MMA
インタビュー

【DEEP JEWELS】19歳になった古瀬美月「今年の目標は全勝すること。1回戦は多分パンチでKO」初のベルト目指す

2020/02/06 12:02
【DEEP JEWELS】19歳になった古瀬美月「今年の目標は全勝すること。1回戦は多分パンチでKO」初のベルト目指す

2月5日に19歳になったばかりの古瀬。トーナメント制覇で初のタイトルを狙う

2020年2月24日(月・祝)東京・浜松町のニューピアホールにて開催される女子総合格闘技『DEEP JEWELS 28』で、「DEEP JEWELSミクロ級初代王座決定トーナメント」に出場する古瀬美月(Y&K MMA ACADEMY)が、5日(水)に19歳の誕生日を迎えた。


 古瀬は柔道をバックボーンに持ち、2017年5月にハイキックによる秒殺KO勝ちでDEEP JEWELS衝撃デビュー。AbemaTV『格闘代理戦争3rdシーズン』女子トーナメントでは現在『RIZIN』で連勝中のあいから腕十字で見込み一本勝ちを奪い、決勝では現在『ONE』で連勝中の平田樹に敗れるも準優勝。長い手足を活かした打撃も武器とし、現在3連勝を飾っている。

 19歳となって迎える2020年の初戦、古瀬は「今年の目標は全勝することです」と力強く答える。「去年までの自分は練習量と勝ちたいって気持ちが弱かったです」と、今年はそこを改善して初のベルト獲得を狙う。


 トーナメント1回戦では元VALKYRIE女子フライ級王者で、ベテランの玉田育子(AACC)との対戦が抽選会で決まった。玉田は2019年3月に3年半ぶりにMMAに復帰し、マドレーヌ、KOTORI相手に2連勝中。強敵を迎える古瀬は「1回戦は絶対勝ちます。多分パンチでKOすると思います」と、なんとパンチでのKOを予告した。


 古瀬はアトム級(-47.6kg)から階級を下げての参戦。「減量も大変ですが、頑張りますよ!」と、試合前の自分との戦いにも勝つと宣言。


花形ジムへの出稽古でIBF女子世界アトム級王者・花形冴美(右)を相手にボクシング技術を磨く古瀬

 また、そんな古瀬にコスチュームや練習着のこだわりポイントを聞くと「見えない裏地に目立つ生地を使ったり、スリットを長くしています。キックパンツの形が好きです。今回も新しいコスチュームに新調しましたよ」と、ニューコスチュームでトーナメントに臨むと語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント