K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】瓦田脩二vsSEIYA、近藤拳成vs泰斗、TETSU vs西元也史が決定=6選手コメント

2020/07/28 13:07
2020年9月22日(火・祝)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)にて開催される『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』の記者会見が7月28日(火)都内で行われ、対戦カード第2弾が発表された。  スーパーファイトのライト級3分3R・延長1Rで瓦田脩二(K-1ジム総本部チームペガサス)とSEIYA(MAD MAX GYM)が対戦。  瓦田はアグレッシブなファイトスタイルでデビューから5連勝。その後は東本央貴、川崎真一朗、ワン・ジーウェイに敗れたが、蓮實光と前戦の稲垣柊にはKO勝ちしてる。7月21日のKrushでは得意の右ストレートを駆使して里見柚己から勝利を収めたK-1ジム総本部の若手リーダー格。  SEIYAは2015年8月からKrushに参戦し、2016年8月からは5連勝を飾ったが、2019年12月の『K-1』で負傷欠場した選手の代役として篠原悠人と対戦するはずだったが、計量オーバーで試合は中止に。6月のKrushでは弘輝にTKO負けしており、再起を飾りたいところ。 ●SEIYAのコメント 「今回やっと本戦でのチャンスをいただいたので、ものにしたいと思います。前回、6月の大会ではちょっと下手こいてしまったので、今回の試合で全部挽回したいと思います。大阪大会は毎度呼んでいただいてまして。今回も呼んでもらえて嬉しいなと思います。瓦田選手に関しては、僕と戦績もそんな変わらんし、そのうちやるやろうなとは思っていたので。面白い試合をしたいと思います。 (対戦相手は)身長もあって、手足も長くて懐も深くて。思った以上に攻撃が伸びてくるんじゃないかなとイメージしてます。けれど、もうすでにチームで分析済みなので問題ないと思っています。今回は巧さじゃなく、怖さを見せたいと思ってます。 (地元の)大阪でやるということでたくさんの応援が来るので、会場を盛り上げるような試合がしたいと思います。パンチでも倒せるというのを見せたいと思います。学生時代の友達であったり、ジムの関係者であったり、いろいろな方が来るのでいいところを見せたいと思います」 ●瓦田脩二のコメント 「前回の試合が終わって、すぐにオファーをいただいて、感謝しています。ライト級タイトルマッチやライト級のほかの試合も組まれてる中で、どこまで自分がインパクトを残してトップで戦えるか。そういう大事な試合になってくると思うので。勝つだけじゃなく内容にこだわって、この一戦をものにしたいです。  オファーをいただいた時は、試合直後だったので一瞬考えました。そのあと、いまK-1のトップで活躍されてる選手たちが、みんな連戦をものにして名前を挙げて、インパクトを残して勝ってる選手が多いので、自分もここは厳しい山を乗り越えてトップの選手になれるように頑張りたいと思いました。そのあと、深夜だったんですけれど、すぐ梶原代表に連絡して『出させてください』とお願いした感じですね。 (SEIYAとは)さっき話されたように、成績が同じくらいだし、里見選手と決まる前も『次はSEIYA選手か里見選手かな』と思っていたので。そういう面では意識してました。(SEIYA選手は『チームで分析済み』とのことだが?)それ以上に、自分は自分を分析してるんで。次はもっと進化したところを見せたいと思います。 (対戦相手の印象は?)まだ試合が決まって1日2日しか経ってないので、そんなくわしくは見てないんですけれど、イメージとしては気持ちが強くて、蹴りベースでパンチもできるような選手かなと思っています。判定とかじゃなく、もちろんKOで内容にもこだわって。ほかのライト級の選手よりもインパクトを残すKOをしたいと思ってます。  大阪の勝手な印象なんですけど、大阪のかたは正直なことを言うような印象があるので。自分がインパクトを残して勝つことができれば、そのぶん評価してくれると思うので。大阪の人にも好まれるような試合ができたらと思います」  スーパーファイトのスーパー・ライト級3分3R・延長1Rでは、近藤拳成(大成会館)vs泰斗(LEOPARD GYM)が決定。  近藤はK-1甲子園2015 -65kg準優勝、2016同優勝の実績を持ち、2016年4月にプロデビューした20歳。2019年8月のK-1大阪大会で大和哲也に挑んだが判定3-0で敗れた。11月のKrush大阪大会で再起戦に臨み、左フックでKO勝ちを収めている。7月11日のKrushではKrushスーパー・ライト級王者・佐々木大蔵に挑んだが、タイトル奪取ならず今回が再起戦。  泰斗は2010年からKrushに参戦。2015年8月にはKrushスーパー・ライト級王座に挑戦した。2016年以降は連敗が続いたが、2019年11月に約3年10カ月ぶりの勝利。12月のK-1名古屋大会では松岡翔大にKOで敗れたが、ベテラン健在ぶりを示したいところだ。 ●泰斗のコメント 「このオファーを聞いて、今まで僕は試合を断ったことは一回もなかったんですけれど、今回は迷いました。状況が状況で、コロナの状況とかあったので本当に迷って…。でも、昨年末名古屋でああいう負け方をして、K-1の大阪大会という大舞台でオファーもらって、腹くくってやるしかないと思って、今回出場を決めました。  最初は『マジか!』と思いました。全く試合とか予想してなかったので、準備としても迷いましたし、状況が状況で迷いました。でも、こうやって大舞台での試合のオファーをもらったので、迷ってても本当にやるしかないなと。もし断ったら次はないなと思ったんで決めましたね。 (対戦相手は)去年K-1大阪大会で大和哲也選手とやってますけれど、本当に何でもできるタイプ。オールラウンダーで、圧力をかけながら前にプレッシャーかけてくる印象がある選手だなと思います。(アピールしたいのは)髪型ですかね(笑)。まあ今は地味ですけれど。試合も判定決着はないと思う。やるかやられるかの試合になると思うので、試合でも盛り上げていきたいと思います。退かないファイトスタイルで見せられたらいいなと思っています」 ●近藤拳成のコメント 「約2週間前に試合が終わって、また新しい試合がすぐに決まって、K-1の大阪大会なんで凄い嬉しい気持ちです。去年は負けてしまったので、今年はしっかり勝って、次につなげたいと思います。2年連続でK-1大阪のオファーをいただいて凄い嬉しかったです。やっぱり東京でやる時と違って応援してくれる、会場に来てくれる人の数が全然違うので嬉しいです。 (対戦相手は)入場が凄い派手で、波に乗ったら凄い強い選手だなと思います。7月11日の試合では自分の強さを見せられなかったので、その悔しさも全部ぶつけて、近藤拳成強くなったなというところを伝えたいと思います。今までパンチでのKOが多かったので、今回は蹴りを見せながらパンチで倒したいと思っています」  スーパーファイトのスーパー・フェザー級3分3R・延長1Rでは、TETSU(月心会チーム侍)と西元也史(K-1 GYM SAGAMI-ONO)が決定。  TETSUは2018年8月からK-1 JAPAN GROUPに参戦すると、佐野天馬、伊澤波人を破って頭角を現した。3連勝でKrushフェザー級王者・江川優生に挑戦したがKO負け。2019年11月には斗麗に敗れて連敗を喫し、7月11日のKrushではスーパー・フェザー級に階級を上げて提髪和希に勝利している。スピードを活かしたパンチ&キックが持ち味。  西元は伝統派空手をバックボーンに持ち、2019年9月大会からKrushに初参戦。友尊をハイキックでKOするインパクト大のKrushデビューを飾ったが、11月の朝久泰央戦、松本涼雅戦と連敗。戦績は9勝(9KO)5敗2分で勝った試合は全てがKO勝ち。 ●TETSUのコメント 「地元大阪K-1の本戦に出られるってことで、メチャメチャ喜んでます。西元選手は3年前からずっとブッ倒したいと思っている選手なので、絶対に倒します。実は3年前に僕の先輩が西元選手にKOされていて。その時からずっと西元選手のことは見てきたので倒したいです。大阪で初めて本戦の大きい舞台で入場できるのを楽しみにしてます。 (対戦相手は)初めてKrushで見た時にえげつないKOしていて『ああ、凄いな』と思って。戦績の勝ちが全部KOなのは、ホンマに羨ましいです。僕もKOできるようにこれから成長していきたいと思ってます。この試合はスピード(TETSU)vsパワー(西元)って思われてると思うんですけれど、KOをいっぱいする選手を僕がKOしたいと思っています。まずは入場を見てほしいです。バッチリ盛り上げていくので」 ●西元也史のコメント 「前回しょうもない試合をしてしまって、『なんでオマエやねん』みたいな声が絶対あると思うんですけれど。リングでやっちゃったもんはリングで取り返すしかないと思うので。あんまり多くは語らんと、リングでしっかり倒しにいく姿勢を見てもらえたらいいかなと思っています。  僕は京都府宇治市出身なんですけれど、昔はよく大阪で試合をしていました。K-1大阪の舞台も、一昨年も去年もずっと客席のほうから複雑な感情で観ていて。こうやってチャンスが回ってきたので、しっかりつかみにいこうと思います。しっかり成長した姿を見せられるように、もっと頑張ります。  TETSU選手のことはフェザー級でやってた時からずっと見ていて、凄い強い選手だなと思います。身長177cmって聞いて、正直めちゃくちゃビックリしましたし、ちょっと羨ましい。わけてほしいくらいなんですけれど。長身だと思っていなかったので、これからちょっと対策してみようかと思います。  戦績はただの数字なので、僕はあまり意識してないんですけれど。やっぱりKOが一番求められてると思うので、KOこそ勝ちやと思ってるので倒しにいく姿勢を見てもらえたらなと思います。  いままで地元の人たちには、デビュー戦から見てもらった人もいますし、いろんな倒しかたを見せてきたと思うんですけれど、やっぱり成長した姿。パンチだけじゃなく、蹴りで倒す姿も、組み立てるところも全部見せたいと思っています。コッチ来て成長してるって今は実感しているので、やっと試合で形にできたらなと思っています」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事