K-1K-1
K-1
ニュース

【REBELS】“若き暴君”龍聖吠える「ビビッてた」対する千羽は「相変わらずムカつく顔」

2020/08/29 08:08
 2020年8月30日(日)東京・後楽園ホール『REBELS.65』の前日計量&記者会見が、29日(土)都内にて12:20より行われた。  第4試合の57.5kg契約BLACKルール(ヒジ打ち無し)で対戦する、注目を集めるスーパーホープの龍聖(TRY HARD GYM)、千羽裕樹(スクランブル渋谷)は共に57.4kgで計量をパス。  その後の会見で龍聖は「しっかり練習してやることをやって来たので明日はしっかりやるだけです。倒してレベルが違うところを見せます。お楽しみに」と不敵な笑みを浮かべる。千羽も「明日は自分が倒して勝って盛り上げます」と、倒すのは自分だと主張。  龍聖が「普通に殴って倒したいと思います」と言えば、千羽も「普通通りやれば倒して勝てると思っています」と一歩も譲らない。  これまでも記者会見とお互いのSNSで舌戦を繰り広げてきた両者。試合前、最後に顔を合わせた印象を聞くと龍聖は「ビビっていたと思いました」と薄笑い。千羽は「相変わらずムカつく顔をしているので倒してやろうと思います」と火花を散らした。  第5試合の52kg級契約REDルールで対戦する、濱田巧(team AKATSUKI)は51.9kg、MuaythaiOpenスーパーフライ級王者・白幡裕星(橋本道場)は51.85kgで計量をパス。  濱田は「4月、6月と大会が流れて試合が出来なかったので、明日は思い切り暴れたい。若くて勢いのある選手なので自分は自分らしい自分の戦い方をして勝ちたいと思っています」、白幡は「明日はこのご時世で試合ができることに感謝しています。明日勝ってひとつ言いたいことがあるので、濱田選手に勝つことに集中したい。試合は1~2回見て、スタミナが凄い選手だと書いてあるのを見ましたが、僕は気持ちで対抗したい」と、それぞれ語っている。 なお、今大会はツイキャスでPPV配信(有料配信)される。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事