GLORIOUSGLORIOUS
グラップリング
ニュース

【柔術】女子名勝負数え歌、ミレーナ・サクモトvs.石黒遥希=10月11日(日)「KIT01」

2020/08/13 13:08
 2020年10月11日(日)、都内某所にて開催される無観客&ライブ配信のブラジリアン柔術大会「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01」の第3弾カードが発表された。  女子茶帯マッチとして、ミレーナ・サクモト(TREE BJJ)と石黒遥希(CARPE DIEM)が、ノーポイント&サブオンリー(延長ゴールデンポイント制)で対戦する。  青帯時代から名勝負を繰り広げているという両者。  ミレーナは青帯時代に、2018年7月グランドスラム東京、8月JBJJF全日本、コパ・ブルテリア、9月IBJJFアジアの“夏の四冠”を女子で唯一、獲得するなど、イゴール・タナベやダニーロ・ハマザキらと並び新世代の旗手として大きく飛躍を遂げている。2020年1月のヨーロピアンでは紫帯ライトフェザー級で準優勝。  石黒遥希は2016年から2018年までアジア選手権3連覇。ボンサイ柔術時代から石黒翔也とキッズ時代から柔術界を席巻した石黒兄弟の妹だ。現在はCARPE DIEM所属としてスタイルも変え、クロスフィットにも取り組んでおり、2019年のJBJJF全日本ブラジリアン柔術選手権で女子紫帯ライトフェザー級で優勝し、茶帯となった。  2019年2月には、ノーギのワンマッチとして「QUINTET FIGHT NIGHT2 in TOKYO Japan Open Team Championship2019」で湯浅麗歌子の対戦相手として抜擢されている。  ミレーナと石黒の両者の直近の試合は、2018年の11月のKINYABOYZ主催の女子の賞金10万円トーナメント大会「QUEEN OF MAT」決勝戦で対戦し、延長戦の末、紫帯の石黒のバックを当時・青帯だったミレーナが制して優勝を果たしている。  過去の戦績は2勝1敗でミレーナが勝ち越しているというが、ともに茶帯として約2年ぶりの対戦はどうなるか。同大会を主催する橋本欽也氏のブラジルブログで両者は、以下のコメントで意気込みを表している。 ◆ミレーナ・サクモト(TREE BJJ)「遥希選手との対戦はいつも楽しみ」 「何度も戦っている遥希選手との対戦はいつも楽しみです。今年はヨーロピアン以降の大会が無く、自分自身久しぶりの試合で緊張しますが、全力尽くして勝利を目指していきます。応援よろしくお願いします!」 ◆石黒遥希(CARPE DIEM)「全力で一本取りにいきます」 「ミレーナ選手とは何度か対戦したことがあり、非常に強い選手です。もう一度対戦できることを嬉しく思います。今回はサブオンリーの試合ということで、もちろん全力で一本取りにいきます」 ◆KINYABOYZ presents「KINYABOYZ INVITATIONAL TOKYO 01 ~CLASH OF TITANS~」10月11日(日)都内某所15:00 開始予定 ※無観客で有料配信のみ 【配信方法】サブスクリプションサービス「KINYABOYZ JIU JITSU CLUB(KBJJC)」のメンバー限定Facebookページにて生配信。KBJJCに参加すると無料で視聴可能(※その他の配信方法も調整中で後日発表予定)。KBJJC参加中は大会のアーカイブ視聴も可能。 【決定カード】 ▼黒帯無差別級リダ・ハイサム(CARPE DIEM)イゴール・タナベ(IGLOO BJJ) ▼茶帯ルースター級吉永 力(トライフォース)イヤゴ・ウエノ(TREE BJJ) ▼女子茶帯ライトフェザー級ミレーナ・サクモト(TREE BJJ)石黒遥希(CARPE DIEM) ※その他、全8試合程度を予定 【出場予定選手】丹羽飛龍(AXIS横浜)※IBJJFパン2019優勝村田良蔵(OVER LIMIT BJJ)※SJJIFワールド 2018&2019優勝 ■ルール本戦・サブオンリー延長戦(本戦の半分の試合時間)はゴールデンスコア※時間切れはレフェリー判定※外掛け&ヒールフック、スラムなし ■試合時間黒帯8分茶帯7分紫帯6分青帯5分キッズ3分
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事