GLORIOUSGLORIOUS
MMA
ニュース

【MMA】女子格闘技も日米で再開! RENAと1勝1敗ヴァンザントが、浅倉カンナと接戦ザペテラと対戦

2020/06/11 05:06
 女子MMAの「Invicta FC」が7月2日(日本時間3日)、ホームである米国カンザス州カンザスシティのメモリアルホールにて、大会を再開することを公式ウェブサイトにて発表した。  新型コロナウィルス感染拡大後、初のライブイベントとなる「Invicta FC 40」は、カンザス州アスレチックコミッション監修の下で行われ、参加者全員に大会前にコロナウィルスの検査を実施。無観客で報道メディアも入れずクローズド・ドアの中で開催、UFC Fight Passで生中継される。  3月6日の「Phoenix Series 3」以来、約4カ月振りの活動再開となる同団体のメインは、ストロー級でエミリー・ドゥコッティ(米国)とジュリアナ・リマ(ブラジル)が対戦する。  2019年11月に村田夏南子(日本)に判定負けし、世界ストロー級王座戴冠を逃したドゥコッティは9カ月振り再起戦。過去には適正階級より一つ上のフライ級でBellator女子世界王者イリマレイ・マクファーレンとのタイトルマッチも経験している。  対するリマはUFCで3勝4敗後、Invicta FCにカムバック。2019年5月の前戦では「Phoenix Series 1」でダニエル・テイラーを破るも、同日の2回戦で現UFCのブリアナ・ヴァンビューレンに敗れている。  ともに組み技を得意とするが、リーチ・コンパスも長いリマは遠目の距離からの打撃、さらに組んでのヒザ蹴りなど打撃でも勝負が可能だ。  一方のドゥコッティは、オーソドックス構えから左右の出入りは速く、強いローキックも誇る。Bellator時代には試合後半でマクファーレンにダブルレッグを決めるなど、フルラウンドを戦い抜く粘り強い戦いを持ち味としている。  また、セミではRENAと日米で戦い1勝1敗のリンジー・ヴァンザント(米国)が、RIZINで浅倉カンナにスプリット判定で敗れているアリーシャ・ザペテラ(米国)と対戦するアトム級戦も組まれた。  寝技師ながらローキックでキックボクサーのシノ・ヴァンフーズを撃破しているヴァンザントに対し、ザペテラは2016年リオ五輪の代表候補となったレスラー。ダブルレッグから際の打撃も得意とし、近距離で強さを発揮する。下からの関節技も得意とするヴァンザントだが、トップが強いザペテラには注意が必要だ。  日米で足並みを合わせたかのように、日本でも女子格闘技のDEEP JEWELSが7月23日(木・祝)の新宿FACE大会開催を発表。約500人収容の新宿FACEで、「東京都のロードマップに従い、最大でも200席まで」の収容とし、2020年2月大会以来、約5カ月ぶりの大会に臨む。  東京都は現在発動している「東京アラート」を、感染状況が悪化しなければ6月11日にも解除を決める方針で、アラート解除後は休業要請の緩和についても速やかに「ステップ3」への移行を検討するとしている。ステップ3では、1000人までのイベント開催が可能となる。  各国で状況は異なるが、コロナとともにある経済活動、格闘技大会の開催に注目だ。 ◆Invicta FC 40Strawweight: Emily Ducote vs. Juliana LimaAtomweight: Alesha Zappitella vs. Lindsey VanZandtFlyweight: DeAnna Bennett vs. Victoria LeonardoFeatherweight: Chelsea Chandler vs. Liv ParkerFlyweight: Claire Guthrie vs. Laura AndersonStrawweight: Genia Goodin vs. Shelby Koren
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事