K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】「観客が凍り付く」と朝久泰央「誰も朝久とやりたくないと恐怖を植え付けるような試合をしたい」

2020/09/07 11:09
 2020年9月22日(火・祝)エディオンアリーナ大阪・第1競技場『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』にて、スーパーファイトのライト級3分3R・延長1Rで弘輝(team ALL-WIN)と対戦する朝久泰央(朝久道場)が福岡で公開練習を行った。  3月の『K'FESTA.3』では出場選手の欠場を受けて、急遽K-1ライト級王者・林健太とスーパーファイトで対戦した朝久。大会4日前のオファーというスクランブル発信ながら鮮やかな二段蹴りでダウンを奪い、見事に林から勝利を収めた。  朝久は改めてこの一戦を「4日前にオファーがあって、そこから6kg減量して試合をしました。その影響で試合終盤は脱水症状のようになってしまったのですが、自分と林健太選手の良いところが出た試合だったかなと思います」と振り返る。  これまでスーパー・フェザー級で戦ってきた朝久は今回からライト級に転向する。朝久は階級転向の理由、そしてライト級での戦いに向けて、こう語る。 「当時は一階級上だったんですけど、K-1チャンピオンの林選手に勝つことができたし、ライト級にも強い選手がたくさんいるので、そういう選手たちと戦いたいと思いました。朝久空手は階級関係なく戦えるもので、普通は階級をあげるとパワーがつくとか相手が大きいと思うかもしれませんが、僕たちからすれば攻撃する的が大きくなったとしか思いません。なのでライト級と言わず、もっと上の階級の選手とも戦えます」  対戦相手の弘輝は今回がK-1 JAPAN GROUP2戦目。6月のKrush新宿FACE大会では、勢いを感じさせるファイトスタイルでSEIYAをKOし、記者会見でも「普通に失神KOを見せてやります」と豪語している。  朝久は「まだK-1 JAPAN GROUPで1試合しかしていないので動きの印象はあまりなくて、元気がいいなという印象ですね」とSEIYAの印象を話しつつ「相手がイケイケだろうと技巧派だろうと朝久空手には関係ないし、自分の動きが出来れば勝てない相手はいないと思っています」と断言。  弘輝の地元・大阪に乗り込む形にもなるが「全く気にならないですね。相手の応援団や大阪の観客が凍りつくくらいの試合をしたいと思います」と言い切った。  11月3日には朝久の地元・福岡で初のK-1が開催される。朝久は「福岡、いいですね。僕は強い相手と戦えれば場所はどこでも構いません。毎日練習しているし、試合に近い緊張感や殺気を持ってやっているので準備万端です」と大阪・福岡の連戦も見据えている。  林戦の勝利を経て、一気にライト級の注目ファイターとなった朝久。「前回はベルトこそかかってなかったですが、チャンピオンに勝って誇りを手に入れたと思っているので、その誇りを守るためにも必ず勝ちたいと思います。そして誰も朝久とやりたくないと恐怖を植え付けるような試合をしたいです」と今回の一戦でさらに存在感を見せるつもりだ。  最後に朝久は「半年ぶりの試合になるのですが、朝久流の圧倒的な試合を見せたいと思います」と予告した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事