GLORIOUSGLORIOUS
MMA
ニュース

【RIZIN】朴光哲「けじめをつけないといけない」としながらも「いろいろ考えたい」

2020/08/10 16:08
 2020年8月10日(月・祝)神奈川・ぴあアリーナMMにて開催された『RIZIN.23- CALLING OVER -』の第5試合で、青井人(BLOWS)に判定で敗れた朴光哲(KRAZY BEE)が試合後コメントした。 「凄い残念です。もっといい試合をして盛り上げたかったですけれど。全然ダメな試合になったし、申し訳ない気持ちです。(青井は)思ったよりしっかり練習してきているなっていうのがあった。決してナメていたわけじゃないんですが、もっとやれるかなと思いました」と反省しきり。判定については「全然(不服はない)。判定になること自体がよくないことなので」と肩を落とす。  今後について聞かれると「こんなチャンスをいただいていろいろな人にサポートしてもらって結果がこれだから、けじめをつけないといけないというのがあります」と引退を示唆。朴は記者会見でも「これで負けてもどっちみち辞めると思うので、ロード・トゥ・朝倉未来を目指して頑張ります」と、負けたら引退するかもとコメントしていた。  その理由はと聞かれると「練習で脳みその中の自分と現実の自分が限りなく近くなるようにしているんですが、脳みその中の自分の方がスーパーマンで現実はただのクソジジイでした」と、思っていた動きと現実が乖離していることをあげる。  しかし、現役にやり残したことがないかと聞かれると「やり残したことだらけです。一攫千金を狙っているので。まあ、甘くないですね」と悔いがあるとした。  それならば時間が経ったらまたやりたくなるのでは、と聞かれると「多分そうなると思います。朴ちゃんやめへんで、って出てくるかも。時間はかかるかもしれないですし、分からないですが。マイナー団体でアーセンと出直すのか、いろいろ考えてやりたいと思います」と、現役復帰もありえるかもと今後のことはゆっくり考えて決めたいとした。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事