K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】MIOが10カ月ぶりに沈黙を破る、K-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTに所属したことをファンに報告

2020/06/01 13:06
2020年6月1日(月)、女子ファイターのMIOが2019年8月以来となるSNSを更新。K-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTに所属して練習していることを明かした。  MIOは元シュートボクシング日本女子ミニマム級王者で、シュートボクシング女子軽量級のエースとして活躍したが、2019年7月に突如シュートボクシングからの引退を発表。同年8月24日にはエディオンアリーナ大阪にて開催された『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイト in 大阪~』のリング上に現れ、「K-1ファンの皆さん始めまして。この度、K-1への参戦が決定しましたMIOです」とK-1電撃参戦を表明。  その後、シュートボクシング協会からまだ契約期間中であったことが発表され、MIOは表舞台から姿を消していた。  MIOは今回の投稿で「みなさまお久しぶりです! 今コロナウイルスの影響で大変な日々が続いていますが、みなさまはどうお過ごしでしょうか? 私も感染対策を徹底して毎日を過ごしています」と、ファンへ久しぶりの挨拶。 (写真)約10カ月ぶりにSNSに投稿。よく練習していることがうかがえるグローブの写真を掲載した(MIOのInstagramより)「今、私はK-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTに所属して練習しています。新しい練習環境でフィジカル・メンタルともに充実した日々を送っています」と、武尊や野杁正明など強豪を多数擁するK-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTに所属し、練習していることを明かした。  そして「具体的な試合のスケジュールは決まっていませんが、みなさまの前でリングに立つ時にはさらに強くなったMIOをお見せできるよう一生懸命頑張ります」とのメッセージを送った。  沈黙を破ったということは、MIOがK-1のリングに立つ日が近付いたからか。SNSにはよく練習していることがうかかえる、本名の「澪」と刺繍されたイメージカラーの黄色いグローブの写真も掲載されている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事