AbemaTVAbemaTV
MMA
インタビュー

【RIZIN】山本美憂、ROAD FC王者ハム・ソヒ戦を前に「少しでも彼(KID)に近づければいいかなと思いながら頑張ってきた。気持ちを込めてぶっ倒しに行きます」=10月12日(土)『RIZIN.19』大阪

2019/10/10 22:10
2019年10月12日(土)の『RIZIN.19』エディオンアリーナ大阪大会に向け10日、大阪府内で個別インタビューが行われた。 インタビュールームには、第11試合女子49kg契約で、ROAD FC女子アトム級王者のハム・ソヒ(韓国)と対戦する山本美憂(KRAZY BEE/SPIKE 22)が最初に登場。 勝者が浜崎朱加(AACC)の保持するRIZIN女子スーパーアトム級王座への挑戦権を得る大事な試合を前に、「まずはこれに勝つことだけを考えています。一番今までの中でタフな試合になることは間違いないので、気持ちを込めてぶっ倒しに行きます」と、MMA経験豊富なソヒとの試合に集中していることを語った。 また、実弟の山本“KID”徳郁さんの死去から、9月18日で丸1年が経ち、「変わらずトレーニング漬けの1年でした。ただ、少しでも彼に近づければいいかなと思いながら頑張ってきました」と、KIDを思いながら練習に励んできたことを明かした。 ──ハム・ソヒ選手との試合を目前にした今の心境は? 「いつもと同じです。試合に向けてこれから気持ちを整えていきます」 ──警戒しているポイントは? 「私よりもランクは上だし、経験値はズバ抜けて多いですが、自分なりの試合の組み立てで(いきたい)。一番今までの中でタフな試合になることは間違いないので、気持ちを込めてぶっ倒しに行きます」 ──RIZINで目指しているものは? 「今まで通り、1試合1試合、勝っていくことが目標で、その先にあるのがベルトならベルトを獲りに行きます」 ──今も戦う理由は? 「自分に気持ちがあるからです」 ──ストライカー対グラップラーの対戦で、対ストライカーの自信は? 「今までデビュー戦(RENA戦)の時から、アンディ・ウィンもそうかな──試合内容的には自分のペースで持ち味で勝っていくところは変わらないですね。打撃のある選手ということを想定して練習してきました。立ち技に長けている方なので、そこは全部、要注意です」 ──レスリング時代も含め、これまで韓国人選手と対戦したことは? 「アジア選手権かなにかであったかな? あまり対戦したことはないですね」 ──韓国人選手の印象は? 「特に……同じアジア人ですし、それほど……」 ──ソヒはUFC1勝2敗、キックボクシング経験もあり、ROAD FC女子アトム級王者です。経験の豊富な選手にどう対抗する? 「リングに上がったら一対一なので、目の前の相手を倒す、それだけですね。経験とかそういうのは頭に入れず」 ──グアム合宿も含め、この3カ月の進化は? 「まあ、試合を見ていただければ。自分ではそんなに分からないです。試合を見ていただいて(判断してほしい)」 ──浜崎朱加(AACC)の保持するRIZIN女子スーパーアトム級王座への挑戦者決定戦になります。ベルトへの意識は? 「まずこれに勝たないと(その先は)無いので、これに勝つことだけを考えています」 ──どういう勝ち方が挑戦者に相応しいと思いますか。 「うーん……まあ、いつもの私の勝ち方でいいと思います。(普段通りの山本美憂?)そうですね」 ──2018年の9月に山本“KID”徳郁選手が亡くなり、ちょうど1回忌になります。どのように日々を過ぎしてきましたか。 「変わらずトレーニング漬けの1年でした。ただ、少しでも彼に近づければいいかなと思いながら頑張ってきました」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事