K-1K-1
K-1
ニュース

【KHAOS】優勝者は夢が叶うご褒美付き、女子4選手によるトーナメントを開催

2020/07/16 00:07
【KHAOS】優勝者は夢が叶うご褒美付き、女子4選手によるトーナメントを開催

トーナメントに参戦する(左から)加藤、森川、中村K-1プロデューサーを挟んで豊嶋、谷田  (C)K-1

2020年9月5日(土)東京・新宿FACEで開催される『KHAOS.11』の記者会見が、7月15日(水)都内にて行われた。

 毎大会、様々なコンセプトで開催されるKHAOS。今回は「DREAM KHAOS」(ドリーム・カオス)という4選手参加のワンデートーナメントの開催が決定。しかも、優勝者は「夢」を叶えることができるというご褒美付きとなっている。

 出場選手はこの会見が終わった後から夢を考え、8月中に名前を伏せた状態で夢を事前公開。そして、大会当日に優勝者は自分の夢が何かを発表し、その夢を叶えてもらうという主旨の大会だ。

 トーナメントは女子アトム級と男子バンタム級で開催され、女子アトム級1回戦は以下の組み合わせとなった。

加藤りこ(K-1ジム五反田チームキングス
森川侑凜(サポートスクールグレス)

豊嶋里美(TEAM OJ)
谷田美穂(K-1ジム大宮チームレオン)


(写真)谷田と加藤は3月に対戦し、加藤が勝利している

 会見に出席した中村拓己K-1プロデューサーは、「KHAOSはキャリアの浅い選手や無名だった選手が一夜にしてスターになっていく大会。チャンピオンになる選手もKHAOSから羽ばたいてスターになっていった。今回は1日で夢を叶える姿を見てほしいという思いで企画した」とコメント。その言葉通り、女子のアトム級にエントリーされた選手は加藤りこ(1戦)、森川侑凜(2戦)、豊嶋里美(6戦)、谷田美穂(4戦)とまだキャリアの浅い選手ばかりだ。


(写真)派手なルックスで試合に臨む森川

 しかし、このトーナメントからのし上がろうという気持ちは4選手とも強く、「この全員に勝てば絶対に強くなったっていう自信がつく」(谷田)、「KHAOSに出ても知名度が上がるかどうかは自分次第。関係なく知名度が上がるようにがんばりたい」(豊嶋)、「今回のトーナメントは次へのステップアップ」(森川)、「大チャンスなので絶対優勝したい」(加藤)と、トーナメントへの意気込みを見せていた。

 果たして、ワンデートーナメントを制し、「夢」を叶えるのはどの選手なのか? またどのような「夢」が発表されるのかも注目される。


<各選手のコメント>

谷田美穂
「トーナメントなので緊張しますが、頑張ります。よろしくお願いします。(今回のトーナメントのオファーを受けた時の心境は?)大丈夫かなという心配と嬉しさがありました。(夢が叶うという企画についてはどう思った?)夢が叶うというのは凄くいいことなんですけど、まだ考えている途中なので。私は身体が小さくてボコボコによくされるので、この全員に勝てば絶対に強くなったっていう自信がつくので、それが今叶えたい夢ですね。

(一回戦で対戦する相手の印象は?)豊嶋選手は性格が良さそうなイメージです。あと、パンチとか手数が多くて、凄いやりにくそうなんですけど、それに負けないぐらいの試合をしたいと思います。(決勝で戦いたい相手、もしくは決勝で戦うと予想している相手は?)加藤選手に一回負けているので、加藤選手ともう一回できたらいいなと思っています。(ファンの皆さんには自分のどういうところをアピールしたい?)小さいけど、パンチで負けないっていう元気な印象を与えたいです。

(KHAOSをきっかけにブレイクした選手も多いが、そこは意識しているか?)知名度が上がってくれたらいいなと思っています。(野心家? 堅実派?)堅実派ですね(笑)。(ファンの皆さんへのメッセージは?)いつもジムで一緒に練習させていただいているので、その仲間たちや応援してくれる人たちのためにも、今回優勝したいと思います。応援よろしくお願いします」

豊嶋里美
「トーナメントが初めてなので、1日2試合というのが不安なんですけど、頑張りますので応援よろしくお願いします。(今回のトーナメントのオファーを受けた時の心境は?)コロナの影響でなかなか試合が決まっていなかったので、率直にオファーが来たので嬉しかったので。ワンデートーナメントは大変っていうのがあるんですけど、とりあえず嬉しかったです。(夢が叶うという企画についてはどう思った?)いきなり夢が叶うというのをいただいたんですけど、いきなり過ぎて何も考えられてない状況なので(笑)、会見が終わってからゆっくり考えたいなと思います。

(一回戦で対戦する相手の印象は?)前回の加藤選手との試合を1Rから全部見たんですけど、ガンガン自分から前に出るという選手なんで、それに付き合える体力つけないとなと思って、頑張ろうと思っています。(決勝で戦いたい相手、もしくは決勝で戦うと予想している相手は?)森川選手とは一度やっているので、どちらかと言うと加藤選手とやりたい。加藤選手に勝ってほしいなと思っています。(ファンの皆さんには自分のどういうところをアピールしたい?)今まではパンチメインで試合を進めていたので、今回は蹴りもたくさん出せるような試合にしたいと思っています。

(KHAOSをきっかけにブレイクした選手も多いが、そこは意識しているか?)KHAOSに出ても知名度が上がるかどうかは自分次第だと思っているので、関係なく知名度が上がるように頑張りたいと思います。(野心家? 堅実派?)多分、どちらも当てハマらないと思います。基本的に何も考えてないので、野心家、倹約家? あ、堅実派(笑)。多分、どっちでもないです(笑)。(ファンの皆さんへのメッセージは?)試合してない間もたくさんメッセージくれたりするファンの方がたくさんいるので、その方たちのために少しでも勝てるように頑張るので、応援よろしくお願いします」

森川侑凜
「今大会の主旨を中村プロデューサーに教えてもらったばっかりだったので、とりあえず夢がなんでも叶うということで、ちょっと会見中に考えて、必ず夢が叶うように、トーナメント必ず優勝したいと思います。よろしくお願いします。(今回のトーナメントのオファーを受けた時の心境は?)オファーが来た時、ワンデートーナメントと聞いていたので、私は体力が回復するのが結構早いので、ラッキーだな、チャンスだなと思って。これは必ず優勝できると。結構自信はあります。(夢が叶うという企画についてはどう思った?)夢が叶うというのはとても嬉しいんですけど、私は次のステップへ上がっていきたいと思っているので、それを目標にこのトーナメントも必ず優勝したいと思います。

(一回戦で対戦する相手の印象は?)YouTubeで加藤選手の試合を見させていただいたんですね。ちょっと抱きついてばかりだったので印象はあまりないです。(決勝で戦いたい相手、もしくは決勝で戦うと予想している相手は?)私はどっちの選手が上がってきても勝つ自信があるので大丈夫です。(ファンの皆さんには自分のどういうところをアピールしたい?)私はデビュー戦からずっとクリンチ、組み付いたりしないという試合をしてきたので、2試合したんですけど、どれも一回もクリンチしてないので、今回もその目標で行きたいと思います。

(KHAOSをきっかけにブレイクした選手も多いが、そこは意識しているか?)私、実は高梨knuckle美穂選手や菅原美優選手とK-1のアマチュアで同じ時に結構闘ってたりするんですね。一緒に出てきた時期もありまして。その時は私は全然勝てなくて、知られてなかったんですけど。で、他団体のアマチュアも出てたんですけど、その時に一緒に戦ってた娘たちも結構チャンピオンになってたりとかしているので、今回のト?ナメントは必ず優勝して、次のステップへ行きたいと思っています。(野心家? 堅実派?)パッとどっちか自分でもわからないです(笑)。(ファンの皆さんへのメッセージは?)先程も言いましたけど、今回のトーナメントは次へのステップアップだと思っていますので、必ず優勝したいと思っています。応援よろしくお願いします」

加藤りこ
「トーナメントは初めてなんですけど、大チャンスなので絶対優勝したいなと思ってます。よろしくお願いします。(今回のトーナメントのオファーを受けた時の心境は?)オファーが来た時は大チャンスだなって思いました。なので必ず優勝したいと思っています。(夢が叶うという企画についてはどう思った?)うれしく思います。なので、モチベーションが上がります。

(一回戦で対戦する相手の印象は?)森川選手の印象はアグレッシブだなっていう印象ですかね。(決勝で戦いたい相手、もしくは決勝で戦うと予想している相手は?)決勝でやるとしたら豊嶋選手に上がってきてほしいなと思っています。(ファンの皆さんには自分のどういうところをアピールしたい?)多分、出場する選手誰よりもテクニックは一番あると思うので、テクニックで圧倒して勝ちたいなと思っています。(KHAOSをきっかけにブレイクした選手も多いが、そこは意識しているか?)とりあえずトーナメント優勝して、知名度を上げて、次のステップに行きたいと思っています。

(野心家? 堅実派?)野心と堅実の意味がちょっと(笑)。(もの凄く大きな目標を立てるほうか、目の前のことをコツコツやるほうか?)目の前のことをコツコツやるのはどっちですか?(笑)。(堅実派)そっちだと思います(笑)。(ファンの皆さんへのメッセージは?)こうやって試合できるのもファンの皆さまや、関係者のおかげだと思っているので、必ず優勝して、みんなで喜びたいです。応援よろしくお願いします」

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年11月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事