AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【DEEP JEWELS】仮面女子の川村虹花が初の金網戦で復帰、ベテラン玉田育子は19歳の新鋭KOTORIと対戦

2019/09/23 21:09
【DEEP JEWELS】仮面女子の川村虹花が初の金網戦で復帰、ベテラン玉田育子は19歳の新鋭KOTORIと対戦

10月22日(火)『DEEP JEWELS 26』後楽園ホール大会の追加対戦カードが発表された。

7月中旬に練習中に首を傷め、9月大会を欠場した川村虹花(仮面女子)が復帰し、現役女子高生ファイターの永尾音波(AACC)と対戦する。

現在2連敗中で再起をかける川村にとって、10月後楽園大会は初のケージでの戦いとなる。格闘技のバックボーンがなくMMA(総合格闘技)に取り組んだ川村は、打撃・組み技の各局面において秀でた技を持たないが、MMAの組み技があるなかでの打撃、打撃があるなかでの組み技など、トータルの戦いでスペシャリストたちと対峙してきた。

なかでも組み技に粘り強さを持つ川村は、Me,Weで村田夏南子、杉山しずからと練習を積んでおり、初のケージレスリングで覚醒する可能性もある。後楽園での試合決定に川村は、「試合きまりました。全力で倒しにいきます」と、SNSに意気込みを記している。

対するAACCの永尾は9月大会で川村が対戦予定だった相手。アマチュアキックボクシングでの試合を経て、3月のDEEP東京大会では同じJKファイターの吉川桃加を相手に打撃で上回り判定勝利、プロデビュー戦となった6月のDEEP JEWELSでは 組み技を得意とする國保小枝 (和術慧舟會船橋道場)の組みを断ち切り判定勝利、続く9月大会ではリオンと対戦し、19-19×3の同点ながら、マスト判定によりリオンに惜敗している。

16歳の永尾のプロ戦績は1勝1敗。川村同様に今回が初の金網戦となる。立ち技がバックボーンながら、AACCらしくレスリング技術を主に防御面で発揮しており、コーナーを使っての壁レスリングも巧みで、MMA2勝4敗とキャリアでは上回る川村にとっても厳しい相手となりそうだ。

また、3月大会で3年半ぶりの復帰戦に臨み、マドレーヌに判定勝ちしたMMA16勝10敗3分のベテラン玉田育子が、DEEP JEWELSミクロ級でKOTORI(格闘空手勇拳会)と対戦する。KOTORIはMMA2勝0敗。

◆DEEP JEWELS 26
2019年10月22日(火・祝)後楽園ホール
開場/12:00 開始/12:30
チケットはVIP席(最前列)1万5千円が完売。

▼DEEP JEWELS 49kg 5分2R
川村虹花(仮面女子)
永尾音波(AACC)

▼DEEP JEWELSミクロ級 5分2R  
玉田育子(AACC)
KOTORI(格闘空手勇拳会)

▼DEEP JEWELS アトム級 5分3R
アム・ザ・ロケット(TARNTONG GYM / PHUKET TOP TEAM)
ホン・ユンハ(Von Jiu Jisu Songtan)

▼DEEP JEWELS 49kg以下級5分2R
KAI(リバーサルジム 立川 ALPHA)
古瀬美月(Y&K MMA ACADEMY)

【発表済み対戦カード】

▼DEEP JEWELSアトム級 選手権試合 5分3R
前澤 智(リバーサルジム 立川 ALPHA)
富松恵美(パラエストラ松戸)挑戦者

▼DEEP JEWELS 63kg以下 5分3R
KINGレイナ(FIGHT CLUB 428)
ダイヤモンドローズ・ザ・ロケット(Thongma GYM)

▼DEEP JEWELSフライ級 5分2R
奈部ゆかり(HMC JAPAN/新宿リバーサルジムMe,We)
ゲオチャイ・ザ・ロケット (Thongma GYM)

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事