キックボクシング
ニュース

【RISE】女子最強決定トーナメントの組み合わせ決定、女帝・寺山日葵「私が優勝する」

2020/09/05 07:09
【RISE】女子最強決定トーナメントの組み合わせ決定、女帝・寺山日葵「私が優勝する」

優勝賞金300万円の女子最強決定トーナメントに出場する8名が決定、トーナメント組み合わせも行われた

 2020年10月11日(日)神奈川・ぴあアリーナMM、11月1日(日)エディオンアリーナ大阪で開催されるキックボクシング最強女王決定トーナメント「RISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020」の記者会見が、9月5日(土)都内にて行われた。

 優勝賞金300万円、準優勝100万円、KO賞(1R50万円、2R30万円、3R20万円)と、女子としては破格の賞金トーナメントに出場が決定したのは以下の8名。

紅絹(NEXT LEVEL渋谷/RISE QUEENアトム級王者)
寺山日葵(=てらやま・ひなた/TEAM TEPPEN/RISE QUEENミニフライ級王者)
女神(TIA辻道場/SB日本女子ミニマム級王者)
sasori(NKB・テツジム/ミネルヴァ・ライトフライ級王者)
百花(魁塾/ミネルヴァ・アトム級王者)
Ayaka (NJKF健心塾/ミネルヴァ認定ピン級王者)
大倉萌(大道塾吉祥寺支部/2017年北斗旗全日本空道体力別選手権大会女子215以下クラス優勝)
erika(=名前の後にハートマーク/SHINE那覇/ミネルヴァ・アトム級4位)※沖縄在住のためzoomで出席
※登壇順


 会見ではトーナメント組み合わせ抽選会が行われ、登壇した順番に封筒を引き、その中に書かれていた番号順にトーナメントのA~Hから好きな場所を選んでいくという形式が採用された。

 1を引いたAyakaはA、2を引いた寺山はH、3を引いた女神はE、4を引いた大倉はDを選び、きれいに分かれたところで5番の紅絹がBを選んでAyakaとの対戦が決定。6番のsasoriはFを選び女神との再戦、7番の百花はCを選んで大倉との対戦が決定。8番のerikaは最後に残った寺山の隣Gに収まった。

 トーナメントプロデューサーの神村エリカは「めちゃくちゃいい組み合わせ。みんなかみ合いそう」、伊藤隆RISE代表も「神がかっている。楽しみです」と決定した組み合わせを評した。

 各選手は次のようにコメントしている。


Ayaka(左)「大きな大会に呼んでくれて感謝しています。NJKFミネルヴァの選手として勝利と優勝賞金を持っていかないといけないと思っています。1回戦の相手が紅絹選手、1ブロックに来ることは予想していました。同じ階級なので。打ち合いたいと思います。ボディで決めたいと思います」

紅絹(右)「このようなトーナメントを開催していただき出場できることでテンションが上がっています。一番は300万。私も個人事業主として厳しいので、お金に目がくらんだ新しいところを見せられると思う。生まれて初めて相手を選ぶことをしたので面白い。ボディで倒れたことはないと思いましたが、最近は一発目でダウンをもらうことが多いので言わないようにします。Ayaka選手とは同じ階級でRISE王者なので負けるわけにはいかない。勝つ。打ち合ってくれると言うので、バチバチ行って盛り上げてそのまま優勝したいと思います」


百花(左)「このようなトーナメントに出場させていただきありがとうございます。しっかり勝利してガンガン前へ出て賞金300万円を獲りたいと思います。(大倉がベンチプレスで100kgを上げると聞き)私は100kg上げられないので、ガンガン前へ行くと言いましたが体幹をしっかり鍛えて打ち合えるくらい成長しておこうかと思います」

大倉(右)「今回チャンピオンの方たちと戦えるチャンスをくださってありがとうございます。経験は浅いですが、経験を積んでないからこそ思いきり1Rから戦おうと思います。百花選手はベテランで経験の差がありますが、筋トレや練習、自分のやって来たことを信じて戦いたいと思います」


女神(左)「この大きな舞台に出してもらっているので、悔いのないようにしっかり勝ってベルトを巻けるように頑張りたいと思います。sasori選手には2月に負けているので、今回はちゃんと勝ちたいです」

sasori(右)「多くは語りません。目の前の対戦相手を倒すのみです。押忍。もう一回、面白い試合をしましょう」


erika「トーナメントに選ばれた時はとてもびっくりしました。ですが、私はトーナメントに向けて練習した中で成長して、自分の可能性を無限大に広げて優勝を狙っていきたいと思います。1回戦からRISEの王者と、画面で応援していた選手と戦えるのを嬉しく思います。自分の成長が楽しみ。絶対に勝ちます」

寺山「トーナメントに出場することできて嬉しく思います。ですが私の目標は世界一になることなので、ここで躓くわけにはいかないのでここを制して次のステップへ進められたらと思います。erika選手と平岡選手の試合は生で見ていました。パンチもいいし、ヒザもいい。素敵な選手だと思って見ていたので対戦できることを嬉しく思います。ですが私はRISE QUEENなので簡単には勝たせないし、私が優勝するので次に進みます」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事