AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【DEEP JEWELS】悲願の王座奪取へ富松恵美が浅倉カンナと特訓、自慢のアゴを使った技を開発「使える」

2019/09/22 16:09
【DEEP JEWELS】悲願の王座奪取へ富松恵美が浅倉カンナと特訓、自慢のアゴを使った技を開発「使える」

37歳にして上半身が筋骨隆々の富松

2019年10月22日(火・祝)東京・後楽園ホール『DEEP JEWELS 26』で、DEEP JEWELSアトム級王者・前澤智(リバーサルジム立川 ALPHA)にタイトルマッチで挑戦する富松恵美(パラエストラ松戸)。

 富松は女子プロレスを引退後、柔術を始めて2006年10月にMMAプロデビュー。2014年にはDEEP JEWELSストロー級暫定王座にも就いた。長野美香、石岡沙織、SARAMIらから勝利を収めてトップクラスに君臨していたが、2018年に韓国人選手に連敗。しかし、3月大会ではレスリング出身の青野ひかるに一本勝ち、6月大会でも古瀬美月に一本勝ちし、復活を遂げた。


 王者の前澤とは2017年2月に対戦し、前澤が3R1分24秒、リアネイキドチョークで一本勝ちを収めている。王座奪取&リベンジに燃える富松は、休日も返上で日々朝から夜まで練習していることを自身のSNSにて報告。最後かもしれないタイトル獲得のチャンスに、気合いが入っている様子がうかがえる。

 20日(金)には仕事後にウェイトトレーニングを行い、その足でパラエストラ柏に向かって浅倉カンナともスパーリング。


「〆は柏プロ練。久々にカンナちゃんにシゴかれる。良い練習。ゴールドの後だからかスパー4本目から足が動かない(笑)」と、体力的にかなりきつい様子だったが、「ただ、アゴを使った技をいきなり開発!使える!(笑)」と、新技を開発したという。

 富松は自らを「アゴ松」や「アゴメタル」と名乗るように、アゴがトレードマーク。そのアゴを使った技とはどのようなものなのだろうか。富松は22日(日)も朝から練習に励んでいる様子をSNSにアップし、「今から朝練だが、昨日のウエイトからの筋肉痛でやる前から不安しかない(笑)駅の階段で既に脚がガチガチ!!生きて帰れんのか日曜日!!頑張れ自分!!」と、己を鼓舞している。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事