K-1K-1
K-1
インタビュー

【Krush】杉本仁、会心のKO勝利でK-Jeeの待つ準決勝へ!「パンチでKOできて良かった。準決勝までにすべてをレベルアップさせる」=初代Krushクルーザー級王座決定トーナメント準決勝進出

2019/02/07 04:02
1月27日の「Krush.97」で開幕した「初代Krushクルーザー級王座決定トーナメント」。 2月16日(土)「Krush.98」後楽園ホール大会でも同トーナメントの一回戦残り2試合が行われるが、1月大会では、ひと足はやく杉本仁(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)とK-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning)が準決勝進出を決めている。 5月18日の後楽園大会での準決勝で対戦が決定しているK-Jeeは一夜明け会見を欠席したが、杉本は出席。次のように意気込みを語っている。 ◆杉本 仁「K-Jee選手にリベンジしたい」 「試合はアップの時から調子が良くて、2RでパンチでKOできたんで良かったです。(俊雄選手と戦った感想は?)蹴りも重かったんですけど、思ったよりもパンチがあって、それにはちょっとビックリしました。 (今回は昨年9月の初代K-1クルーザー級王座決定トーナメントからの再起戦だったが?)、本当はもうちょっと動きたかったんですけど、あまりそこは見せれなかったので、次はもっと俊敏に動けるようにできたらなと思います。 (準決勝ではK-Jeeと対戦することになったが?)K-Jee選手には1回負けている(※2016年4月に判定負け)のでリベンジしたいですし、いまK-Jee選手はかなり強いので、良い試合になるんじゃないかなとは思います。 (5月の準決勝に向けてどのような練習をしていきたい?)スタミナもそうですけど、パワーもスピードも全体的にレベルアップできるように練習して行きたいと思います。 (ファンへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。次の試合も5月に決まってるので、また引き続き応援よろしくお願いします」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事