ストライキング
ニュース

【RISE】北井智大vsマサ佐藤、知花デビットvs京谷祐希、樋田智子vs山本ユノカ=8月23日(日)「RISE141」後楽園

2020/07/30 20:07
【RISE】北井智大vsマサ佐藤、知花デビットvs京谷祐希、樋田智子vs山本ユノカ=8月23日(日)「RISE141」後楽園

(C)RISE

 2020年8月23日(日)後楽園ホールで開催される『RISE141』の追加決定カードが発表された。

 まず64kg契約で『北井智大vsマサ佐藤』が決定。北井はWORLS SERIES -63kgトーナメントのリザーブマッチで秀樹戦が決定しているなか、今回、マサ佐藤と対戦する。

 沖縄の名護ムエタイスクール所属の佐藤は、様々なイベントに参戦し中国の英雄伝説や西日本統一などでタイトルを獲得している。打たれ強さを誇り、激闘を連発する佐藤が今回待望のRISE初登場となる。

“殴り合い上等”の北井としても佐藤は絶好の相手、好勝負必至の試合に注目だ。

 また、ASIA SERIES -55kgトーナメント本戦出場が決まっている京谷祐希が知花デビットと激突する。

 知花は国内タイトルを数多く獲得してきたベテランファイターで、2017年5月優吾・FLYSKYGYM戦以来二度目の参戦となる。

 対する“伝説の壊し屋”京谷の実戦は2020年1月の志朗戦以来の試合となる。破壊力を秘めた一撃が今回は火を噴くか?

 最後に、19日の後楽園大会に参戦した元ボクシング世界王者の山本ユノカが仕切り直しの一戦として樋田智子と対戦する。

 山本は王者の紅絹に敗れたものの、持ち前のパンチテクニックに加え蹴りにも対応し“キックボクサー山本”として進化が期待されている。対する福岡のリアルディール所属の樋田はキックボクサーでありながらMMAにも挑戦している二刀流ファイター。異色の女子対決となる。

◆RISE141
2020年8月23日(日)後楽園ホール
開場17時/本戦開始18時予定

【追加決定カード】

▼-64kg契約 3分3R延長1R
北井智大(チームドラゴン/ライト級3位)
マサ佐藤(名護ムエタイスクール/英雄伝説64kg級アジア王者、西日本統一ライト級王者)

▼-56.5kg契約 3分3R
知花デビット(エイワスポーツジム/元WMC日本フェザー級王者、元WMC日本バンタム級王者、元WBCムエタイ日本統一バンタム級王者)
京谷祐希(山口道場)

▼ミニフライ級(-49kg)3分3R
樋田智子(リアルディール)
山本ユノカ(Kick Box/元WBA女子世界ライトミニマム王者、元OPBF女子東洋太平洋フライ級王者)

【既報カード】

▼ライト級(-63kg) 3分3R延長1R
秀樹(新宿レフティージム/同級1位、K-1 REVOLUTION FINAL-65㎏級世界王者)
麻原将平(パウンドフォーパウンド/同級4位、元HOOST CUPスーパーライト級王者)

▼バンタム級(-55kg) 3分3R延長1R
良星(平井道場/同級1位)
戸井田大輝(戸井田道場/MAキックボクシング日本スーパーバンタム級王者)

▼アトム級(-46kg) 3分3R
佐藤レイナ (team AKATSUKI/NJKFミネルヴァ アトム級3位)
小林愛理奈(FASCINATE FIGHT TEAM/第38回全日本空手道選手権大会2019軽量級優勝)

▼ミニフライ級(-49kg) 3分3R
AKARI(TARGET/2018年全日本女子大会-52kg級優勝)
大倉 萌(大道塾吉祥寺支部/2017年北斗旗全日本空道体力別選手権大会 女子-215クラス優勝)

▼ライト級(-63kg) 3分3R
久保田有哉(TARGET)
野口紘志(橋本プレボ)

※8月1日(土)チケット発売

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事