K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】6月21日・28日に2週連続で後楽園ホール大会を開催、タイトルマッチも

2020/05/22 17:05
2020年5月22日(金)、『Krush』の今後の大会スケジュールおよび対戦カード発表会見が、LINE LIVEとInstagramで生配信された。  Krushは3月28日に後楽園ホールで無観客大会の『Krush.112』を開催後、4月25日の『Krush.113』を5月30日に延期したが緊急事態宣言の延長を受けて再び延期。5月9日に大阪での開催が決まっていた『Krush.114』も延期となっていた。  その延期となっていた両大会が6月21日(日)と6月28日(日)の2週にわたって東京・後楽園ホールで開催されることが決定。  4月大会で決まっていた王者ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)vs挑戦者・篠原悠人(DURGA)のKrushライト級タイトルマッチ、5月9日の大阪大会で決まっていた王者・佐々木大蔵(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vs挑戦者・近藤拳成(大成会館)のKrushスーパー・ライト級タイトルマッチは5月30日の後楽園ホール大会にスライドされたが、同大会も緊急事態宣言の延長を受けて再び延期。 (写真)ゴンナパーvs篠原(右)、佐々木vs近藤(左)のタイトルマッチはそれぞれ21日と28日に行われることに そこで今回、ゴンナパーvs篠原のライト級タイトルマッチは21日、佐々木vs近藤のスーパー・ライト級タイトルマッチは28日に行われることが決定。21日の『Krush.113』は全対戦カードが発表され、28日の他のカードは後日発表となる。  会見を行った中村拓己K-1プロデューサーは「2大会の観戦チケットは今後の状況を鑑みて調整して後日発表させていただきたいと思います」とした。  緊急事態宣言は早ければ25日にも全面解除されると見られているが、22日に小池都知事が会見で東京都ロードマップの詳細を発表。段階的な緩和のステップとして、ステップ1(50人までのイベント開催)、ステップ2(100人までのイベント開催)、ステップ3(1000人までのイベント開催=ただしクラスター発生歴があるか、またはリスクの高い施設を除く)と三段階を示した。  6月21日および28日までにどこまで緩和されるかによって入場者数、もしくは無観客での大会開催が決められることになりそうだ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事