K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1 KRUSH】王者・晃貴、元ボクサーの挑戦者・佐々木洵樹と「無理やりでも中に入って打ち合う」

2019/11/07 21:11
【K-1 KRUSH】王者・晃貴、元ボクサーの挑戦者・佐々木洵樹と「無理やりでも中に入って打ち合う」

フェイスオフで思わず笑ってしまった晃貴(左)と佐々木

2019年11月8日(金)東京・後楽園ホール『K-1 KRUSH FIGHT.107』の前日計量&記者会見が、7日(木)都内にて13:00より行われた。


 メインイベントのK-1 KRUSH FIGHTバンタム級タイトルマッチ3分3R・延長1Rで対戦する、王者・晃貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)はリミットちょうどの53.0kg、挑戦者・佐々木洵樹(POWER OF DREAM)は52.8kgで計量をパス。


 計量後はタイトルマッチ調印式が行われ、続いて記者会見に臨んだ両者。晃貴は「やっと計量が終わってホッとしています。しっかりリカバリーして、チャンピオンとして負けられない戦いなので必ず自分が勝ちます」、佐々木は「無事計量が終わって明日の試合に備えてリカバリーします。明日頑張ります」とそれぞれコメント。


 プロボクシング(元東洋太平洋フェザー級13位、元日本フェザー級7位)から転向して僅か3戦目でタイトル挑戦のチャンスをつかんだ佐々木は「タイトルマッチということで気合いがめちゃくちゃ入っています。でも、やってきたことをいつも通りやるだけです」とアツさと冷静さを兼ね備え、「打ち合いになるところも3Rの中であると思う。その中でも上手さを見せながら、自分はもらわないで自分だけ当てて倒してやろうかなと思います」と、試合中にもその両方を活かすつもり。


 晃貴は「佐々木選手に勝つように練習してきました」とこの一戦に集中していると言い、「(佐々木は)上手いですが、無理やりでも中に入って打ち合います」と打ち合いを挑む宣言。今回は2度目の防衛戦となるが、初防衛戦との心境の違いを聞かれると「いつも緊張しています。リラックスもしてないです」と、どの試合も変わらないという。


 KRUSH最軽量級のタイトルマッチ。両者に何を見せたいかを聞くと佐々木が「最軽量級だからスピード、テクニック。その中でも倒せる試合を見せたい。めちゃ動く、速いところを見せたい」と答えたのに対し、晃貴は「自分は軽量級の中でもパワーがあると思っているので、軽量級以上のスピードとパワーを見せたい」と“パワー”をあげた。


「もちろん今回の試合に集中していますが、高みを目指しています。K-1なり、今よりも高い位置に行く試合をしたいです」という佐々木は「タイトルマッチだからではなく、いつも通りに行く。強い気持ちで行きます」と宣言。


 晃貴は「自分はもっとK-1のリングに立ちたいです」との目標を掲げ、「応援してくれる人が増えてSNSでもメッセージをくれる人が増えているので、そういう人のためにも自分のためにも必ず勝ちます」と、ファンを背負ってベルトを守ると誓った。

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年11月号
2019年9月24日発売
年末に向けて加速する格闘技界の「革命者たち」を特集! 強豪揃いの世界トーナメントを制した那須川天心&白鳥大珠。11.24 横浜で復帰戦に臨む武尊、堀口恭司をTKOした朝倉海、ONEの顔・青木真也らキーマンが登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事