K-1K-1
K-1
インタビュー

【K-1】武尊、K-1×ムエタイ王者対決に燃える!「“K-1最強”を証明するためにムエタイは避けて通れない壁。倒さなければいけない相手だと思います」=3月10日(日)「K'FESTA.2」さいたま

2019/02/19 19:02
【K-1】武尊、K-1×ムエタイ王者対決に燃える!「“K-1最強”を証明するためにムエタイは避けて通れない壁。倒さなければいけない相手だと思います」=3月10日(日)「K'FESTA.2」さいたま

(C)M-1 Sports Media

3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の[日本vs世界・7対7/-59kg契約/3分3R・延長1R]で、K-1スーパー・フェザー級王者・武尊が、現役ラジャダムナンスタジアム・フェザー級王者ヨーキッサダー・ユッタチョンブリーと対戦する。

武尊にとって、公式には2016年4月のヨーセンチャイ戦以来となる対ムエタイ。しかし、「プロデビュー前にラジャダムナンで『幻のデビュー戦』をやっている」という。ルールも分からずに戦ったムエタイ殿堂での試合は、武尊にどんな印象を与えたのか。そして、再び渡米しての練習であらためて感じた、武尊とMMAに共通するファイトスタイルとは?

今年は、僕は本当に自分のやりたい試合しか
やらないという気持ちで戦いたい。
でもその分、濃い試合をしたい

──ムエタイ選手との対戦は2016年4月のヨーセンチャイ戦以来になります。前回の対戦で感じたことはなんですか?

「いなす巧さというか……蹴りとかパンチの技術はもちろんあるんですけど、相手の攻撃を、かわすと言うよりはいなす動きというのはやっぱり巧いなと感じましたね」

──今回はラジャダムナンスタジアム現役王者のヨーキッサダーが相手です。もう映像は見ましたか?

「見ました。やっぱりラジャのチャンピオンになるだけあって、スピード、パワー、技術、全て兼ね備えている選手だなという印象でしたね」

──前回の皇治戦は皇治選手の挑戦を受ける試合でした。今回はムエタイ王者との対戦で、試合に向けた気持ちや作り方やプレッシャーのかかり方も違いますか?

「はい、今回は全然違いますね。今回は、どちらかというと『思い切りぶつかろう』という感じです。ムエタイと戦うことは昔から意識していたし、K-1で戦って『K-1が最強だ』と言っている以上、ムエタイは絶対に避けては通れない壁だと思っていました。

僕、プロデビューしたのは2011年のKrushなんですけど、高校の時にタイに修行に行って、ラジャダムナンで『幻のデビュー戦』をやっているんですよ。タイに行って2週間ぐらいで『試合に出ろ』と言われて、ラジャのオープニングマッチみたいな試合で、いきなり3分5R、ヒジありルールをやらされました(笑)。ルールも分からずに出て、やられて……KOはされなかったですけど、判定で負けちゃったんで。その時の『ラジャって、こんなすごいところなんだ』というところがスタートでもあるので、今回ラジャのチャンピオンと対戦できるというのは僕の中でメチャメチャうれしいことだし、モチベーションもすごく上がってます」

──ファンは「K-1vsムエタイ」として見ると思いますが、そう見られることはどう思いますか?

「“VSムエタイ”はやっぱり永遠のテーマだと思うし、魔裟斗さんもムエタイの選手と戦って、そこを越えてきた。軽い階級は特にタイ人の選手は強いし、『ムエタイ最強』と言われてるところなので、『K-1最強』を証明するためには絶対倒さないといけない相手。今回勝って『K-1最強』を証明します」

──この試合から始まる2019年はどんな年にしたいですか?

「今年は、僕は本当に自分のやりたい試合しかやらないという気持ちで戦いたいなと思っています。試合数も、今までで一番少ないかもしれないし、でもその分、濃い試合をしたい。全勝、全KOで終えることだけを考えていきたいと思います」

──その初戦という意味でも、今回のヨーキッサダー戦は重要ですね。

「はい、ただ、『2019年初戦』や『さいたまスーパーアリーナのメインアリーナ』ということが考えられなくなるぐらい、ワクワクしてる試合なんです。久々にモチベーションがMAXに上がっているんで、試合以外のことはあんまり考えてないですね。やっぱりムエタイの、ラジャの現役王者と対戦するということで、勝ったらその先に何が見えるんだろうというところも含めて楽しみです」

色んなフェイントや蹴りを使って、
どうパンチを当てるかを考えているMMAは、
僕のスタイルには参考になる

――ヨーキッサダー戦に向けてアメリカ修行も行いましたが、どんな収穫がありましたか?

「今回も空手の道場に行ったり、MMAやボクシングのジムにも行ったり『これはムエタイに有効なんじゃないかな?』という色んな技術を吸収してきたので、すごく収穫がありました。僕のファイトスタイルはどうやって倒すパンチを当てられるか? が大事で、例えばムエタイはどちらかというと、蹴りをどう当てるか? という戦い方じゃないですか。そういう意味では、MMAは色んなフェイントや蹴りを使ってどうパンチを当てるかを考えている。MMAは蹴りでもキャッチされて倒されるリスクがあるんで、それを考えた蹴り方もするし、蹴りよりもパンチで倒す選手が多いんで、僕のスタイルにはMMAの方が参考になります」

──では改めて、試合に対する意気込みを聞かせてください。

「ホントに今回は自分がワクワクしている状態で『こんな感覚、何年ぶりだろう?』というぐらいなんです。チャンピオンになる前の、一番イケイケで、試合をやっていて楽しかったときの感じが試合前からあります。きっと戦うのが嬉しくて、練習もメッチャやっちゃうんだろうなと思うし、どれだけ体が仕上がって、どんな勝ち方ができるのか。今から自分で自分が楽しみなので、ぜひそれを会場に見に来て、僕が楽しんでる姿を見て、一緒に楽しんでもらえればいいなと思います。絶対勝ちます」


【武尊がAbemaTV「AbemaPrime」に急遽生出演】

2月19日(火)よる9時~K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の武尊が、AbemaTV「AbemaPrime」に急遽生出演する。「AbemaPrime」は、テレビを見ない若者たちに“本当に知りたいコト”を真正面から伝えるスマホ発の本格ニュース番組。2月19日、夜9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより生放送となる。ゲスト出演する武尊は番組途中から出演予定。「K'FESTA.2」の出場に向けて、どんな意気込みを語るか。

【放送日時】
2月19日(火)21:00~23:00

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事