AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
レポート

【DEEP☆KICK】弟が出場したリングで那須川天心が挨拶「大晦日のRIZINに出たいと思っています」

2019/11/27 12:11
【DEEP☆KICK】弟が出場したリングで那須川天心が挨拶「大晦日のRIZINに出たいと思っています」

サプライズのファンサービスとしてカラーボールを客席に投げ、キャッチしたファンをリングに上げ直接、天心グッズをプレゼントした那須川天心(C)DEEP☆KICK

11月24日(日) 大阪市・東成区民センターにおいて『DEEP☆KICK 41』が開催された。

メインイベントの「ミネルヴァ ピン級王座決定戦」では、DEEP☆KICK史上2度目となる女子のメインを、Ayaka(NJKF健心塾/ミネルヴァ ピン級1位)と祥子(JSKキックボクシングジム/同級2位)が戦い、Ayakaが判定勝利。ミネルヴァピン級のベルトを腰に巻き、「今後について「お世話になっていて仲良しですが、百花選手(魁塾)のベルトを獲りに行きます」と抱負を語った。

また、同大会には那須川天心の父・那須川弘幸氏が会長を務めるTEAM TEPPENから、DEEP☆KICKのリングに3人の選手が出場。小出龍哉が1R TKO勝ちも、庄司啓馬、那須川天心の弟の那須川龍心は判定で惜敗するなど、ハイレベルな攻防が繰り広げられた。

休憩前には、サプライズのファンサービスとして那須川天心がリング上に登場し挨拶。天心は、「DEEP☆KICKは以前、自分もアマチュア時代に上がったことがあって、夢がある団体だと思っています。また選手の皆さんもRISEやRIZINなどの舞台でも一緒に戦いましょう」と、かつてアマチュア時代に出場経験のあるリングで、後輩たちに挨拶。

さらに、気になる大晦日についても「大晦日のRIZINには出たいと思っています。そして2020年4月には『RISE WORLD SERIES 2020』が開催されます。自分も出場しますので、ぜひ楽しみにしていてください」と、大晦日、さらに来春のビッグマッチに向け、準備していることを語った。

11月25日のRISEの会見では、ビデオレターで、「僕はWORLD SERIESのワンマッチに参戦することになりました。今年はワンマッチで挑んでいきます。WORLD SERIESでいろいろな階級の試合をやると思いますが、それ以上の試合をするのでぜひ注目して欲しいです。それと55kgの優勝者と対戦することも決まっているので、そこに向けて調整したい。どんな選手が勝つか、僕も注目しているのでファンの皆さんも注目して欲しいです」とのメッセージを公開、大晦日RIZINのカードも近日中に発表される予定で、戦闘モードに入った那須川の今後に注目だ。

11.24大阪DEEP☆KICK 41 試合結果

▼メインイベント ミネルヴァ ピン級王座決定戦 3分3R
○ Ayaka (NJKF健心塾/ミネルヴァ ピン級1位)
× 祥子 (JSKキックボクシングジム/同級2位)
判定2-0(30-28、30-28、29-29)
※Ayakaがミネルヴァ ピン級新王者に

DEEP☆KICK史上2度目となる女子のメイン。Ayaka (NJKF健心塾/ミネルヴァ ピン級1位)と祥子 (JSKキックボクシングジム/同級2位)によって行われたミネルヴァ ピン級王座決定戦は男子にも負けない殴り合いとなった。

パンチで前進するAyakaを身長で勝る祥子が前蹴りとミドルキックで阻止する。いら立った様子のAyakaはバックハンドブローを放つが祥子は上手くかわす。祥子が作戦を切り替えてパンチ勝負に出るとAyakaはショートフックのコンビネーションで応戦。


フルラウンド打ち合った激戦の末、手数とアグレッシブが勝ったAyakaが判定勝利、ミネルヴァピン級のベルトを腰に巻いた。

Ayakaは試合後のインタビューで「祥子選手はとても強くて練習通りの動きができなかった」と試合を振り返り、今後については「チャンピオンになったので後楽園ホールでも試合がしたい、もっと上を目指したい。今回は目標の第一歩、さらに強い選手と戦ってまだまだベルトを獲りたい」とコメント。具体的に戦いたい相手は?の問いに「お世話になっているし仲良しですが百花選手(魁塾)のベルトを獲りに行きます」と語った。

▼セミファイナル2 DEEP☆KICK-55kg次期挑戦者決定戦 3分3R延長1R
× 力哉 (BKジム/DEEP☆KICK-55kg2位)
◎ 拳剛 (誠剛館/同級1位)
TKO 1R 2分22秒 ※パンチ
※拳剛が-55kg次期挑戦者に決定

DEEP☆KICK-55kg王者 内藤凌太 (ストライキングジムAres)への挑戦権をかけて拳剛(誠剛館)と力哉(BKジム)が対戦した。

前回の王座決定戦で内藤に惜敗した拳剛がゴングと同時にラッシュをかける。リーチの差で勝る拳剛の懐になかなか入れない力哉。1ラウンド中盤、拳剛の放った連打からのストレートが力哉のテンプルをとらえダウンを奪う。なんとか立ち上がった力哉だがダメージは見た目にも歴然。拳剛がふらつく力哉に追い討ちをかけてパンチで連続ダウンを奪うとレフェリーが割って入り試合をストップ。拳剛がKO勝利で内藤への挑戦権を獲得した。

試合後、内藤がリング上に登場。拳剛が内藤に向かって「前回の借りを返してベルトを奪う」と宣言。内藤は勝利した拳剛に祝福の言葉を贈った後「拳剛選手は強いが勝つのは自分、必ず防衛する」と王者の風格を見せた。

拳剛は控え室で試合を振り返り「イメージどおりの試合運びができた。次のタイトルマッチもこの波に乗ってKO決着で締めくくりたい」とし、王者内藤に対しては「首を洗って覚悟しといてください」とコメントしている。

▼セミファイナル1 DEEP☆KICK-70kg次期挑戦者決定戦 3分3R延長1R
○ 慎太郎 (teamBonds)
× 龍威地 (NJKF ARENA/NJKFウェルター級6位)
判定3-0(三者とも30-27)
※慎太郎が-70kg次期挑戦者に決定

籔中謙佑(KUMAGYM)が持つDEEP☆KICK-70kg級暫定のベルトへの挑戦権をかけて慎太郎(teamBomds)と龍威地 (NJKF ARENA)が激突した。


二人は今年2月24日のNJKF大阪大会で対戦(68kg契約肘あり)しており、結果は判定3-0で慎太郎が勝利している。龍威地にとってはリベンジマッチでもあった。

序盤から慎太郎の猛攻が続く。龍威地はガードを固めてローキックや大振りのパンチを当てるも単発となる。慎太郎はパンチからの膝蹴りで龍威地をダウン寸前まで追い込むが倒しきれない。結果は判定に、積極的に攻めた慎太郎が王者 籔中への挑戦権を獲得した。

試合後、籔中がリングに登場。慎太郎はマイクで「今回は判定でしたがタイトルマッチでは倒してベルトを獲ります」とコメント。薮中は「今は暫定という余計なものが付いているので、タイトルマッチではKOで勝って、暫定をきれいに外します」と共にKO宣言となった。

慎太郎の控え室でのインタビューでは、試合を振り返って「龍威地選手は前以上にタフで気持ちの強い良い選手だと強く感じた」とし、タイトルマッチに向けて「籔中選手は一撃のある選手でやりにくい相手、やりづらさでは負けてないし一発も僕の方が上、倒してベルトを奪い取ります」とコメントした。

今回決定した-55kgと-70kgのタイトルマッチは次回大会DEEP☆KICK 42(2.9 大阪市・東成区民センター)で行われる。

▼第9試合 DEEP☆KICK-57.5kg 3分3R
× 笹木一磨 (NJKF理心塾/NJKFフェザー級4位)
○ 山田直樹 (KSS健生館)
判定1-2(28-30、29-30、29-28)

DEEP☆KICK-55kで鈴木真彦(山口道場)とのタイトルマッチ経験がある笹木一磨 (NJKF理心塾)と、DEEP☆KICK初参戦の山田直樹 (KSS健生館)の対戦。今後の-57.5kg戦線を左右する戦いが行われた。

序盤、ハイやミドルの手数で笹木が試合のペースを握ったが、2Rになると山田が距離を詰めてのワンツーやテンカオで試合の流れを奪い返す。最後まで一進一退の攻防はテンカオで試合の流れを掴んだ山田に軍配が上がった。

[休憩前]那須川天心が登場



休憩前にサプライズとして那須川天心がリング上に登場し挨拶。またファンサービスとしてカラーボールをいくつも客席に投げ、キャッチしたファンらをリングに上げ直接天心グッズをプレゼントした。那須川天心の登場と粋なファンサービスに客席は大熱狂となった。

▼第7試合 DEEP☆KICK-63kg 3分3R
○ 山畑雄摩 (NJKF心将塾/NJKFライト級5位)
× 庄司啓馬 (TEPPEN GYM)
判定3-0(30-27、30-27、30-28)

NJKFランカーの山畑雄摩 (NJKF心将塾)とTEPPEN GYMの庄司啓馬の対戦。サウスポーから繰り出される強烈な山畑の左ミドルキックが庄司を苦しめる。中に入ってパンチ勝負に持ち込みたい庄司だが、タイミングよくテンカオを合わされて、なかなか入ることができない。最終ラウンド、TEPPEN陣営からの激が飛び庄司が右ストレートからの左フックで山畑を嫌がらせる場面もあったが、結果は距離を制した山畑が3-0の判定で勝利した。

▼第5試合 NEXT☆LEVEL提供試合 -45kg契約 2分2R(アマ)※首相撲なし
○ 伊藤千飛 (真門伊藤道場)
× 那須川龍心 (TEPPEN GYM)
判定3-0(三者とも20-19)

神童 那須川天心の弟、那須川龍心(りゅうじん・TEPPEN GYM)と、関西では無敵の伊藤千飛(せんと・真門伊藤道場)の東西最強ジュニアの対抗戦がDEEP☆KICK本戦で行われた。

那須川龍心は言わずと知れた那須川天心の弟。天心同様に数々のアマチュアタイトルを獲得した関東キック界で知らない人はないであろうアマチュアエリートだ。一方の伊藤は関西ジュニア最強とうたわれボクシングのリングでも実績を上げており、関西では「蹴らない千飛」で有名。威力抜群のパンチでアマチュアでもKOを連発している。

開始のゴングと共に伊藤の早いジャブが龍心の顔面を捕らえる。龍心も臆することなく重たいミドルを合わせ左フックで応戦する。お互いのパンチが交錯する中で伊藤コールが起こるが、龍心のセコンドについた天心が観客を煽ると、それに負けないくらいの龍心コールが発生。場内はプロ戦以上の盛り上がりをみせる。

結果はパンチのヒット数を印象付けた伊藤が3-0の判定で勝利したが、これまで一切下がることのなかった伊藤を下がらせた龍心の圧力に、伊藤を知る関係者皆が舌を巻いた。そしてこの試合には本日最高の拍手が両選手に贈られた。

【試合結果】

▼メインイベント ミネルヴァ ピン級王座決定戦 3分3R
○ Ayaka (NJKF健心塾/ミネルヴァ ピン級1位)
× 祥子 (JSKキックボクシングジム/同級2位)
判定2-0(30-28、30-28、29-29)
※Ayakaがミネルヴァ ピン級新王者に

▼セミファイナル2 DEEP☆KICK-55kg次期挑戦者決定戦 3分3R延長1R
× 力哉 (BKジム/DEEP☆KICK-55kg2位)
◎ 拳剛 (誠剛館/同級1位)
TKO 1R 2分22秒 ※パンチ
※拳剛が-55kg次期挑戦者に決定

▼セミファイナル1 DEEP☆KICK-70kg次期挑戦者決定戦 3分3R延長1R
○ 慎太郎 (teamBonds)
× 龍威地 (NJKF ARENA/NJKFウェルター級6位)
判定3-0(三者とも30-27)
※慎太郎が-70kg次期挑戦者に決定

▼第9試合 DEEP☆KICK-57.5kg 3分3R
× 笹木一磨 (NJKF理心塾/NJKFフェザー級4位)
○ 山田直樹 (KSS健生館)
[判定1-2]
(28-30、29-30、29-28)

▼第8試合 DEEP☆KICK-53kg 3分3R
○ 一樹 (teamNAOKI)
× 清志 (NJKF KTF)
判定3-0(30-27、30-27、30-28)

▼第7試合 DEEP☆KICK-63kg 3分3R
○ 山畑雄摩 (NJKF心将塾/NJKFライト級5位)
× 庄司啓馬 (TEPPEN GYM)
判定3-0(30-27、30-27、30-28)

▼第6試合 DEEP☆KICK-65kg 3分3R
△ KAZU (NJKF健心塾)
△ 吉瀧 光 (KINGLEO)
判定1-1(29-28、28-29、29-29)

▼第5試合 NEXT☆LEVEL提供試合 -45kg契約 2分2R(アマ)※首相撲なし
○ 伊藤千飛 (真門伊藤道場)
× 那須川龍心 (TEPPEN GYM)
判定3-0(三者とも20-19)

▼第4試合 DEEP☆KICK-55kg 3分3R
× 梅永海世 (NJKF理心塾)
◎ 上村雄音 (PHENIA)
TKO 1R 3分00秒 ※パンチ

▼第3試合 DEEP☆KICK-60kg 3分3R
× 本田優一 (NJKF誠輪ジム)
◎ 小出龍哉 (TEPPEN GYM)
TKO 1R 1分45秒 ※パンチ

▼第2試合 DEEP☆KICK-55kg 3分3R
× 小山丈一郎 (真門伊藤道場)
○ 翔太郎 (猛志會)
判定0-3(29-30、29-30、28-29)

▼第1試合 NEXT☆LEVEL提供試合 -55kg契約 2分2R(アマ)
× 中村 碧 (真門teamsol)
○ 堀本晴天 (魁塾中川道場)
判定0-3(三者とも18-19)

〈オープニングイベント〉
~NEXT☆LEVEL関西タイトルマッチTOP☆RUN~

▼OP第6試合 NEXT☆LEVEL関西ジュニア-30kgタイトルマッチ 1分30秒3R
○ 上窪 聖(昇龍會・王者)
× 勝部晴大 (真門teamsol・挑戦者)
判定3-0(29-28、30-29、30-28)
※上窪が初防衛に成功

▼OP第5試合 NEXT☆LEVEL関西ジュニア-55kg王座決定戦 1分30秒3R 延長1R
○ 小森真琴 (NJKF誠輪ジム)
× 川崎海宗 (聖心会)
判定2-0(30-28、30-28、29-29)
※小森が第16代王者に

▼OP第4試合 NEXT☆LEVEL関西ジュニア-50kg王座決定戦 1分30秒3R 延長1R
× 江川大空 (武心會)
○ 松本愛斗 (月心会チーム侍)
判定0-3(29-30、29-30、27-30)
※松本が第19代王者に

▼OP第3試合 NEXT☆LEVEL関西ジュニア-45kg王座決定戦 1分30秒3R 延長1R
○ 原田翔貴 (NJKF拳心會舘)
× 木下亜輝斗 (Continue)
判定3-0(30-29、30-29、30-28)
※原田が第16代王者に

▼OP第2試合 NEXT☆LEVEL関西ジュニア-40kg王座決定戦 1分30秒3R 延長1R
○ 山田 玲 (NJKF闘拳塾)
× 和田祐翔 (一心会)
判定3-0(30-28、30-28、30-29)
※山田が第17代王者に

▼OP第1試合 NEXT☆LEVEL関西ジュニア-35kg王座決定戦 1分30秒3R 延長1R
○ 辻畑元気 (昇龍會)
× 岩本 慎 (昇龍會)
判定3-0(30-28、30-28、30-27)
※辻畑が第18代王者に

◆DEEP☆KICK 41
2019年11月24日(日)
大阪市・東成区民センター

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年3月号
2020年1月23日発売
3月22日(日) 「K'FESTA.3」さいたまスーパーアリーナ大会主役の武尊ロングインタビュー。年間MVP候補の木村“フィリップ”ミノル。大晦日RIZINの2王者マネル・ケイプとトフィック・ムサエフ独占インタビュー、MVP、朝倉未来&海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事