MMA
レポート

【修斗】神田T800周一が地元で判定勝利、野瀬翔平が師匠・弘中邦佳ゆずりのアームロックで一本勝ち=11月10日(日)「闘裸男25」広島

2019/11/14 10:11
2019年11月10日(日)広島県広島市BLUE LIVE HIROSHIMAにて、令和元年台風19号災害チャリティープロフェッショナル修斗公式戦広島大会「闘裸男25」が開催された。 メインイベンでは、地元・広島に戻りパラエストラ広島に所属する神田T800周一が、神奈川からHAGANE GYM代表として参戦した金物屋の秀に判定勝ち。 セミファイナルでは、広島出身でガンバレ☆プロレスなどでも活躍する古豪・岡田剛史(TKエスペランサ)が、マスタ-ジャパン福岡所属の野瀬翔平と対戦。岡田が得意技のアームロックを狙うなか、野瀬が師匠・弘中邦佳ゆずりのステップオーバーアームロックで一本勝ち。2018年10月の田原樹也戦、2019年6月の「闘裸男24」一水浩二戦、同9月「Road to ONE:CENTURY」での高城光弘戦に続く4連勝を飾った。 全試合結果は以下の通り。 ▼メインイベント 第8試合 バンタム級 5分3R○神田T800周一(広島/パラエストラ広島)61.1kg[判定 3-0]×金物屋の秀(神奈川/HAGANE GYM)61.1kg [レフェリー]福田正人[サブレフェリー]安芸佳孝 30-27(1R 10-9/2R 10-9/3R 10-9)加藤秀和 29-28(1R 9-10/2R 10-9/3R 10-9)村井貴史 30-28(1R 10-10/2R 10-9/3R 10-9) ※サウスポー構えの神田にオーソドックス構えの秀。際を制しバックを奪い、下になってもディープハーフで秀に決定的な形を作らせなかった神田が判定3-0勝利。地元・広島で10勝目を挙げた。 ◆神田T800周一(広島/パラエストラ広島)「何とか勝てて良かったです! GLADIATORのベルトが懸かった試合があるので、そこでしっかり勝って、もう一度中央へ広島の応援をもらいながら進んで行こうと思っています!」 ▼セミファイナル 第7試合 フェザー級 5分2R×岡田剛史(広島/TKエスペランサ)65.4kg[1R 4分06秒 アームロック]○野瀬翔平(福岡/マスタ-ジャパン福岡)65.7kg[レフェリー]福田正人 いきなりの跳びヒザ蹴りから、バックに回ってチョークを狙う野瀬。岡田も得意のアームロックを狙うが、最後はテイクダウンからパスガードした野瀬が、マスタージャパン伝統のステップオーバーアームロックで一本勝ちをきめた。野瀬は4勝2分と負けなし。 ◆野瀬翔平(福岡/マスタ-ジャパン福岡)「相手の得意技のアームロックが一度入って来て、“やっぱり上手いなあ”と思いました。師匠である弘中先生が編み出した変形のアームロックで極められて、凄くうれしいです。特に目標とかはありませんが、いただいた試合をコツコツ勝っていけば自分が行きたいところへ行けると思っています」 ▼第6試合 フェザー級 5分2R○里本一也(広島/パラエストラ広島)65.4kg[判定 2-1]×前口緑一色(岐阜/NASCER DO SOL)65.4kg [レフェリー]福田正人 [サブレフェリー]安芸佳孝 20-19(1R 10-10/2R 10-9)加藤秀和 18-20(1R 9-10/2R 9-10)村井貴史 20-18(1R 10-9/2R 10-9) ▼第5試合 フェザー級 5分2R△小田光二(山口/マスタ-ジャパン山口宇部)65.5kg[判定ドロー 0-1]△沖 高志(福岡/ MMA RANGERSGYM)65.7kg [レフェリー]福田正人[サブレフェリー]安芸佳孝 19-19(1R 10-9/2R 9-10)加藤秀和 19-19(1R 10-9/2R 9-10)村井貴史 18-20(1R 9-10/2R 9-10) ▼第4試合 バンタム級 5分2R○近藤洋平(広島/総合格闘技道場BURST)61.2kg[判定 3-0]×倉信洋一郎(山口/毛利道場)61.1kg [レフェリー]福田正人[サブレフェリー]安芸佳孝 20-18(1R 10-9/2R 10-9)加藤秀和 20-18(1R 10-9/2R 10-9)小島邦裕 20-18(1R 10-9/2R 10-9) ▼第3試合 ストロー級 5分2R×阿部 剛(広島/TKエスペランサ)52.0kg[2R 0分18秒 KO]○九州 力(福岡/総合格闘技道場STEAM)51.8kg [レフェリー]福田正人[サブレフェリー]安芸佳孝 1R 10-9加藤秀和 1R 10-9弘中邦佳 1R 10-9 ▼第2試合 アトム級 5分2R○古澤みゆき(広島/総合格闘技道場BURST)47.3kg[1R 3分05秒 TKO]×檜山美樹子(愛知/ナゴヤファイトクラブ)47.5kg※レフェリーストップ [レフェリー]福田正人 ▼第1試合 ライト級 5分2R○八嶋剛司(鳥取/PUREBRED鳥取)69.8kg[1R 4分22秒 フロント・スリーパーホールド]×久保昌弘(北海道/帯広レスリングクラブ)70.1kg [レフェリー]福田正人 ▼OPファイト アマチュア修斗トライアウト フェザー級 3分2R×中澤卓也(TKエスペランサ)65.5kg[判定 0-3]○南 紀州(ASH)65.5kg [レフェリー]福田正人[サブレフェリー]安芸佳孝 18-20(1R 9-10/2R 9-10)加藤秀和 18-20(1R 9-10/2R 9-10)弘中邦佳 18-20(1R 9-10/2R 9-10) ◆プロ修斗 TNS主催興行広島大会 試合結果令和元年台風19号災害チャリティープロフェッショナル修斗公式戦広島大会「闘裸男25」2019年11月10日(日)広島県広島市/BLUE LIVE HIROSHIMA[主催]TORAO NATION STATE[認定]修斗コミッション
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事