MMA
インタビュー

【DEEP】佐伯繁代表に聞く「希望も含めて7月、8月ぐらいからは大会が出来ると思っています」

2020/05/10 05:05
2020年5月5日(火)。本来なら翌日に東京・後楽園ホールで『DEEP JEWELS 29』と『DEEP 95 IMPACT』が開催されるはずだったが、新型コロナウイルスの影響により中止。3月1日に開催した『DEEP 94 IMPACT』を最後に活動を休止している。 「次回大会は今夏の開催を目指す」としている佐伯繁代表に、興行再開の可能性を聞いてみた。 DEEPはなぜ無観客でも大会をやらないのか ――本来なら5月6日に後楽園ホールでDEEPとDEEP JEWELSが開催される予定でしたが大会は中止。5月4日には緊急事態宣言の5月末までの延長も決まりました。この状況にどう思われていますか? 「大会の中止を発表したのが4月7日ぐらいですが、周りの雰囲気やいろいろな話を聞いてその前から中止にしようと内内に決めて選手には伝えていました。2月、3月の状況だと2週間前くらいに中止にするケースもありましたが、1日1日状況が変わっている中で選手の練習が出来ない環境や色んな諸事情を考えると、早めに中止なり延期を発表しないといけないと。それに外国人選手が日本へ来れないことも含めて判断しました。  その分を7月中旬に昼夜興行と大阪を含めて4大会を予定しているんですが、それをやるかやらないかの判断が難しいです。緊急事態宣言がいつまで伸びるかの様子を見ながら考えようかなと思っていたら、4日に5月末までの延長が決まったじゃないですか。これが微妙な日程で緊急事態宣言が終わったとして大会までの1カ月半ぐらいの中で券売や選手のコンディション含めて可能なのか。もしくは5月末に解除されても、また感染が拡大して途中でダメですとなることもあり得るし。  そういう意味では、7月にやる予定も悩んでいます。8月に移行して会場を探すのか、現状答えが出ません。5月大会のマッチメイク自体は8割は終わっていたのですが、“延期”ではなく“中止”としたのは全く同じマッチメイクが組めるか分からないからです。5月の大会もそうですが、選手によっては断るつもりだったという選手もいれば、大丈夫ですとか様子を見る選手もいれば、俺は命を懸けてやるっていう選手もいました。  こういうご時世になって、最終的に主催者が大会をやります、どうしますかってなった時に発表していたカードがそのまま出来るかどうかは選手が選択できると思います。練習環境や仕事に家族など色んな問題もあるし、感染するリスクもあるので仕方がない状況でしょう。もう一度カードを組む時に確認しないといけませんので難しいタイミングですね」 ――5月に試合が決まっていた選手が、7月か8月にそのままスライドして出られるとは限らないということですね。 「コロナの情報が1日1日変わっているから、状況を見ないといけないと思って1日中テレビでニュースばかり見ていますよ。暇だし(笑)。そんな中、選手からDEEPは無観客で大会やらないんですかと言われる事もあり、この機会に聞いてもらいたい事があるんです。これはあくまでも僕個人の考え方で色々な人の意見があるのは分かっているし、どれが正解ということもないと思います。  皆さんもご存じの通り、僕は不摂生で太っちゃって決して体が強いわけではないです。コロナが流行してからみんなに『生きてますか?』って心配されます。でも、元々持病がある人もいますし、高齢の方もいますよね。  僕は格闘技って、色んなスポーツ、エンターテインメントの中でも怪我をする確率が高いと思うんですよ。現状、死亡保険や高度障害などの保険以外の保険はないわけですし、負けた方はもちろん、勝った方も無傷ではいられないケースもあります。これまでも試合後に救急車に運ばれたり、大きな病院に行くことになったりとか何度もありました。  僕が大会の開催をためらうのは、この医療崩壊が懸念される状況の中で怪我をしてしまい病院に行き医療に負担をかけることをやっていいのかってことなんです。リングドクターだって現場で診られることって限界があるじゃないですか。病院ではコロナ以外の患者も治療しなければならない状況にあえてまた負担になる事を増やしても良いのでしょうか。これは無観客だろうが同じだと思います。  最近では自宅待機していた軽症者が亡くなってしまい今までとは医療の状況も変わってきているじゃないですか。昨日たまたまニュースを見ていたら、ニューヨークに違う州からドクターが応援に行ってる映像をみました。日本だって元々医療をやっている人は手伝ってくださいって言っている状況である事を理解してほしいです。  僕は不摂生で持病があるので人よりは免疫力も弱く感染したら重症化するリスクが高いじゃないですか。怖いですよ。1日6回くらい体温を測っています。たまに36.8度とかあるとビビッてしまいますね。あと実際に、近しい人が何人かコロナに感染し、危なかった人もいました。すぐに病院で診てもらえなくて入院まで時間がかかったということを聞いたから他人事ではありません。  例えばリングドクターが個人で病院をやっていたり、専門外だとしても他の病院のフォローをしないといけないケースもあると思うんですよ。この医療破壊が懸念される時期にリングドクターをする事も周りから非難される可能性もあるでしょう。そんな状況の中で怪我をする確率の高い試合をやるべきではないと思っています。  もしも自分の子供や家族など大切な方が病気や怪我で病院に行ったら格闘技の試合で怪我をした人がいてすぐに診療できないとなったらどうしますか? 納得できますか。それとこの状況の中で覚悟を決めて試合する選手も誰かに移した時の事ももう一度考えてみてください。自分は良くても他人に迷惑をかけてしまうかも知れないのです」 ――アメリカのリングサイド医師協会(Association of Ringside Physicians)は「コンバットスポーツアスリートは試合後に医療処置を必要とすることが多く、すでに圧迫されている医療システムにさらなる負担がかかることを望まない」との声明を出していますが、佐伯代表の意見と同じですね。 「そうなんですか。それは知らなかったです。僕がなぜそういうことを考えるようになったかと言うと、僕は月に3回病院に通っているんですよ。でも、その病院は今、閉鎖されています。コロナ感染者が出たからです。だから僕、病院へ行けないんですよ」 ――佐伯代表がヤバいじゃないですか。 「まだ薬が残っているので大丈夫です。他の病院も忙しい時なので迷惑かけたくないし、なくなりそうになったら送ってもらうことも出来るそうなので。でも、感染者が出たとなると再開されても行きにくいですよね。現実として身の近くにそういうことが起きているので、医療関係者に余計な負担をかけてしまうのはよくないんじゃないかと思ったわけです。  もちろん経済活動も大切だと思います。そんな時期に試合する選手やスタッフは感染するかも知れないリスクがあるわけですから本当に凄いです。でも、試合で怪我したら今度は医療に負担がかかるわけじゃないですか。もう覚悟を決めて、どんな怪我を負っても病院に行かないって言うのなら別ですけれど、そういうわけにはいかないですからね」 [nextpage] 医療がある程度回ってきた時が再開の時かな ――選手が感染したとの話は聞いていませんか? 「今のところは聞いていません。ただ、知り合いの方が言っていましたが、感染して重症化したら、治っても後遺症が残る可能性があるそうです。選手は試合が出来なくなるかも知れないので本当に気を付けてもらいたいです」 ――世界的に医療従事者への支援の声は高まっています。佐伯代表がそういう声をあげることはいいことだと思いますが、今のままでは興行再開の目途は立ちませんね。 「医療がある程度回ってきた時が、僕は再開の時かなと思っています。医療の余裕が出てきた時」 ――しかし再開したとしても、以前のような興行スタイルでは出来ないのではないか、との懸念もあります。 「だから今は、どこまで感染するか、ワクチンがいつ完成するかを見ているところだと思います。実際、台湾や韓国は新規感染者がゼロになったこともあるじゃないですか。日本がそうなる事を願っています。確かに以前のようにはイベントが出来ないかって話をすればそうかも知れません。みんながマスクを着けることもそうだし、手を洗うことによって感染が少なくなればなるほど医療に余裕も出来てくるじゃないですか。だから今は耐える時だと思うんですよね」 ――年内のイベント開催は無理、収束には少なくとも2年はかかるとの見方もあります。 「色々な意見がありますね。その答えは分からないです。ただ、地域によっては学校が再開したり50人以下の小規模のイベントはいいですよとか緩和化されてきていますよね。段階的にアメリカもヨーロッパも経済活動を再開しようとしています。抗体や病院の医療だっていろいろなことが分かってきているでしょうし、日々変わってきていますよね」 ――6月1日に緊急事態宣言が解けたとします。そこから選手に7月に試合をやると声をかけて、やりたいという選手が少なかったらどうされますか? 「医療状況を含めてやれそうだったら、試合ができる選手だけでもやりたい思いはあります。ただ、5月6日の分と元々7月にやろうとしていた分があるので、試合数が少なくはならないと思います。でも5月末に緊急事態宣言が解けたとしても、またどうなるか分からないじゃないですか。だから、準備期間を考えると7月にやろうとしていた3大会を8月に空いている会場を探して移行するプランを含めて考えています」 ――8月と言えば、榊原信行CEOが提案したRIZINのメガイベントが…。 「メガイベントも医療に余裕がなければ難しくないですか。8月にやるとすれば6月には動いていないと出来ないですからあまり時間がないですね。RIZINさんはイベントがデカいから、僕らよりもっと慎重になるんじゃないですか」 ――希望的観測で言えば、年内に格闘技イベントが再開される可能性はあるということですね。 「最悪年内は開催できない覚悟もしていますが、僕は7月、8月ぐらいからは出来ると思っています。もちろん希望も含めて。感染予防や除菌などあらゆる安全策を講じての話ですけれどね。100%以前と同じには出来ないと思います。例えば来場者に検温してマスクをさせて連絡先を書いてもらったり、選手、セコンド、スタッフは2週間前から検温の申告を義務付けるとか。やれる事はやるつもりです。  例えばこれは無観客での話しですが検査も含め選手、スタッフの全員を試合前後の2週間は完全隔離してやれれば安心して家族の所に戻れるんですがね。まあスタッフの準備や会場の方、音響さん、照明さんなど外部スタッフを含めると現実的には難しいです。  しかし、ニュースを見ているとだんだん1日の感染者が減ってきているし、県によっては緩和されてきている。もっと医療が回ってくることによって事態は変わってくると思っています。あくまでも僕の希望ですけれどね」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事