AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【修斗】3・29後楽園ホール大会は無観客大会から中止に「選手、スタッフの身の安全を第一に考え」

2020/03/28 00:03
2020年3月29日(日)東京・後楽園ホール『プロフェッショナル修斗公式戦』が、中止になることが発表された。  同大会は昨日報じた通り、新型コロナウイルスによる感染防止の為、「無観客」で大会を行う事を一度は決定。  しかし「首都圏外からの移動の制限、東京都下での新規感染者数の増加などコロナウイルス感染拡大をめぐる状況が深刻さを増すばかり」であり、「本興行にも東京都外からの参戦選手がおり、『選手たちの安全を守れるのか』自問自答してまいりましたところ、気象庁の週間天気予報から29日は大雪警報の可能性が示唆されたことで、ドクターやスタッフ、さらにはケージの運搬にも困難が予想される状況となりました。こうした状況を鑑み、熟考をいたしまして、なによりも選手、スタッフの身の安全を第一に考え、本興行を中止とすることに致しました」と、プレスリリースにて本日27日(金)午後に中止を発表した。  同リリースでは無観客大会も中止に至った考えとして「大会までに体調を整え、練習に励み、減量の最終段階まで追い込んできた選手の皆さんには申し訳なく思っておりますが、ご家族やサポートして下さっている皆様のもとになるべく無事にお返ししたいと思う気持ちと、今回の新型コロナウイルスの感染拡大は余りにもかけ離れた状況であり、とにかく選手の安全を最優先事項に――と考え直した次第です」と、考慮した末としている。  そして「AbemaTVのオンエアやメディアの皆様の協力を通じて選手の勇姿・修斗の闘いを届け、少しでも格闘技の熱を世の中に発信したいと考えていましたが、無念であり、また楽しみにしてくださったファンの皆様には大変申し訳ありません。改めて興行の準備を整え、来るべき日に今以上の修斗をお見せします」と、大会が再開できた日には全力で臨むと締めくくっている。<関連ニュース>3月29日(日)プロ修斗・後楽園ホール大会も無観客大会に3月29日香川大会『FORCE13』が中止、5月24日山口大会『闘裸男26』は延期
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事