ここでスッキリとした形で初防衛戦をクリアし“強い仲山”をアピールしたいところだろう。  挑戦者SASUKEは2019年7月の鈴木淑徳戦での1R TKO勝ち以降、4連勝中。同10月に稲葉聡を1Rにギロチンチョークで極め、同11月には3年前にKO負けしていた山本健斗デリカットに判定2-0でリヴェンジ。2020年5月の前戦では、無観客で行われたABEMAテレビマッチで西浦ウィッキー聡生を判定3-0で下している。  2016年にプロデビューするも、怪我により3年を越えるブランクに苦しんだが、復帰後は得意のドミネートで相手を削り、怒涛の4連勝。その白星の中には、かつて王者・仲山が2度敗れている山本健斗戦での勝利も含まれる。  絶好調のSASUKEに更なる追い風となるのが、同門の黒部三奈が修斗史上初の女子世界王者に戴冠した事だ。切磋琢磨してきた仲間の快挙。弘中邦佳、松本光史、黒部三奈と名門マスタージャパン4人目の王座獲得に向け、チーム一丸となって王者仲山に挑む。  仲山が必殺リアネイキドチョークでSASUKEを葬るか? 西浦越えでそのスタイルに更なる磨きをかけているSASUKEが修斗伝統の階級に世代交代をもたらすか?  1R、ともにオーソドックス構え。SASUKEの小内刈で下になる仲山。しかし中腰からのパウンド狙いに蹴り上げて立つ仲山。右フックを振るSASUKE。ブロッキングの仲山は続く右はかわし、抜群のタイミングでダブルレッグテイクダウン!  しかし下のSASUKEはクローズドガードから腰を切って腕十字へ! ヒジが入りかけるがしばらくクラッチして抜いた仲山は腕を抜き、担ぎパスを狙うが、SASUKEはガードに入れる。  2R、右の飛び込みを見せる仲山。仲山の右ローに左フックを合わせたSASUKE! さらに跳びヒザで前へ。パウンドラッシュにレフェリーは止めるか。仲山は腕を掴みアームロック狙いへ。ハイクラッチのシングルレッグテイクダウンはSASUKE。  しかし、潰したSASUKEは背後からヒザ、さらに亀になった仲山の背後からヒジ連打! さらにサイドバックで腰を押さえ右のパウンド! 仲山の動きが止まり、レフェリーが間に入った。SAUSKEが新王者となった。  試合後、ベルトを腰に巻いたSASUKEは、「格闘技を始めた頃は、自分がチャンピオンになるなんて思ってもいませんでした。怪我があって(前腕尺骨骨折を3度繰り返し3回手術し、3年間欠場)、格闘技を嫌いになってしまえばどんなに楽かと思いましたが、自分を限界まで追い込むことでしか自分を肯定できないので、僕は格闘技をずっと続けていきます」と涙を流して王者としての決意表明。  続けて、「修斗にはもう1本ベルトがあります。それを持っているのは、斎藤(裕)チャンピオン! どこかで見ているでしょうか。名実ともに強くて修斗を背負うのに相応しいチャンピオンですが、俺はその首を狙っています。テレビの前で売られた喧嘩があるでしょう。それを片付けてからでも構いません。僕とやりましょう!」と、RIZINで朝倉未来との因縁が勃発した世界王者・斎藤裕に挑戦をアピール。  そして、最後に「いろいろ素直に嬉しいです。最後に修斗の先輩の言葉を借ります」と語ると、「日本のフェザー級、いや修斗のフェザー級にいい選手がいっぱいいるよ。だけど、俺には勝てないよ、なぜなら……俺が修斗を愛しているから!」と絶叫。ケージの中央で修斗愛を叫んでメインを締めた。 [nextpage] ▼フェザー級 5分3R〇藤井伸樹(ALLIANCE)[判定3-0] ※29-28×3×後藤丈治(TRIBE TOKYO M.M.A.)※初参戦  修斗“黄金のバンタム”にまた新たな選手の参戦が決定した。  2020年4月に開催された「Road to ONE:2nd」で元環太平洋王者・祖根寿麻(ZOOMER)を1R ニンジャチョークで極めて、MMA5連勝をマークしている後藤丈治(TRIBE TOKYO M.M.A.)が修斗に参戦。その初戦の相手がバンタム級で“最も戦いたくない男”と言わしめる藤井伸樹(ALLIANCE)となった。  長南亮TRIBE TOKYO M.M.A.代表が自信を持って最激戦区であるバンタム級に送り込んできた後藤。もともと北海道のアマチュア格闘技から、キックボクシングアカデミー札幌&P'sLAB札幌に所属し、PANCRASE札幌大会などで活躍。  2017年1月には「RISE 115」でKENTAとドロー。同3月の「BOUT 26」では当時RISEバンタム級7位だった出口智也に、プロキック2戦目で判定勝ちという経歴も持つ。  2018年12月の「PANCRASE 302」米山千隼戦での1R TKO負け以降、北大を卒業して上京。東京で就職しTRIBE TOKYO M.M.A.所属となった。2019年5月の聖王DATE戦のTKO勝ち以降、同7月に平田純一を1R TKO、9月に道端正司をリアネイキドチョークで極め、2020年2月に力也をパウンドアウト。  4月の祖根戦では、サウスポーから右の三日月蹴り、さらに左ストレートを効かせてラッシュ。右フックでダウンを奪うと、立ち上がり際にニンジャチョークを極め、5連勝となった。  対する藤井もPANCRASE出身。ネオブラッド・トーナメントを経てプロデビュー。諦めない粘り強さと動き続けるタフネスさを持ち味に頭角を現し、2016年9月の「TTF CHALLENGE 06」での1R KO勝ち以降、2018年5月のアラン“ヒロ”ヤマニハ戦の判定勝ちまで怒涛の6連勝を飾った。  2018年11月から修斗に参戦し、岡田遼、魚井フルスイングに判定負けで2連敗を喫したが、その後、2019年5月に石橋佳大(3R KO勝利)、9月に齋藤翼(判定3-0勝利)という激闘派に競り勝ち2連勝。しかし、2020年1月の後楽園ホール大会で、田丸匠に的確な打撃と寝技の際で上回られ、判定負けを喫している。  無尽蔵のスタミナがもたらすひたむきなファイトから、藤井が上位陣を崩すためにどんな課題を克服してきたか。その我武者羅さを止める強力な武器を持つ後藤は、修斗のマットでも祖根を下した左ストレートを炸裂させるか。大注目の一戦だ。  1R、オーソドックス構えの藤井にサウスポー構えの後藤。ワンツーから右ボディストレートは藤井。後藤は左ハイも藤井はブロック。着地してすぐに左フックを打つ後藤。左ミドルハイも。しかし詰める藤井はシングルへ、足を抜く後藤。  右のダブルで牽制する後藤。藤井の左ジャブの飛び込みはかわす後藤は左ヒジ、左ストレート、左の蹴り! さらに藤井の入りに左ヒザもテイクダウンに行く藤井。シングルレッグをノーアームギロチンチョークで後方に投げる後藤だが、藤井もバックから引き込みブリッジで上に。しかしスクランブルから後藤が立つとすぐに詰める藤井は右ストレート、この距離が藤井。下がる後藤を詰めてブザー。  2R、詰める藤井。さらにシングルレッグテイクダウン! すぐに立つ後藤を追って再三倒す藤井。再びシングルレッグテイクダウン! ついに後藤に背中を着かすとラバー狙いの後藤。上半身を金網まで這って立てスタンドに。  ダブルレッグからシングルレッグテイクダウンも立つ後藤。右の蹴りは藤井。後藤の組みを切り、みたびシングルレッグテイクダウン! さらにバックテイクへ! 両足をかけるとのどもとに腕を入れるが、後藤も腰をずらし右ヒジを押し上げて凌ぐ。  3R、左の蹴りは後藤間合いが近い。詰める藤井はシングルレッグテイクダウン! すぐに立ち上がれない後藤のバックをすぐに奪い両足をかけてリアネイキドチョークへ! アゴ下に首をずらす後藤。腰をずらして正対する後藤。しかし追う藤井。  シングルレッグテイクダウンからバッテイク。スクランブルから立つ後藤は首相撲ヒザ&左ミドル、左ストレートと最後にラッシュをかけるがブザー!  大きな拍手が沸き起こった熱闘は判定3-0(29-28×3)で藤井が勝利。  ケージの中で藤井は「世の中大変な状況でこんなたくさんの人が集まっていただき、ありがとうございました。前回の試合で結果残せなかったんで、また次勝てるように、今度はきっちり勝てるように頑張ります」と語った。 [nextpage] ▼ウェルター級 5分2R×ヨシ・イノウエ(パラエストラTB)[2R 4分23秒 腕十字]〇飯田健夫(フリー)  フィリピンマニラ出身のイノウエ。 パラエストラTB所属で182cmの長身。プロ修斗では1勝1敗1分で、3月の前戦では飯田建夫とドローの宮路智之に一本負けを喫している。  対する飯田は、2016年に修斗でSASUKEとドロー。GLADIATOR、GRACHAN等で活躍後、2018年12月のGRACHAN 37.5 × D-SPIRAL 22ではマックス・ザ・ボディに判定勝ちを収めた。2020年8月に修斗に戻り、宮路智之とドローとなっている。  1R、ともにオーソドックス構え。イノウエの左右をダッキングする飯田。左で差して押し込む飯田。四つから払い腰は滑った。左ボディ、右ローは飯田。さらに右ローの連打。さらにシングルレッグからバックを取りに行くが、切るイノウエ。ローを効かせる飯田。離れ際の右。イノウエも右ローを返す。  1R、ともにオーソドックス構え。イノウエの左右をダッキングする飯田。左で差して押し込む飯田。四つから払い腰は滑った。左ボディ、右ローは飯田。さらに右ローの連打。さらにシングルレッグからバックを取りに行くが、切るイノウエ。ローを効かせる飯田。離れ際の右。イノウエも右ローを返す。  2R、ワンツーで前に出る飯田はシングルレッグ。右小手に差し上げるイノウエはヒザ蹴り。飯田は右で差して横について小外で後方にテイクダウン。亀から立つ井上のバック狙い。イノウエはシングルレッグ狙い。切る飯田は上四方からアームロックに取ってセンタク挟み。さらに腕十字もイノウエはクラッチ。しかし、各度を変えてクラッチを切り、腕十字を極めた。 [nextpage] ▼フライ級 5分2R×大竹 陽(HAGANE GYM)[1R 2分19秒 KO]〇関口祐冬(修斗GYM東京)  大竹は修斗では1勝4敗。6月のTTF CHALLENGE 08で川北晏生に一本負けからの再起戦。対する修斗GYM東京の関口祐冬は修斗4勝3敗。2018年12月に六本木洋を2R KOも、梶川卓、平良達郎に判定で敗れている。ボクシング経験も持つ。  1R、オーソドックス構えの関口。サウスポー構えから入る大竹。サウスポー構えにスイッチした関口はオーソに戻しシングルレッグで押し込むもブレーク。  サウスポー構えから右・左のワンツーを振ってきた大竹に関口は右のカウンター! 大竹がダウン! パウンドした関口のKO勝ち。 ※トライアウトでの出場を予定していたスソン(KRAZY BEE)が練習中に負傷。右膝外側側副靭帯断裂と診断され、ドクターストップがかかり、新井拓巳(ストライプル新百合ケ丘)との一戦は中止。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事