GLORIOUSGLORIOUS
キックボクシング
ニュース

【RISE】優勝賞金300万円の女子最強決定トーナメント開催、紅絹はぱんちゃん璃奈とMISAKIに出場呼び掛け

2020/08/13 08:08
 2020年8月13日(木)RISEがABEMAにて会見を行い、10月11日(日)神奈川・ぴあアリーナMM、11月1日(日)エディオンアリーナ大阪についての発表を行った。  両大会でキックボクシング最強女王決定トーナメントとして「RISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020」の開催が決定した。体重は-47.6kg。8人制で10月に1回戦4試合、11月に準決勝2試合と決勝戦が行われる。優勝賞金は女子キックボクシングとしては破格の300万円で、KOボーナスの30~50万円がプラスされる。(3分3R延長1R、決勝のみ延長を2Rにするか検討中)  トーナメントプロデューサーにはRISEの女子大会「RISE GIRLS POWER」アンバサダーを務める元RISE QUEENの神村エリカが就任。神村は「ただ一番強いヤツに一番輝いて欲しい。それだけなんです」とトーナメント開催の趣旨を説明。 (写真)伊藤隆RISE代表(右)と神村エリカ・プロデューサー(C)RISE このトーナメント開催を伊藤隆RISE代表に直訴したと言い、「トーナメントはGIRLS POWERのアンバサダーをやりながら、もっともっと女子が活躍する場であったり、もっと盛り上がる大会が出来ないかと考えていて。いろいろな団体にいろいろなチャンピオンがいるので一体強いやつは誰なのかなって。それは私が現役時代に選手としても突き止めたかったことでもあります。女子王者を集めてトーナメントをやることで今までにない女子の大会が出来るんじゃないかと提案しました。女子にチャンスが巡ってきました。正真正銘、私が軽量級で一番強いと、真のチャンピオンになりたいと思っている選手に出ていただく。そこで一番強い王者を決める。シンプルです。体重は46kgから48kgの間の選手に出ていただきたいので47.6kgでやります。所属は問いません」と、一番強い女子選手を決めようかじゃないか、とぶち上げた。  出場選手に関しては「ピックアップはしていますが、全枠決まっているわけじゃないので志願して欲しい。我こそはチャンピオンになりたい、その辺の王者には負けないって選手が出てくれば枠をあけます。ムエタイでもシュートボクシングでも総合格闘技の選手でもいいです」とし、伊藤代表も「女子は団体の垣根を越えられる可能性がある。我こそはという選手は手を上げて欲しい」と出場を呼び掛けた。  神村は現RISE QUEENのミニフライ級王者・寺山日葵(TEAM TEPPEN)、アトム級王者の紅絹(NEXT LEVEL渋谷)には「もちろん出場して欲しい」と言い、「シュートボクシングなら女神選手には参加していただきたい」と具体的な名前も。「でも、こちらから出て欲しいというよりは出たいと志願して欲しいですね。チャンピオンだから出られるはマンネリ化している。RISEが求めているメンバーは本当にこういうトーナメントを待っていたという勢いのある選手です」 また、優勝賞金に関しては「KO賞も別に相談して決めますが、男子と同じで30~50万(ラウンド数によって決定)。伊藤代表に優勝賞金500万円でお願いしたいと話したんですが、その金額を出せるパフォーマンスが正直女子は出来ていない、300万円かなと言われてしまいました(苦笑)。選手代表として言えばめちゃくちゃ悔しいです。でもやっぱり今の女子のパフォーマンスの現実は300万が妥当かなと。今回トーナメントで賞金以上のものを見せて、次回のトーナメントの賞金を引き上げらればいいかなと思います」との想いを話した。  ZOOMでの参加となった紅絹は「まず賞金額を聞いたので、これは体重を聞く前に出ますと言いました。女子でこれだけ出してくれるのはないので、破格と言うか、一番注目されるトーナメントになるかなと思います。戦いたい選手はたくさんいます。女神選手もそうですし、他団体で今度王者決定戦があるP選手(ぱんちゃん璃奈)とM選手(MISAKI)どっちも出てきてほしい。RISEの中でもまだ戦っていない選手はたくさんいますが、今回は外から来る選手をボコボコ殴ってみたい」と、他団体からの参加を楽しみにしているとする。  意気込みを聞かれると「神村さんには言葉で伝えるより試合を見てもらった方が早い。あと、さっきから(ABEMAの)コメント読んでるぞ、全然期待されてないの分かってるからな。見とけよ」と、視聴者に言い放った。  そして最後に伊藤代表は「神村プロデューサーも言っていましたが、最強女王決定戦にしたい。気合いが入っている選手に来てほしい。一番は自分の強さを証明するため、その先に付加価値がある。その根本を持っている選手、そういう覚悟を持った選手に出てきてもらいたい」と語った。  なお、RISE女子のエース・寺山日葵は会見直後に自身のSNSで「出たい」と早くも参戦を表明している。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事