K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】フェザー級トップクラスの伊澤波人に4戦4勝の斗麗が挑む「叩き潰すだけ。狩りの始まり」(斗麗)

2020/02/05 22:02
2020年3月28日(土)東京・後楽園ホール『Krush.112』の追加対戦カードが、2月5日(水)都内にて行われた記者会見で発表された。  フェザー級で伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vs斗麗(=とうま/WIZARDキックボクシングジム)が決定。  伊澤は2017年9月にK-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者の武居由樹とのワンマッチでKO負けを喫したが、その後はフェザー級に階級を上げ、神戸翔太や伊藤健人らを破り4連勝をマーク。2019年4月、TETSUに判定負けを喫して連勝は途切れたが、9月に高橋直輝に勝利して再起を飾っている。持ち味は空手仕込みの多彩な蹴り技。戦績は30勝(8KO)10敗2分。  斗麗はオランダの名門Mike's Gymでも練習を重ね、2018年12月に16歳の若さでプロデビュー。3連勝で「K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント」のリザーブファイトに抜擢され、江川優生とKrushフェザー級王座を争ったTETSUに勝利。4勝無敗の関西期待の新鋭だ。  会見に出席した斗麗は「今回の対戦相手が伊澤選手と聞いてめっちゃ気合い入りました。相手に不足ないのであとは叩き潰すだけです。相手の印象は僕の何倍もキャリアがあって、過去最強の相手やと思っているので、フェザー級の中でも引きずり降ろさなあかん一人だと思っていたので叩き潰します」と言い放つ。  伊澤も負けじと、「僕も久しぶりの試合なのでとても楽しみにしています。皆さん楽しみに待っていてください。ここへ来る時に斗麗選手のプロフィールを見たんですが2002年生まれということで僕が1992年生まれなので、僕の10個下ということで凄くビックリしました。若いなって。僕も10代の時に9戦目まで無敗だったんですが、10戦目で当時チャンピオンだった寺戸(伸近)選手とやって絶対に勝てると思っていたんですが負けてしまって。そこで負けてとてもいい経験ができたので、今回は代わって僕が寺戸選手のような形になって斗麗選手の無敗記録をここで止めさせてもらいます」と、負けの経験を味わわせると話した。  先に挑発された伊澤だが「引きずり下ろすつもりで来るのは当たり前だと思っています。特にどうとも思わないです。自分が逆にその立場だっらそう思いますし、そう言って当たり前だと思います」と意に介さない。  現在、Krushフェザー級王座は前王者・江川優生の返上により空位となっており、早い段階で王座決定トーナメントが行われる見通しだが、そのことについて聞かれると斗麗は「選ばれたらもちろん全員叩き潰しますが、僕は世界一強くなりたいので狙うのは江川選手の首だけ。江川選手にたどり着くまでいろいろな強い人とやって勝てるようになって、最後は江川君とやって勝てるようにして江川君を潰せる力をつけていきたいと思っています」と豪語する。  一方の伊澤は「僕は特にこの試合の先を考えないようにするので一切何も思ってないです。今回の試合に全力で挑んで、必ず勝って、勝ってからその後のことは考えます」と、今回の試合に集中するとした。  そして、斗麗は「一人一人上の選手を引きずり下ろしていくだけなので、ここからが狩りの始まりやなと思っているので楽しみにしておいてください」と上位陣を“狩る”と宣言。伊澤は「斗麗選手は4戦4勝で凄く強い選手だと思っています。評価は凄くしています。まだ若くて上手な選手ですが、僕の経験の差で相手の光を消して僕の試合にしてしっかり勝ちます」と経験の差を見せると語った。 <決定対戦カード> ▼Krushフェザー級 3分3R・延長1R伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)斗麗(WIZARDキックボクシングジム)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント