MMA
インタビュー

【RIZIN】古瀬美月「浅倉選手を踏み台にする」=8月9日(日)『RIZIN.22』

2020/08/09 02:08
 2020年8月9日(日)に横浜みなとみらいの神奈川・ぴあアリーナMMにて14時から開催される『RIZIN.22-STARTING OVER-』の第7試合で、古瀬美月(Y&K MMA ACADEMY)が初出場。浅倉カンナ(パラエストラ松戸)と対戦する。  柔道をバックボーンに、DEEP JEWELSでプロデビュー。AbemaTV『格闘代理戦争3rdシーズン』女子トーナメント準優勝で頭角を現した。  アトム級からミクロ級に階級を落として臨んだDEEPトーナメント1回戦では、元VALKYRIE女子フライ級王者・玉田育子に競り勝ち、決勝戦へコマを進めたものの、新型コロナウイルスの影響で5月の決勝が中止となっていた。  RIZINでのいきなりの抜擢、浅倉戦の「圧倒的不利」の予想の声に、古瀬は「試合が決まる前から研究していた」「これなら絶対倒せるという技を各局面で磨きに磨いてきた。会場のみんなをびっくりさせたい」と語った。 SNSの声を見ると“見とけよ”って ──浅倉カンナ選手との試合を最初に聞いたときは? 「話をいただいたときには“えっ”とびっくりしました。私でいいならやりたいと。でも、こんな時期ですから、いつでもいけるように準備していましたし、(5月に予定されてい)ミクロ級でのアム(ザ・ロケット)戦に向けて体重調整もしていました。いまは凄くワクワクしています。地元に近いので友達もたくさん応援に来てくれるので楽しみです」 ──浅倉選手とは練習をしたことがありますね。ずばり印象は? 「打撃が上手くてびっくりしました。上手いというか……強い。テイクダウンして極めるスタイルに隠れちゃってますけど、あのレベルになると、立ち技・組み技のどっちかだけじゃなくて、どっちもできて、さらに得意なところが突出しているなと思いました」 ──逆に手応えを感じたこともありましたか。 「はい。言えないですけど、“あっ、これが入るんだな”というのはありました。練習が終わってから、所属ジムに戻って、なんでこういう動きをするんだろうとやってみたんです」 ──浅倉選手の動きを古瀬選手がやってみた? 「はい。この動くに何の意味があるんだろう? と思ってやってみて、なるほどと感じる部分もありましたし、結構、研究をしました。それはこの試合が決まる前にやっていました」 ──浅倉戦が決まる前から、研究をしていたんですね。 「はい。いいところを採り入れようと。それもちょうど今回に活きます」 ──スーパーアトム級のトップクラスとの対戦に向け、どんな試合をしたいと考えていますか。 「私の全部をぶつけてもどうなるか、という相手なので、とにかく自分の持っている力を100%、120%出せるように、メンタル面でも鍛えてきました。大会場でも大丈夫です」 ──挑戦する立場で失う物が無い強さもあります。一発かましてやろうという気持ちもありますか。 「ありますね。やっぱり周りの人にも、SNSにも『浅倉カンナと(古瀬が)やるの? ヤバイじゃん』『絶対負ける』という声もあるので、そういうのを見ると余計“見とけよ”って気になりますね。心の中では“うっせー、バカ”って思っていますが(笑)、いろいろな人の声を受け止めて戦います」 ──DEEPミクロ級トーナメントで粘り強い玉田育子選手をドミネートした試合では評価も高かったと思います。 「いや、あの試合は消化不良の試合でした。あんなもんじゃないです。あれこそ緊張してしまって、自分から試合の流れを作れなかったので。相手の動きに対してのカウンターになってしまったので、そのあたりも課題にしてきました」 ──次の浅倉カンナ選手もレスリングの猛者です。 「そのあたりも練習してきましたし、スタンドと組み技、寝技、それぞれでKOする技、極める技──それだけに賭けているわけじゃないですけど、これなら絶対倒せるという技を、各局面で用意してありますので、それを磨きに磨いてきました。会場のみんなをびっくりさせたいと思います!」 ──秘策ありと。試合に向けての意気込みをお願いします。 「今回の試合は対戦相手が浅倉選手ということで今までのキャリアの中でたぶん、一番強い相手になるんですけど、この壁をしっかり乗り越えて、その先の自分の夢を叶えるために、浅倉選手を“踏み台”にしようと思います。記者会見でも言った通り、勝てると思ってこの場所に立っています」 ──会場での試合観戦を待っていたファンにも一言お願いします。 「試合観戦を楽しみに待って下さっていたファンの皆さま、試合がない間もいろんな応援メッセージやサポート、ありがとうございます。その感謝の気持ちを大きな舞台で、勝利という形で皆さんに返していきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!」 【写真】発売中の『ゴング格闘技』では、扇久保博正、朝倉海のロングインタビューに加え、堀口恭司、マネル・ケイプ、ビクター・ヘンリーが扇久保vs.朝倉海を予想! 浅倉カンナのインタビューも掲載。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年11月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事