K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】KO勝ちした『鬼山桃太朗』のリングネームに秘められたキャラ設定「これからも鬼退治」

2020/07/13 02:07
2020年7月11日(土)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.114』の一夜明け会見が、12日(日)都内にて行われた。  第4試合のスーパー・バンタム級3分3R延長1Rで蒼士(昇龍會)を2R1分26秒、右フックでKOした鬼山桃太朗(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が会見に出席。 「桃から生まれた鬼山桃太朗です」との自己紹介から始まり、「昨日の試合は、蒼士選手がすごく速くて上手くて、何回も心が折れそうになった場面もあったんですが、自分とセコンドを信じて最後まで諦めずにやれてよかったなと思います」と振り返った。  KOを奪った右フックは「右のパンチは、倒せたな、立ってこられないだろうなって感じでした。練習から狙っていたので、それが入ったなって感じです」と手応えを感じていたと言い、「改名1試合目で、蒼士選手みたいな実績のある選手を倒せて、存在感は示せたと思います。ただもっと強い選手がいると思うので、そういう選手とやっていって、もっと存在感を示していきたいです」と意気込んだ。  そこで質問されたのが「鬼山桃太朗」というリングネーム。その由来は「ジムの先輩の卜部弘嵩選手と一緒にお仕事させていただいていた期間があって、その時に『プロとしてキャラがあった方がいいよ』と言われて、僕は岡山出身なので『桃太郎キャラがいいです』と言ったら、『鬼山桃太朗でいこう』と。僕も『あ、いいな』と思って、それになりました(笑)」と、卜部弘嵩が命名したものだという。  しかし、鬼と桃太郎が一緒になっているのはどういうことか。それを聞かれると「これもヒロ(卜部弘嵩)さんが考えてくれました。みんなが知ってる桃太郎は、川から流れてきた桃をお婆さんが拾って、健全なお爺さんとお婆さんが育てるという話なんですけれど、僕は桃が流れ着いたのが鬼の山なんです。で、拾ったのも鬼で、鬼に育てられたから『鬼山桃太朗』ということになっています。だから優しい面も持ちつつ、時折鬼のような一面も見せるという、そういう裏設定をヒロさんが考えてくれました」と、細かいキャラ設定を明かした。  会見場が笑いに包まれる中、本来なら退治される側の鬼に育てられた桃太郎はどこへ向かうのかと聞かれると「Krush、K-1というリングに殴り込みに行かせるために、鬼が鍛えたみたいな(笑)」との設定を口にし、「これからも僕の鬼退治についてきてください」と、鬼=K-1とKrushの強豪を退治していきたいとキャラを貫いた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事