K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1 KHAOS】K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦、注目度の高い代理戦争選手を迎え撃つK-1選抜は「おいしい」

2019/09/26 19:09
【K-1 KHAOS】K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦、注目度の高い代理戦争選手を迎え撃つK-1選抜は「おいしい」

K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦は明日、決戦の時を迎える

2019年9月27日(金)東京・新宿FACE『K-1 KHAOS NIGHT.9』の前日計量&記者会見が、26日(木)都内にて13:00より行われた。

 毎回テーマが定められる『KHAOS』。今回のテーマはAbemaTVで放映された『格闘代理戦争 4thシーズン』にて、武尊や皇治らK-1ファイターが率いたチームの中から選抜された7名と、K-1選抜の7名が対抗戦を行う「K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦」として行われる。計量は全選手が一度目でパスし、それぞれが明日に控えた試合に向けて意気込みを語った。

※いずれも赤コーナー(上)がK-1選抜、青コーナー(下)が格闘代理戦争選抜


▼第6試合 K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦・副将戦 K-1 KHAOS NIGHTフェザー級 3分3R・延長1R


内田道隆(K-1 GYM横浜infinity) =57.5kg
「今回に向けてけっこう練習してきて体調万全なので、明日は万全な自分を見せられると思います。榊原選手はパンチ力と当て感があるのでそこに注意したい。そこに自分の攻撃を当てていきたい。ここで勝ったら注目を浴びられるのでおいしいと思っています。前回よりは体調もいいし、そこが違いかな。どう勝つかは決めていませんが、流れでKOでどちらかが倒れるか倒れないかの試合をしたいと思います」


榊原達也(WSRフェアテックス西川口/木村組)=57.4kg
「代理戦争の時とはまた違って、凄く試合までの期間が多かったので練習がたくさんできて減量もできたので、一皮剥けたのを見てください。内田選手の試合動画を見させてもらいましたが、とても技術があってパンチも上手い。明日はかみ合うんじゃないかと思っています。

 今まで格闘代理戦争では木村組のチームでやっていましたが、これからは自分一人でのし上がらないといけないので自覚を持って練習してのし上がりたいと思います。動画で木村さんが残るか残らないかは自分次第と言っていたので、しっかり明日の試合へ向けて結果を出して努力していきたいです。一般の選手とは違うので、自覚を持って期待を裏切らないようにしたい。前はお腹がぽっちゃりしていましたが腹筋割れるくらい仕上がったので、いい試合ができると思います。判定だと申し訳ないので技はなんでもいいのでKOします」


▼第5試合 K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦・三将戦 K-1 KHAOS NIGHTスーパー・フェザー級 3分3R・延長1R


提髪和希(=さげがみ・かずき/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST) =59.8kg
「僕もいっぱい練習したので絶対に勝ちます。(北村の発言に対して)僕はデビュー戦で負けているのでそう思われてもしょうがないけれど、僕の方が強いと思っています。自信がなかったら試合をやらないと思うし、僕も自信があります。(相手が注目されているのは)普通に羨ましいが、そういう選手とやれる自分も注目されるので、そこは北村選手に感謝します。僕は練習以上を出してやろうと思っています。僕も頑張るので僕も応援してくだしゃい(北村のマネ)」


北村夏輝(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/皇治軍団)=59.8kg
「練習をいっぱいしてきたのでKOできればと思います。相手はK-1カレッジで優勝しているらしいんですが、俺の方が強いので印象はない。緊張はあまり分からないですね。注目を浴びるとやる気が出ます。逆に気持ちが上がりますね。皇治さんからは『デビュー戦は必ず勝ってこい』と言われました。いつも通りに練習通りやれば負けないので、いつも通りやるだけです。明日は絶対にKOするので応援してくだしゃい」


▼第4試合 K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦・中堅戦 K-1 KHAOS NIGHTスーパー・フェザー級 3分3R・延長1R


久保一馬(FIGHT CLUB 428) =59.9kg
「僕も明日に向けてよい練習をしてきたので、その成果を出していきたい。(目黒は)いい身体に仕上げてきていて雰囲気も落ち着いていて、いい選手だと思うので明日が楽しみです。自分も格闘代理戦争に出ている時に候補として取り上げてもらったことがあったんですが、最終選考に残っていたが漏れてしまいました。目黒選手はそこで選ばれて活躍しているのを見て、羨ましいというのはありました。でも僕は別の道でプロデビューしたので、僕の道でも正しかったことを証明したいです。

(計量時のブーメランパンツは)デビュー戦の時からあのスタイルでやっています。パーソナルトレーナーをやっていて身体に自信を持っているので。僕も絶対に誰が見ても勝ちだと思える試合をしたい。理想はKOですが、無理に狙いに行くこともなく、当たれば倒れるようなパンチを練習してきたので、その形でKOできれば理想です。半年前、負けて悔しい思いしましたし、応援してくれた人にも悔しい思いをさせてしまいました。半年ぶりの試合でもう悔しい思いをさせないように絶対に勝ちます」


目黒翔大(優弥道場/ピーターズ)=59.7kg
「デビュー戦へ向けて濃い練習ができたので、練習の成果を見せられるようにやっていきたい。(久保は)身体が凄いですね、いい筋肉をしていると思いました。その筋肉を活かしたハードパンチャーの印象です。久保選手のデビュー戦の時、計量で見ていたことがあってその時から凄い身体だなぁと思っていました。自分は奇麗な技で勝ちたいと思います。(師匠の山本優弥とは)日々いろいろ練習して話をしていて、信頼できるお父さんのような存在なので、ジムの皆さんを信頼して戦うだけです。誰が見ても自分の勝ちだと思われる試合をしたい。そういう圧倒的な試合をしたいです。たくさんの方が応援に来てくれるので、その感謝の気持ちをリングの上で全力で見せたいと思います」

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事