AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【DEEP】今春から女子大生“可愛すぎる女子相撲選手”がプロ昇格を懸けてJKと激突

2020/02/27 11:02
【DEEP】今春から女子大生“可愛すぎる女子相撲選手”がプロ昇格を懸けてJKと激突

制服ともお別れ、女子大生になって格闘技にもっと力を入れていきたいと語る吉川

2020年3月1日(日)後楽園ホール『skyticket Presents DEEP 94 IMPACT』のオープニングファイトで、吉川桃加(禅道会)とマヤ(パラエストラ柏)がDEEP JEWELS 49kg以下3分2RアマチュアSPルールで対戦する。


 吉川は2017年に『有吉反省会』で放映された女子相撲の大会で“可愛すぎる女子相撲選手”として話題となった。女子相撲と並行して高校1年生で総合格闘技を始め、DEEP JEWELSのアマチュアに出場。山崎桃子、平田樹、永尾音波らに敗れてプロ昇格を果たせていないが、今回こそ勝利してのプロデビューを目指す。今春からは女子大生となる。


 対するマヤは浅倉カンナの後輩となる高校生。2019年9月のDEEP JEWELSアマチュア大会に出場。キックボクシングルールでTKO負け、MMAルールで一本負けと結果が残せなかった。吉川を相手に初勝利を狙う。


 吉川は「春から大学生になります。新しい環境の中で総合格闘技には今まで以上に力を入れて頑張りたいと思っています」と、やる気十分。

 今までは「練習不足で、自信がなかったです」と言うが、環境が変わることで「もっと練習を積んで自信をつけたいです」と、練習時間を増やしていくという。


 対戦するマヤについては「素直に可愛いなと思いました(笑)。カンナちゃんのジムの選手なので 油断はできないと思います。精一杯頑張ります」と全力ファイトを誓った。


 また、吉川にコスチュームについてのこだわりを聞くと「コスチュームは今回、大好きなヒョードルがいるロシアを意識しました」とのこと。どんなコスチュームでプロ昇格戦へ臨むのかにも注目だ。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年5月号
2020年3月23日発売
RIZIN連戦に臨む朝倉未来。今回は、松原隆一郎教授がこれまで語られなかった朝倉未来の「思考の格闘技」に迫る。そして、青木真也と那須川天心がまさかのスパーリング対談! さらに未来と対戦する朴光哲&矢地祐介、朝倉海×ぱんちゃん璃奈 対談、RENAインタビュー、平田樹らU23特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事