K-1K-1
K-1
レポート

【K-1甲子園】大庭龍華と古宮晴のプロ対決で大庭が勝利、史上2人目の連覇を達成

2020/08/02 09:08
「ガスワンPresents K-1甲子園2020」2020年8月2日(日)東京・新宿FACE ▼K-1甲子園 -65kgトーナメント決勝戦 3分1R〇大庭龍華(一橋高校2年)判定3-0×古宮 晴(大阪体育大学浪商高校2年)※大庭が優勝。  決勝は予想通り、K-1甲子園2019 -65kg王者でプロ戦績4勝(2KO)1敗の大庭龍華と、聴覚障害のハンディを持ちながらも『格闘代理戦争』で史上初の3人抜きに成功して4月のプロデビュー戦も勝利で飾った古宮晴の顔合わせとなった。  開始すぐにローブローで中断。再開後、サウスポーの大庭が左ミドルを巧みに当てていき主導権を握る。さらに左ストレート。古宮も左右ストレートを伸ばしてパンチの連打につなげる。蹴られてもすぐに打ち返す古宮だが、大庭がパワフルな左ミドル、ヒザ蹴りで主導権を譲らず。大庭が近藤魁成に続く、史上2人目の連覇を達成した。 ▼K-1甲子園 -60kgトーナメント決勝戦 3分1R×藪崎 陸(星稜高校3年)KO ※左ハイキック〇松山勇汰(田柄高校2年)※松山が優勝。  藪崎は『格闘代理戦争』に木村組の一員として出場したことがある。松山は小学生で極真空手、中学2年生でキックボクシングを始めた選手。  サウスポーの松山は左の蹴りとストレート、右前蹴りで軽快に動きながら攻撃。相手もパンチを出して前へ出る。相手も小気味よくパンチを繰り出して松山にロープを背負わせるが、松山が蹴りで押し返して左ハイからコーナーへ詰めての左ストレートでダウンを奪う。相手は距離を詰めてパンチで倒しにかかったが、最後は松山が見事なタイミングで左ハイを決めて鮮やかなKO勝ちで優勝を飾った。 ▼K-1甲子園 -55kgトーナメント決勝戦 3分1R〇野田 蒼(STYLE高等学院3年)判定3-0×大村修輝(荒川商業高校3年)※野田が優勝。  野田はすでにプロデビューしており、2勝1敗1分の戦績。大村は名門パワー・オブ・ドリームで練習を積む選手。  サウスポーの大村は左ミドル、野田はパンチを出しながら前へ出るが大村の蹴りがローブローになり一時中断。再開後もお互いに頭を下げるためバッティングが発生。再開後、左ミドルを蹴る大村だが、両者とも頭を下げてフックを打つためバッティングが多発。再開後の打ち合いで野田が左フックでダウンを奪い、大村は取り返しに打ち合いに行ったが時間切れ。野田の優勝となった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント