AbemaTVAbemaTV
ムエタイ
ニュース

【ムエタイ】50カ国が参加、アマチュアムエタイ世界大会で日本チームがメダルラッシュ

2019/03/26 10:03
【ムエタイ】50カ国が参加、アマチュアムエタイ世界大会で日本チームがメダルラッシュ

(C)NJKF

 3月8日~17日の間、タイで行われたアマチュアムエタイ世界大会。日本チームは鴇稔之氏を代表に、立川KBA・伊藤浩之会長を総監督として大会に臨んだ。

 世界50ヵ国が参加したこの大会で、新興ムエタイジム所属の小林亜維二(こばやし・あいじ)がU-13・57㎏以下級で金メダルを獲得。その他もチームジャパンはメダルラッシュとなり、所属・団体を超え交流を深めた。

 大会にはNJKF理事長で新興ムエタイ会長である坂上顕二も同行。「これまで存在だけしか知らなかったアマムエタイ世界大会でしたが、今年はうちの選手を選んで頂けたことで初めて参加ができました」と坂上。

 さらに「世界から50カ国が集まった華やかな会場に驚きましたし、各国のチームがそれぞれチームのユニフォームを着て自国の選手を応援をする様はムエタイのオリンピックといったイメージで、今後のアマチュア選手の目標になっていくだろう素晴らしい大会でした」と続け、アマチュア・一般選手の最高峰に出会えたことを感謝した。

 また金メダルを獲得した小林(※写真上)は「自分がムエタイを始めた時はこういうチームに選ばれると思っていなかったので、選ばれた時はすごく嬉しかったです」と大会参加を振り返り、「金メダルを獲った時は嬉しいというより驚きました。応援してくれた友達やジムの仲間、でも1番は両親に伝えたかったです」と初々しくコメントした。

 そして今回を励みに「今はまだアマチュアのベルトが一つしか獲れていないので、今の階級でまた日本でベルトを獲りたいです」と今後の意気込みを語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年5月号
2020年3月23日発売
RIZIN連戦に臨む朝倉未来。今回は、松原隆一郎教授がこれまで語られなかった朝倉未来の「思考の格闘技」に迫る。そして、青木真也と那須川天心がまさかのスパーリング対談! さらに未来と対戦する朴光哲&矢地祐介、朝倉海×ぱんちゃん璃奈 対談、RENAインタビュー、平田樹らU23特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事