K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】武尊の蹴りを受けた安藤美姫「これは興奮しますね」とおかわり、K-1アマ大会参戦に「事務所の許可は得ている」

2020/02/22 23:02
2020年2月22日(土)東京・渋谷のSHIBUYA109イベントスペースにて『「K'FESTA.3」3.22さいたま大会サンテンニイニイK-1見ようぜ!by SHIBUYA109イベントスペース』が行われた。これは3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~』のPRイベント。  スペシャルゲストとしてプロフィギュアスケートの安藤美姫がサプライズ登場し、K-1スーパー・フェザー級王者・武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)とトークショーを行った。  テレビ番組での共演がきっかけで交流が生まれたという武尊と安藤だが、その番組は武尊のデートを見た女性ゲストがコメントするという内容で、武尊曰く「デートで女の気持ちが全然わかっていないとか、格闘家なのにチャラチャラしているとか。一生懸命デートしたんですよ。それをぼろっかす言われて。ジーンズのダメージのことも言われて、それからダメージジーンズが履けなくなりました」と、トラウマ級のダメ出しをされたという。  安藤は「一番ないなと思ったのが、お化け屋敷で彼女より怖がっていたこと」とさらなる追い打ちをかけたが、「番組終了後は別々の取材があったんですが、武尊選手が挨拶するため待っていてくださって。礼儀正しくて感動しました」と、それがきっかけでK-1に興味を持つようになったと打ち明けた。  試合観戦からK-1にハマり、今ではK-1ジムに通うようになった安藤。「必要な筋肉が凄く似ていて、試合を見て筋肉の動きを目にするたびに取り入れたらプロスケーターとして進化するのではないかと思って。(ジムへ行ったのは)まだ2回ですけれどね。今日も夜トレーニング行きます」と実践派に。  武尊は「ダイエット方法を教えたのでこの後、どれくらい痩せるか楽しみです。K-を1やってくれて嬉しいですね。今まで格闘技に興味がなかった人がダイエット目的で楽しんでくれたら、見るだけじゃなくやって楽しめる競技がいいと思うので楽しんで欲しいです」とメッセージを送った。  ここで、武尊がミットを持って安藤が練習の成果を見せることになり、安藤がミット打ち。パンチとミドルキックを披露し、武尊が「けっこう重いですよ。世界を獲る人はやはり運動神経が凄い。つま先立ちが上手いですよね、蹴る時につま先立ちで踏ん張れるかどうかなので」と、その威力を高評価。  続いて安藤が武尊の蹴りをミットで受けることになり、実際に蹴られてよろめくと「もう1回蹴って!」とまさかのおかわり。次のミドルキックはしっかりと受け切って「これは興奮しますね。左手の方がガッときました。一度目の蹴りを受けてここに集中すればいいんだと分かりました」と笑顔で感想。武尊は「女性に蹴るレベルじゃない力で蹴ったけれど体幹がしっかりしていますね。これはK-1デビューもある」と、試合へ誘う。  中村拓己K-1プロデューサーも「1回くらい出てみては? アマチュアもやっているので。もし興味あればお待ちしております」と公開オファー。安藤は「顔は大丈夫ですかね? 一応、フィギュアスケートは美を追求しているんですけれど。リンクからリングですか? どうなんですかね」と上手いことを言ってその場を逃れた。  イベント後のカコミでは「K-1のチャンピオンにミットを持ってもらうのは恐縮過ぎて緊張しましたが、嬉しかったです」と安藤。武尊は「K-1チャンピオンにしようかなと思うので。スパルタで教えたい」と、すっかりその気だ。 出場オファーを受けて思わずのけ反る安藤 すると安藤は「実は一応、事務所の方には許可を得ていて、アマチュアなら(ヘッドギアなどの防具を)全部つけるのでアイスショーがあっても青タンを作らずに出られるかなって。アマチュアだったらやってもいいと許可は出ているので、ちょっと考えます。その時はぜひ応援お願いします」と、試合に出る気があることを明かした。  武尊は「本当に実現するかもしれないですね。素質はめちゃくちゃあると思います。運動神経が凄いので」と絶賛。果たして、スケート界の大物がアマチュアとはいえK-1の試合にチャレンジする日が来るのか。  また、試合を控えた武尊に安藤は「まずは準備で怪我をしないこと、体調を崩さないことが第一。しっかりしていると思いますが、しっかり調整して欲しいです。試合を生で見られない(カナダのモントリオールでスケートの仕事)のは悔やまれますが、この間の試合はKOで仕留めたれなかったのでKOを期待して。その中でも悔いの残らない試合にしてほしいと思います」と、アスリートならではのメッセージ。  それを聞いた武尊は「デートのダメ出しされたので、試合ではダメ出しされないように頑張ります」と、やはり番組の件がトラウマになっているようだった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント