K-1K-1
K-1
レポート

【Krush】ゴンナパーが善戦した横山巧を振り切りV2、K-1王座挑戦をアピール。山崎秀晃が堀井翼を1Rで粉砕

2020/01/25 18:01
【Krush】ゴンナパーが善戦した横山巧を振り切りV2、K-1王座挑戦をアピール。山崎秀晃が堀井翼を1Rで粉砕

3R,どんどん前へ出るゴンナパーが左ストレートヒットさせる 撮影/安村 発

「Krush.110」
2020年1月25日(土)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第8試合)Krushライト級タイトルマッチ 3分3R・延長1R
〇ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム/王者)
判定2-0 ※29-29、29-28、30-28
×横山 巧(リーブルロア/挑戦者)
※ゴンナパーが2度目の防衛に成功。


 ゴンナパーはタイで100戦以上のキャリアを積み、2010年から日本を主戦場に。日本人キラーとして名を馳せ、2016年9月からK-1 JAPAN GROUPに参戦。2018年4月に佐々木大蔵を下して第5代王座に就き、同年9月には大沢文也の挑戦を退けて初防衛に成功。同年12月のK-1ライト級世界最強決定トーナメントでは1回戦でまさかのKO負けを喫したが、2019年3月にリュウ・ウェイを破って復活勝利を挙げた。戦績は105勝(22KO)29敗3分。


 その後、父親が亡くなったことからタイへ帰り、家族を支えての生活をしていたが、夏にK-1 JAPAN GROUPに試合ができる状況になったとの連絡があったという。王座防衛期限は9月30日だったが、「他の階級のタイトルマッチがすでに決まっていた部分もあって、ゴンナパーにふさわしい挑戦者を選ぶ中でその選手は他の試合が決まっていたり、防衛戦が組めない状況があったために期限を超えてしまった」と、中村拓己K-1プロデューサーは説明。そのため、ゴンナパーは約10カ月ぶりの試合となる。


 挑戦者の横山は空手からキックボクシングに転向し、高校1年生でプロデビュー。スーパー・フェザー級から今年ライト級に階級を上げ、東本央貴と里見柚己に連続KO勝利。今回の挑戦権を手にした。戦績は9勝(6KO)3敗。


 1R、横山は右ボディに左フック、サウスポーのゴンナパーが放つ左ミドルに左右フックを合わせる。ゴンナパーのパンチをよく見てかわし、重いパンチを打ち込んでいく横山。ゴンナパーは前へ出ていくが、横山の動きを捉えきれない。


 2R、ゴンナパーは左ミドルを蹴りながら接近し、左のパンチを打って行く。横山の左フックがタイミングよく連続ヒットするが、ゴンナパーは下がらず打ち返す。よく見て右のパンチを当てに行く横山。しかし、バックハンドブローを空振りしたところへゴンナパーの左ストレートが直撃。どんどん前へ出て攻めるゴンナパーに、次第に横山の手数が減ってきた。ゴンナパーのパンチは空振りさせるがヒザをもらう。疲れが見える横山に終盤はゴンナパーの左ストレートがヒット。横山も負けじとフックを打ち返す。


 3R、さらに前へ出て詰めてフックとヒザを打ち込むゴンナパーに横山は追い回される形となるが、よく見て左右フックを当てに行く。ゴンナパーは左ミドルを蹴り、左ストレートを当て、密着するとヒザを突き上げる。手数の減った横山はカウンター狙いか待ちの姿勢になる場面が多くなるが、左ミドルで右腕を蹴られてパンチが出せず。ゴンナパー優勢のまま試合終了。


 判定2-0でゴンナパーが2度目の防衛に成功。マイクを持ったゴンナパーは「今日は自分の仕事ができてうれしく思います。今後、自分にはもっと高い目標があります。次はぜひ、K-1のベルトが欲しいと思っています。次も全力で戦います。チャンピオンになりたいです」と、K-1王座への挑戦をアピールした。

▼セミファイナル(第7試合)Krushスーパー・ライト級 3分3R・延長1R
〇山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第4代Krushスーパー・ライト級王者、第3代Krushライト級王者)
KO 1R 2分28秒 ※3ノックダウン
×堀井 翼(ネクサスジム)


 山崎は伝統派空手からキックボクシングに転向し、2009年12月にKrushデビュー。強打と多彩な蹴り技で白星を重ね、2013年3月にトーマス・アダマンドポウロス(フランス)を破り、第3代Krushライト級王座に就いた。その後も連勝を重ねて2014年11月からは新生K-1に参戦。2015年11月には第4代Krushスーパー・ライト級王座にも就いた。


 以降、K-1に専念していたが今回4年2カ月ぶりにKrush参戦が決定。K-1 KRUSH FIGHTから元のKrushに名称を戻す第一弾大会となる今大会に出場する。


 堀井は3月の『Krush.99』でK-1 JAPAN GROUP初参戦。1Rにダウンを奪われながらも3度のダウンを奪い返して1R2分46秒でKO勝ち。しかし、6月の瑠久戦では喧嘩っ早さが仇となり、記者会見で乱闘騒ぎを起こして会見は中止に。試合では瑠久に判定で敗れ、10月にはKING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王者・不可思にTKO負け。通算戦績は5勝(4KO)2敗3分となっている。


 1R、山崎は長い距離での左ミドルを連続して命中させる。さらに飛び込んでの左ボディ。後ろ蹴りでは堀井を転倒させる。左右フックを強打する堀井だが、山崎がワンツーを打ち抜いてダウンを奪う。


 立ち上がった堀井は打ち合いに行くが、左フックに左フックのカウンターを浴びて2度目のダウン。さらに打ち合いに行った堀井だったが、山崎が左フックでとどめを刺した。


 マイクを持った山崎は「ご無沙汰しています。何も言うことはないです。Krush大好きです、愛してます」と話して大歓声に応えた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年3月号
2020年1月23日発売
3月22日(日) 「K'FESTA.3」さいたまスーパーアリーナ大会主役の武尊ロングインタビュー。年間MVP候補の木村“フィリップ”ミノル。大晦日RIZINの2王者マネル・ケイプとトフィック・ムサエフ独占インタビュー、MVP、朝倉未来&海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事