AbemaTVAbemaTV
グラップリング
コラム

【2001年6月の格闘技】山本“KID”徳郁が1回戦で足首負傷も決勝進出、柔道・サンボ・柔術と対決

2020/06/14 17:06
 1986年10月に創刊され、30年以上の歴史を誇る格闘技雑誌『ゴング格闘技』が、秘蔵写真と共に過去6月にあった歴史的な試合や様々な出来事を振り返る。第25回目は2001年6月10日、ZEPP TOKYOで開催された組み技大会『the CONTENDERS Millennium-1』より、豪華な出場メンバーで話題を呼んだライト級トーナメント。 (写真)1回戦/KIDは小室を綺麗にテイクダウン。レスリングの力を見せつけた 宇野薫がプロデュースする『the CONTENDERS』は組み技(グラップリング)限定の格闘技大会で、プロの総合格闘家は元より様々な有名格闘家が参戦して話題を呼び、前売りチケットは即日ソールドアウトするほどの人気があった。  2001年6月大会で組まれたのはライト級トーナメント。出場選手は山本“KID”徳郁(PUREBRED大宮)、小室宏二(RJJ)、阿部裕幸(RJW)、若林次郎(SKアブソリュート)、矢野卓見(烏合会)、戸井田カツヤ(慧舟会)、五木田勝(木口ワークアウトスタジオ)、バレット・ヨシダ(グラップリング・アンリミテッド)と豪華な8名。  1回戦第1試合から注目のカードが実現。KIDと現役柔道家の小室宏二が激突したのだ。KIDは1999年全日本レスリング選手権準優勝、小室は強化選手に指定されている日本柔道界きっての寝業師。レスリングと柔道の国内トップクラス同士の顔合わせが実現した。 (写真)1回戦、コムロックから返し技を決めてKIDを引っ繰り返す小室 スパッツ姿のKIDに対し、小室は柔道衣で登場。1R、KIDは動いてタックルを狙う。2度テイクダウンに成功して優勢に試合を進める。  2Rには、小室は道衣のズボンを脱ぎ、上だけ道衣で出てきた。KIDの腕を抱え込んで引き込む、小室のオリジナル技「コムロック」の形だ。抱えた腕の肘関節を狙う小室。KIDは胴を抱え込んで防ぐ。すると小室は得意の連携パターンでKIDの身体を返す。寝業師の面目躍如だ。しかし、抑え込みきれずにスタンドへ。 (写真)1回戦、小室得意のコムロック。腕を固め、肘関節、絞め、返して抑え込みを狙う複合技。「有名だから防ぎ方を教えてもらっていた」とKID 前日、米子で行われた柔道の団体戦に出場、優勝を遂げている小室は、とんぼ返りでの出場ということもあり、かなり息があがっている。  KIDはタックルで揺さぶりをかけ、小室にペースを渡さない。終了間際、小室は逆転を狙ってカニバサミからの足関節を狙うが、ここでタイムアップ。判定40-38でKIDに軍配が上がった。 (写真)準決勝、若林の足関節技から脱出しようとするKID。痛めていた右足首ではなかったことが幸いした 準決勝ではサンボの若林との対戦となり、レスリングで優位に立つKIDに若林は足関節技での逆襲。決め手を欠いたが、延長戦の末にKIDが判定2-0で勝利を収めた。  そして決勝戦。相手はADCC2001の65kg級で準優勝を収めている強豪柔術家のバレット。KIDとは同居もしている練習仲間だ。しかし試合は、KIDがテイクダウンし、すぐにバレットが上になったところでセコンドからタオルが舞い、26秒で突然の終了。バレットの優勝となった。  実はKID、1回戦の小室戦でカニバサミをされた際に右足首を負傷していた。「タックルに行った時に(痛めた右足首が)グキッとなって、セコンドにタオルを要求しました」(KID)と試合後に明かした。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事