キックボクシング
レポート

【PANCRASE REBELS RING.1】日菜太、シップムーンをローでKO! 小笠原瑛作はハイキックKO、女子トライアウトも熱戦に。昼の部は才賀紀左衛門と鈴木宙樹が勝利し同門対決へ=DAY&NIGHT

2019/02/17 18:02
【PANCRASE REBELS RING.1】日菜太、シップムーンをローでKO! 小笠原瑛作はハイキックKO、女子トライアウトも熱戦に。昼の部は才賀紀左衛門と鈴木宙樹が勝利し同門対決へ=DAY&NIGHT

◆PANCRASE REBELS RING.1 DAY&NIGHT 
2019年2月17日(日)新木場スタジオコースト

【NIGHT】※DAYの部ほか詳報は後ほどアップ

※メインイベント終了後に特別試合として実施。
▼BE-BOP SPORTS提供試合 PANCRASE REBELS TRYOUT 47.5kg契約 2分3R(延長なし)REBELSルール
◯ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE/コーチ:梅野源治)
[判定3-0(30-25×2,30-26)]
×川島江理沙(クロスポイント吉祥寺/コーチ:不可思)
※左前蹴りからラッシュで1Rにダウン奪い、3Rには右ストレートでもダウン追加。体格で劣る川島も退かず連打で璃奈が鼻から出血も。



▼第7試合 メインイベント REBELS70kg級タイトルマッチ 3分3R(延長あり)REBELSルール
◯日菜太(クロスポイント吉祥寺)/REBELS 70kg級王者
[3R 0分26秒 TKO]
×シップムーン・シットシェフブンタム(タイ)/ラジャダムナン認定スーパーウェルター級王者

※サウスポー同士の対戦。ジャブロー粘り強く打つ日菜太は、シップムーンのミドルにはワンキャッチから左ストレートも当てる。2R終盤には左ローでダメージを与えると、3Rに左ローの連打でKO。

▼第6試合 セミファイナル スーパーバンタム級 3分5R(延長なし)REBELS-MUAYTHAIルール
◯小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/ISKA世界バンタム級王者)
[1R 1分28秒 TKO]
×ペットヤソー・ダームランサラカム(タイ/MAX MUAYTHAI55kg級王者)
※小笠原は左ロー、左ボディを効かせて中・下と散らして効かせておいて、ガードが下がってきたところに左ハイでKO!


▼第5試合 REBELS-MUAYTHAIライト級タイトルマッチ 3分5R(延長なし)REBELS-MUAYTHAIルール
△良太郎(池袋BLUE DOG GYM)/現王者
[判定1-1(49-49,48-49,49-48)]
△大谷翔司(スクランブル渋谷)/挑戦者
※良太郎がドロー防衛

※良太郎がドロー防衛。互いに右ローからワンツーで前進大谷に良太郎は首相撲ヒザ。5R熱戦は1-1ドロー。

▼第4試合 57.5kg級 3分3R(延長あり)REBELSルール
◯KING強介(ロイヤルキングス/REBELS-MUAYTHAIスーパーバンタム級王者)
[延長判定2-0(10-9×2,10-10)本戦判定0-1(28-30,29-29,29-29)]

×栗秋祥梧(クロスポイント吉祥寺)

※栗秋の左フックを徹底研究した強介は出入りからボディ突き、左ミドルも。長い蹴りから入る栗秋だが、接近戦でも強介は頭位置注意し打ち合い。

▼第3試合 スーパーバンタム級 3分3R(延長あり)REBELS-MUAYTHAIルール
×KOUMA(WSRフェアテックス荒川/WPMF日本スーパーバンダム級王者)
[判定0-3(28-30×3)]
◯宮元啓介(橋本道場/元WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーバンタム級王者)

※宮元が首相撲ヒジ、ヒザ、右ローでKOUMAの強打を完封。


▼第2試合 52.8kg契約 3分3R(延長あり)REBELS-MUAYTHAIルール
◯老沼隆斗(STRUGGLE/REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者)
[3R 2分11秒 TKO]
×森 貴慎(トイカツ道場/J-NETWORKバンタム級王者)


※左サイドキックを三日月気味に腹に効かせ、左ボディ、左右ヒザでダウン奪い、右ミドルでKO。


▼第1試合 フライ級 3分3R(延長なし)REBELS-MUAYTHAIルール
×心直(87キックフィットネスジム/J-NETWORKフライ級新人王)
[判定0-3(28-29,29-30,29-30)
◯白幡裕星(橋本道場)

▼オープニングファイト 77kg契約 3分3R(延長なし)REBELSルール
×川和 誠(禅道会新宿道場)
[1R 0分36秒 TKO]
◯吉野友規(スタージス新宿ジム)

───────────

【DAY】

▼第13試合 メインイベント REBELS60kg級王座決定トーナメント1回戦 3分3R(延長あり)REBELSルール
×浅川大立(59.8kg/ダイケンスリーツリー/INNOVATIONフェザー級王者、岡山キックボクシング59kg賞金トーナメント王者)
[判定0-3] ※27-30、28-29、28-30
〇才賀紀左衛門(59.75kg/クロスポイント吉祥寺)
※才賀が決勝戦へ進出。

▼第12試合 60kg級 3分3回戦(延長なし) REBELSルール
○鈴木宙樹(59.75kg/クロスポイント吉祥寺)
[1R 0分45秒 TKO] ※右ストレート、レフェリーストップ
×ジョン・ラゥィー(58.75kg/タイ)
※旭野が怪我で欠場。トーナメント一回戦は鈴木の不戦勝に。


▼第11試合 59kg契約 3分3R(延長なし)REBELSルール
○MOMOTARO(58.6kg/NJKF・OGUNI GYM/WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者)
[判定3-0] ※30-27、30-28、30-28
×古谷野一樹(59kg/クロスポイント古河/REBELS 57.5kg級王者)


▼第10試合 スーパーバンタム級 3分5R(延長なし)REBELS-MUAYTHAIルール
×炎出丸(55.3kg/クロスポイント吉祥寺/元J-NETWORKスーパーバンタム級王者)
[3R 0分01秒 TKO] ※レフェリーストップ
○大野貴志(55.25kg/士道館新座ジム/WMC日本スーパーバンタム級王者)



▼第9試合 REBELS 63kg級 初代王座決定トーナメント1回戦 3分3R(延長あり)REBELSルール
○丹羽圭介(62.95kg/TEAM KSK)
[2R 1分44秒 TKO] ※3ノックダウン
×恭介(62.55kg/インスパイヤードモーション)
※丹羽が決勝戦進出


▼第8試合 REBELS 63kg級 初代王座決定トーナメント1回戦 3分3R(延長あり)REBELSルール
○稲石竜弥(62.75kg/TEAM OJ/Bigbangライト級王者)
[判定3-0] ※30-28、30-27、30-27
×和輝(62.75kg/Phoenixx)
※稲石が決勝戦進出。

▼第7試合 53.5kg契約 3分3R(延長なし) REBELS-MUAYTHAIルール
○JIRO(53.3kg/創心會)
[判定3-0] ※30-28、30-27、30-28
×工藤“red”玲央(53.4kg/TEAM TEPPEN)

▼第6試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーウェルター級王座決定リーグ戦 3分3R(延長なし)REBELS-MUAYTHAIルール
○津崎善郎(69.75kg/LAILAPS東京北星ジム)
[2R 1分19秒 TKO] ※右ヒジによるカット、レフェリーストップ
×降籏健嗣(69.65kg/士道館 ひばりが丘道場)

▼第5試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーウェルター級王座決定リーグ戦 3分3R(延長なし)REBELS-MUAYTHAIルール
○吉田英司(69.6kg/クロスポイント吉祥寺)
[判定3-0] ※30-28、30-28、30-27
×光成(69.35kg/ROCK ON)

▼第4試合 フェザー級 3分3R(延長なし)REBELS-MUAYTHAIルール
○三浦 翔(57.0kg/クロスポイント大泉)
[2R 1分40秒 TKO] ※右ヒジによるカット、レフェリーストップ
×原島モルモット佑治(56.75kg/TESSAI GYM)

▼第3試合 57.5kg級 3分3R(延長なし)REBELSルール
△浦林 幹(57.5kg/クロスポイント吉祥寺)
[判定0-1] ※29-29、29-30、29-29
△知BRING IT ON(57.45kg/BRING IT ONパラエストラAKK)

▼第2試合 スーパーフライ級 3分3R(延長なし)REBELS-MUAYTHAIルール
○濱田 巧(52.1kg/team AKATSUKI)
[判定3-0] ※29-28×3
×響波(51.75kg/Y's glow)

▼第1試合
60kg級 3分3R(延長なし)REBELSルール
○新田宗一郎(59.8kg/クロスポイント吉祥寺)
[2R 2分08秒 TKO] ※左ハイキック
×宇野高弘(59.15kg/パラエストラ栃木)

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント