AbemaTVAbemaTV
空手
コラム

【1990年6月の格闘技】極真に重量級のホープ誕生、20歳の岩崎達也が待望の初制覇

2020/06/02 18:06
 1986年10月に創刊され、30年以上の歴史を誇る格闘技雑誌『ゴング格闘技』が、秘蔵写真と共に過去6月にあった歴史的な試合や様々な出来事を振り返る。第5回目は1990年6月2・3日、大阪府立体育会館で開催された『第7回オープントーナメント全日本ウェイト制空手道選手権大会』。 (写真)滝田も終盤、左右の膝蹴りで反撃に出たが逆転するには及ばなかった 角田信朗、柳澤聡行ら正道会館勢の参戦で盛り上がった重量級だが、決勝に進出したのは岩崎達也(城南支部)と滝田巌(城西支部)の極真勢だった。  岩崎は高校時代から首都圏交流試合を制するなど“大器”としてその名はかなり前から知れ渡っていた。1988年の第5回全日本ウェイト制では準々決勝で敗れたものの、恵まれた身体を活かしたパワーのある突き、キレのいい蹴り、さらに抜群の空手センスで会場のファンに鮮烈な印象を焼き付けている。  しかし、大学受験のため選手生活を離れ、ここ2年間は極真にとってもファンにとってもファンにとっても残念な冬眠期間となっていた。そろそろ世界選手権大会も近い、ということでいよいよ本格的に再始動し、4月の福島県大会で選手にカムバック。(写真)勝利の雄叫びをあげる岩崎。なお、今大会では正道勢などガッツポーズを連発する選手が多く、以降ガッツポーズは禁止となった この大会では「自分で何をしているのか分からなかった」と悔いの残る戦いで2回戦敗退。ブランクの大きさを感じさせたが、逆に岩崎に火をつける結果となったようだ。  気を引き締めて臨んだ今大会、強豪を相手に緊張の連続だったことも結果的に岩崎に幸いした。前日予選、当日予選ともに手こずり、1回戦では前年の中量級王者から勝利をもぎ取った。  準々決勝では、佐竹雅昭に次ぐ正道会館のナンバー2・柳澤との対決を迎えた。「いろいろなプレッシャーを感じてしまって…」と試合後に心境を明かした岩崎だったが、接近戦から右下段、右上段廻し蹴りを決めて文句なしの優勢勝ち。難敵をクリアーした。 (写真)試合後、健闘をたたえ合う両者。滝田は前年のベスト4から準優勝にステップアップした ここまでくれば元々地力のある岩崎。準決勝では右上段廻し蹴りと右後ろ蹴りの技あり2つで合わせ一本勝ち。決勝では角田信朗を降して上がってきた破天荒ファイター・滝田のガムシャラな攻撃に一歩も退かず、得意とする右上段廻し蹴りを再三叩き込み本戦で決着をつけた。 (写真)大山倍達総裁(左)から表彰状を受け取る岩崎 20歳で初のビッグタイトルを掌中にした岩崎は「今までは習ったことをひとつも出せなかったけれど、今日はそれがうまく出せた。80点のできですね」と会心の笑み。翌年の世界選手権大会へ向けて極真にとっては、嬉しい重量級ホープの誕生となった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事