GLORIOUSGLORIOUS
キックボクシング
ニュース

【新日本キック】勝次が藤本ジムの名を背負って出場「ミリ単位で修正」したパンチで潘隆成を迎え撃つ

2020/08/12 11:08
 2月大会以来、新型コロナウイルスの影響で大会開催を中止していた新日本キックボクシング協会が、9月27日(日)東京・後楽園ホールで『TITANS NEOS 27』を開催。同大会の記者会見が8月12日(水)都内にて行われた。  メインイベントでは、WKBA世界スーパーライト級王者・勝次(藤本ジム)がREBELSから参戦する元WPMF日本スーパーライト級王者・潘隆成(クロスポイント吉祥寺)を迎え撃つ。  会見には勝次が出席し、今後の活動について語った。 「今日は私、勝次の今後についてのお話ですが。恩師である藤本会長が亡くなられていまだ信じられずに動揺が隠せないのは事実です。昨年の12月8日、藤本ジム主催興行で藤本会長の勇退セレモニーが行われ、それが会長の目の前で試合をする最後でした。そこで他団体王者に勝利できたのはよかったと思います。  そして1月30日にキックボクシングが発祥した目黒藤本ジムが54年の歴史に幕を閉じました。1月30日から所属ジムの選手で話し合いましたが、それぞれが違う道で行くと考えて、その話し合いの中で僕は新日本キックボクシング協会に残ると決意しました。藤本会長に会う機会があり、そこでお願いをしました。僕は現役中に自分のジムをやりたいと思ってやってきました。藤本ジムが解散となってジムが無くなりましたが、自分のジムをやるまでの間、藤本ジムの名前を使ってやってもいいしょうか、と。会長はニコッと笑ってくれていくらでも使ってくれと言ってもらえました。  5月5日に会長は亡くなってしまったんですけれども、それからずっと伊原代表と話し合いを進めてこれからどう活動していくかを真剣に考えて、毎日のように話をしていました。最初は伊原道場所属でやっていけよと言っていただいたんですが、藤本会長とこういう話をしましたとお伝えすると、それでやるならやっていけ、伊原道場を自分のジムだと思って好きなだけ使っていけと言っていだけました。  9月にコロナ禍からの第一戦が行われるますが、僕は藤本ジムの名前で試合をしていくこと、伊原プロモーションとマネージメント契約をして活動していくことになりました。練習拠点は代官山になります。藤本魂を胸に秘めて、今は伊原代表の指導のもと練習を頑張っています」  キックボクシング発祥の地であり、日本初のキックボクシングジムとして1966年に生まれた「目黒ジム」(1999年に藤本ジムに改名)は1月30日に閉鎖。所属していた選手は緑川創がRISE、HIROYUKIがBOMに出場するなど、それぞれの活動を行っている。勝次は新日本キックボクシング協会に残り、藤本ジムの名を受け継いで活動していくということだ。  対戦する潘については「僕が2017年にKNOCK OUTでの一戦目で戦った不可思選手の後輩ですね。以前から知っていました。動画を研究してどうやって戦っていくか作戦を練って、伊原会長からも細かい指導を受けて練習に取り組んでいます」と、すでに対策に取り組んでいるとした。  前回2月大会ではロンペットY’Z D GYM(タイ)に判定負けを喫しているが、「ミドルキックを喰らいすぎてしまいました。試合後も1週間くらい腕が伸び縮みできなかったくらいです。相手の得意技を出させてはいけないと改めて教訓になりました。向かい合ったらすぐに得意技は分かるので、それをもらわないように、次は相手の得意技を出させないように試合運びができると思います」と、前回の反省点を活かしたいとする。  今回の試合は3分3R。「自分は3分5Rの方が得意ですが、3Rなら最初からガンガン行けます。3Rだから不利という感覚はないですね。ヒジありなら全然問題ないです。相手には癖があるので、そこも研究してどうなるかが楽しいです」と、最初から攻めていくとした。 (写真)前回1月大会ではロンペット(左)の強烈な左ミドルに敗れた 伊原道場で伊原信一会長(目黒ジム出身)の指導を受けるようになって、変化も感じている。 「最初にミットを持ってもらった時にフォームをミリ単位で調整してもらったんですが、それがドンピシャになるとパンチの威力が違います。突き抜けるようなパンチが打てるんです。体のズレを修正するのが凄いなと実感しています。それを普段から意識して普通に使えるようになれば凄く強いパンチが打てます。あとは足運び、構えに対しての意識が変わりました。以前はよくカウンターをとられて、最後の最後にダウンして負けたこともあるので練習からガードを意識してやっているので、もうカウンターを喰らうことはないでしょう」  9月27日は藤本ジム+伊原道場のスキルを身に付けた“新生”勝次を見ることができそうだ。  また、中村哲生(伊原道場本部)vs平田尚人(Tri.H Studio)が追加決定。中村は医療再生コンサルタントとして有名で、50歳を過ぎてのプロデビュー。伊原会長が全身全霊の指導を行っているという。対する平田はアマチュアで4戦のキャリアを持ち、こちらもデビュー戦となる。調整中となっていた第2試合の芳美(OGUNI-GYM)の相手は、6月のKrushで壽美と対戦したNA☆NA(エスジム)に決定した。  なお、新日本キックボクシング協会では8月21日(金)より、安全な大会運営のための資金を募るクラウドファンディングを「Makuake」で行うことも発表した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事