K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】木村ミノルが「漫画か映画のような」KO宣言「風圧で倒せるくらいのパワーを身に着けてきた」

2019/11/23 19:11
【K-1】木村ミノルが「漫画か映画のような」KO宣言「風圧で倒せるくらいのパワーを身に着けてきた」

まるでギリシア彫刻のような木村の肉体。5連続KOを狙う

2019年11月24日(日)神奈川・横浜アリーナ『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり』の前日計量&記者会見が、23日(土)都内にて13:00より行われた。


 第16試合のスーパーファイトK-1ウェルター級3分3R・延長1Rで対戦する、木村“フィリップ”ミノル(K-1ジム五反田チームキングス/第6代K-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者)は67.4kg、ジョーダン・バルディノッチ(イタリア)はリミットちょうどの67.5kgでそれぞれ計量をパス。


 計量後の会見でジョーダンは「ここにいることを誇りに思います。素晴らしい選手と戦えることを嬉しく思います。自分の力を出したい」と紳士的な態度で挨拶。

 一方の木村は「順調に仕上がって、明日のリングでは漫画や映画で見るような迫力あるKOが見られると思います。風圧で倒せるくらいのパワーを身に着けてきたので楽しみにしていてください」と不敵な笑みを浮かべる。


 それを聞いたジョーダンは「木村のパンチの強さは知っているが、それに負けないくらいの試合になる。対抗していきたい。激しい試合になる。それをぜひ見てください」と、木村の強打に対抗すると話す。その手段については「明日の試合を見てください」とした。


 また、木村はテレビ番組の企画で亀田3兄弟を育てた亀田史郎氏からパンチを教わったというエピソードについて聞かれ「練習を見てもらって楽しかったし、いい感覚を教えてもらいました。前にパンチングマシーンで測った時は300kgだったけど、3150kgって数字が出て」と、3000kgを超えるパンチ力が付いたと笑う。


 続けて「一番は、明日の試合はイタリア人選手との試合で、僕もブラジルとイタリアの血が入っていて、育ちは違うけれど血は似たような伝統を感じるので、彼の国でもブラジルでも話題になる試合をしたい。それがやりたいことです」と、両国に自分の活躍を届けたいと語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事